錆色のアーマ-黎明-面白い?つまらない?クソアニメ不評の理由は!アニメ感想口コミ!逆2.5次元の評判!

錆色のアーマ-黎明-

アニメ「錆色のアーマ-黎明-」が放送開始です。

錆色のアーマ-黎明-は面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

錆色のアーマ-黎明-アニメ公式webサイト

錆色のアーマ-黎明-アニメ面白い?つまらない?







錆色のアーマ-黎明-前評判:面白そう・楽しみ

・アニメがどうなるかは見てみないとわかりませんが、私はもともと歴史好きで、しかも雑賀衆にメチャクチャ興味があるので、内容的にはかなり興味津々です。ただ懸念材料としては声優さんが2.5次元俳優さんが多いということで、物語への没入感が削がれたら嫌だなぁとは思ってます。そこは様子見です。

・2.5次元が流行っている為、逆2・5次元は新しく視聴者はそそられる。声優さんも2・5次元の舞台やミュージカルを経験している増田俊樹さんや平田裕一郎さんらなど錚々たる顔ぶれで期待ができそう。

錆色のアーマ-黎明-前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・実際に舞台版からアニメ化という衝撃が大きいです。アニメから実写で批判が多いのにも関わらず実写(舞台)からアニメということである一定層のファンから情報拡散されて良くも悪くも人の目に記憶には残るかなといった感じ。

・時代背景が戦国時代という点で見る人を選びそうです。絵もタイトルもストーリーも小中学生男子向けのバトルものという印象を受けました。原作が舞台というのは面白い試みだと思いますが、アニメを見たいとは思えませんでした。

・舞台からアニメになるというのが珍しい作品だと思う。戦国時代の物語のようだがキャラクター、設定などに目を引く要素、観てみようと思わせる要素に乏しく、視聴はしないと思う。

・この手のCG系の絵柄がどうにも苦手です。影がないというか、のっぺり見えてしまって…。あと、時代背景に似合わない派手髪(それもスタイリングしたかのようにぴたっとした髪型)も苦手…。

・3Dアニメーションが未だに肌に合わず、2.5次元やゲームなら良いのですが敢えてアニメで見たいとは思えませんでした。キャラクターデザインや選曲もお世辞にもオシャレとは言えず、私には向いていないと思います。

・設定、作画、脚本ともあまり期待ができない。見れば面白いのかもしれないが、先ずはタイトルに刺さるものが無い。戦国時代で忍者ものでは、どう考えてもバッドエンド。殺伐したアニメは嫌いなので見ないと思う。

・漫画やアニメからスタートし、舞台化したものは聞いたことがあったが、舞台から始まり、アニメ化した「逆2.5次元」というキャッチフレーズは面白いと思った。しかし、アニメーションのクオリティーがあまり高いように感じられず、少々残念な気持ちになった。

・アニメのタイトルだけで評価するとよく分からないタイトル。予告PVを視聴すると絵の印象がゲームみたいな感じで好感が持てない。また、歴史上の人物をオリジナルの名前のキャラで戦争するいう内容からも惹かれる所がないです。

・アニメの映像を見たところ、戦いの武器がシンプルでちょっと物足りない感じがしたからです。また、声優さんの声の演技が違和感を感じる人が多くて内容に集中出来なかったからです。

・逆2.5次元ってことを売りにしてるけど、そんなにたいしたことない気がします。内容もいまいちそそられる感じではないし、絵のタッチが好きじゃない感じなので見ないと思います。

・逆2.5次元という触れ込みなのですね。HPを見て初めて知りました。舞台版の出演者がアニメの同じ役を演じるということで、ファンにとっては嬉しい企画なのかもしれません。残念ながら、私はあまり歴史ものに興味がないのでつまらなそうと感じました。