ワールドトリガー嫌いなキャラランキングワースト11!人気ない登場人物は誰!

ワールドトリガーでみんなが嫌いな不人気なキャラは誰なのか。

ファンの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

11位:エネドラ

エネドラ
11位はエネドラ

エネドラがワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・完全な悪役過ぎてあまり好きではない。態度の大きさや、見た目、行動など全て本当にアニメによくいる悪役で、嫌われるためにいるような描かれ方をしている。実際に自分の近くにいたら嫌厭することが間違いなく、本当に好きじゃない。

10位:ヒュース

ヒュースワールドトリガー
10位はヒュース

ヒュースがワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・捕虜の立場にしては少し上から目線の意見が多くて嫌になる時がある。せめて女の子にはもう少し優しく接してあげてほしいと思う。ヒュースにも自分の目的があるのは分かるけど玉狛の皆には陽太郎に対して接するようにしてほしい。冷たいのかツンデレなのか分からないけどどんどん感情を見せてほしい。

9位:ミラ

ミラ
9位はミラ

ミラがワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・レプリカが好きだったのでレプリカを真っ二つにしたミラが嫌いです。修も攻撃されるし勝手すぎるので嫌だなと思います。性格も冷たそうな感じがするし見た目も可愛らしさがあまりないのであまり好きになれないなと思いました。

8位:王子 一彰(おうじ かずあき)

8位は王子 一彰(おうじ かずあき)

王子 一彰(おうじ かずあき)がワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・他人に対して独特なあだ名をつけるのは百歩譲って構わないが、その癖を公衆の面前で披露するのが漫画ながら恥ずかしいと思った。しかも実況者としての立場でありながらその癖を披露するのは、傍観者にとっては混乱の元だし、いくら何でもTPOを弁えて無さすぎると思う。

6位:空閑 遊真(くが ゆうま)

空閑 遊真(くが ゆうま)ワールドトリガー
6位は空閑 遊真(くが ゆうま)

空閑 遊真(くが ゆうま)がワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・銀髪が某万事屋の方を思い出してしまうので。全然似てはいないのだけど同じジャンプという事で余計に頭の中で交差してしまいます。茶目っ気自体は好きなのでどんどん出していって欲しいですが、度が過ぎるとまたリフレインしてしまいます。

5位:佐鳥 賢(さとり けん)

佐鳥 賢(さとり けん)
5位は佐鳥 賢(さとり けん)

佐鳥 賢(さとり けん)がワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・自信過剰で、途中から凄く変わるかな?と、少し期待していたのですが、登場回数もそんなになく、出てきても誰かに手柄や見せ場を取られている。登場してもかなりすぐに引っ込んでいる気がする。個性を出す為か、自信満々なタイプになってるが、あまり好きではない。

4位:三輪 秀次(みわ しゅうじ)

三輪 秀次(みわ しゅうじ)ワールドトリガー
4位は三輪 秀次(みわ しゅうじ)

三輪 秀次(みわ しゅうじ)がワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・キャラクターとしての魅力はあり同情する生い立ちではあります。しかし、頭が硬く、人の話を聞かないもしくは都合の良い話しか耳に入らないイメージがあり友人にすると気を使い、仕事をすると振り回されそうでなイメージがあり選びました。

3位:迅 悠一(じん ゆういち)

迅 悠一(じん ゆういち)ワールドトリガー
3位は迅 悠一(じん ゆういち)

迅 悠一(じん ゆういち)がワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・強くて格好良くて物凄く頼りになるのですが、レプリカ先生をダシにしたことがいただけません。遊真の唯一の家族ともいえる存在を亡き者にしてしまった。遊真が可哀そうで仕方がありません。ただでさえ、父親を亡くし、カラダも傷ついているのに。決め台詞の「俺のサイドエフェクトが言っている」もキザに聞こえてしまっています。

2位:唯我 尊(ゆいが ゆずる)

唯我 尊(ゆいが ゆずる)
2位は唯我 尊(ゆいが ゆずる)

唯我 尊(ゆいが ゆずる)がワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・親がボーダーのスポンサーでA級1位の太刀川隊に所属している隊員です。しかし、コネで隊に入れてもらったので実力はなく寝た扱いされているお荷物です。実力がないのにい上から目線で調子がいいところも好きではありません。

1位:三雲 修(みくも おさむ)

三雲 修(みくも おさむ)ワールドトリガー
1位は三雲 修(みくも おさむ)

三雲 修(みくも おさむ)がワールドトリガーで嫌いなキャラの理由(抜粋)

・自身の弱さ(トリオン量や経験不足など)を理解してその上で策を巡らせ勝ちを取りに行く姿勢は好ましいと思いますが、木虎が言葉にするまで頭を下げない、空閑や千佳に対する話し方など、所々で「上から目線の態度だな」と感じる場面があります。自分が損をしても誰かを助ける堅物な性格や緑川と模擬戦をしたシーンなどは共感性羞恥を感じてしまい、苦手意識のあるキャラクターです。

・連載当初から主人公的ポジショニングでありながら実力、トリオン量がないなど読者を引き込ませるような要素がないからです。性格は真面目で正義感が強いと主人公らしい部分も兼ね備えていますが、非力主人公では魅力を感じません。知識や工夫で勝負するスタイルに物足りなさを感じます。

・キャラ設定により、闘い方やキャラクターデザインが地味である。この作品のあらすじを他者に伝えるにあたって、三雲の存在がなくても伝わってしまうような(空閑や他キャラメインでも話せてしまうような)存在の薄さを感じる。

・最初、フェンスの針金をペンチで切ってまで警戒区域に侵入したエピソードが描かれていますが、そのシーンの何が何でも我を通す人間性と、それ以降の頭の良さや人間性が私の中でうまく結びつかず、あまり好きではありません。