ニューヨーク嶋佐和也と屋敷裕政どっちが好き・嫌い?人気なのは!感想口コミ評判!

ニューヨーク
芸人コンビニューヨークの嶋佐和也さんと屋敷裕政さん、どちらが人気なのか。

みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

嶋佐和也の方が好き

ニューヨーク嶋佐和也
・なんとなく、ニューヨークの2人共があんまり、印象に残る顔でもない、ネタもあまり見たことがないので絶対に面白いこっちが好きとも言えないので、頭に残ったイメージ的に嶋佐さん選びました。

・金髪で見た目も少し強面の感じがするのに、話し方がすごく優しそうで好感が持てます。漫才やコントの才能も高く、嶋佐さんの個性が存分に発揮されていて、ずっと見ているとはまってしまいました。

・変なキャラとして個人的に好き。あの若干焦点のあっていない視線とか、少し頭がおかしいようなキャラクターをめちゃくちゃ上手に演じていると思う。屋敷さんのツッコミは正直うまいが、嶋佐さんのボケに対してあきれたような顔でツッコむことが多い。表情ではなく、そのうまい言葉でツッコミをすれば良いのになと感じる。

・どっちも好きですが、嶋佐さんのほうがネタ以外の場面でも話の内容がおもしろいなと思って選びました。さんまの向上委員会の時のトークとかは、売れる前から楽しかったです。

・宣材写真からして面白い。そこまで面白いことを言おうとしていなそうな顔で天然発言をすることがギャップがある。すべり芸も見ててヒヤヒヤせずにくすっと笑える。普通に身近にいそうな感じが良い。

・どちらかを選ばなければいけなければ、くらいの感じで好きなのは嶋佐さんですが、どちらも嫌いではありません。どちらも同じくらいです。自分の中で「どちらかが際立ってどう」という印象がまだ少ないコンビだからかもしれません。

・コンビニの店員、チャラい男など、嶋佐は何にでも自然になりきる芸人だと感じます。普段に身近にいるような変な一般人の真似が上手いのです。少々横着者のイメージがありますが、無邪気な面もあり好きです。

屋敷裕政の方が好き

屋敷裕政:ニューヨーク
・話す時の顔の表情や言葉の選び方、そして醸し出す雰囲気が大きな理由です。誰に対しても誠実に対応する姿勢やかしこまるときと笑わせる時のメリハリもあり良いと思います。

・態度が大きく強気な感じが好きです。テンポも良いし、頭の回転が速い感じがします。見た目もカッコいいし、話も面白いのでテレビに出ているとつい見てしまう程大好きです。

・最近は地上波の活躍もあるがアベマチャンネルなどの総合司会もされていて的確ななコメントをされている。要所要所で笑いを取ってくる辺りにセンスを感じる。さらなる活躍に期待。

・水曜日のダウンタウンの本当ドッキリで帯番組のMCドッキリという企画で、収録の休憩時間におじさんん大御所に嫌味を言われながら怒られているのに対して、真剣に受け止めて謝罪している姿を見て、意地悪に対してすごく大人な対応できている事にとても尊敬して、それまで特に興味がなかったが、だんだん気になるようになってきた。

・単純に、関西弁とのんびり系の口調がいいです。つっこんでも変にキツイ印象無いです。でも実は相方の標準語キレの良さで、それが際立っているのかもしれません。この二人は駆け出しの頃から結構好きです。ネタに無理なが無い所がいいです。

・顔がカッコよくて面白いツッコミをしてくれるので魅力に感じることが多いと感じる。また司会の仕事などでも相方を引っ張っていってるようなイメージがあったので全体的に屋敷さんの方が良いと感じた。

・最近よく見かける勢いのある人だと思います。喋りも上手い方だと思います。どちらかと言えばでチェックを入れましたが、嶋佐さんの方も嫌いではないです。2人とも、これからもっと活躍したらいいなと思います。

・見た目の顔(無愛想・離れ目)が好きじゃない。ボケ?やコメントがあまり面白くない。番組とかみていると屋敷のが明るくてよく喋って上手く立ち回っている感じがするので。

・M1グランプリのときの松本人志とのやりとりがおもしろいからです。松本人志から、あまり好きじゃないということを言われて凹みながらキレているのを見たときは爆笑しました。

どちらも好きじゃない

・ニューヨークのネタはそこそこ面白いとは思うが、特別注目していない。個人的にどちらも見た目が生理的に受け付けないので、申し訳ないがテレビから離れて観たい気持ちになってしまう。

・ニューヨークの漫才は見たことがなかったのでYouTubeで見てみましたが、あまり笑えるものではありませんでした…ので、どちらが好きとかは無いです。ただ今後の活躍に期待したいと思いました。

・ニューヨークの二人をよくテレビで見させていただいてはいるが、どちらかが好きで見ているわけではなく2人合わせて好きなため今回はどちらも好きじゃないを選んでしまった。

・ラヴィットで出演されているのを見ると、ガツガツしていて見ていてこっちがしんどくなってしまうのであまり好きではありません。ニューヨークの漫才は見たことありません。

・どちらも存知上げません。海外に行っている方はやはり認知度が低くなると思いました。今の若者はテレビ自体見ない人が多いので、余計に知名度を上げるのは難しい事だと思います。

・そもそもニューヨーク自体、あまり見たことがなく、両方同等に思い入れがない。以前、あちこちオードリーで拝見したが、両方同じような対応をしており、コンビの役割分担もなかった。

・TVやネットの方でも活躍は存じています。しかし、僕個人は「むちゃくちゃ面白い芸人」とはまだ思えない。芸人として何か尖っていると感じられないです。これこらをさらに期待しています。

・すみません、どちらの方も存じ上げません。そもそもニューヨークというコンビを知りません。勉強不足で申し訳ありません。今度、テレビでお見掛けしたら必ずチェックします。

・あまり見かける機会がなかったというのもあるとは思いますが、以前YouTubeチャンネルで拝見したときはコントや漫才はほとんど新しいものはなく、YouTubeの企画で笑わせる感じだったので、最近のお笑いってこんなんかぁと思いながらあまり好きではありませんでした。

・シチュエーション的には悪くないネタもあるが、状況の説明を兼ねるようなツッコミがくどい。正直、あまり笑えない割に見ていて疲れる。まだ芸人としては若手のうちに入るとは思うので、これからの努力に期待したいところ。

・動画の問題の前からこの芸人さんのスタイルは嫌いでした。毒舌で笑いを取るのは構わないがつっこまれる相手が納得できている笑いなら見ている方もいいのですが、こちらの二人は両人で突っ込むだけ突っこんでボケを提示しない。攻撃するだけなら芸人の必要ないと思います。

・なんとなく雰囲気が好きではなく、漫才もほとんど見たことがありません。ひな壇で出ていてもニューヨークという人たちというくらいで、そもそも面白いかどうかであまり意識してみていないです。

・お客さんの反応を探り探りボケたり、ツッコんだりしているように見える。堂々としたやりとりがあると、もっと良く見えてくると思う。高感度を上げようとしているのか、思い切りが足りないように感じる為。