神谷浩史アニメつまらないランキングワースト18!面白くない不人気作品はどれ!

神谷浩史さん声優参加の作品で、アニメそのものが面白くないと不評不人気なのはどれなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

18位:WORKING!!(相馬博臣)

WORKING!!アニメ
18位はWORKING!!(相馬博臣)

WORKING!!(相馬博臣)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・WORKING!!の相馬さん自体は結構好きだったのですが、神谷さんの声である必要がないようなキャラクターだったので、WORKING!!にしました。もっと若手のベテランじゃない声優さんでも良かったような感じでした。

17位:うらみちお兄さん(表田裏道)

2021年面白くないつまらないアニメランキングうらみちお兄さんアニメ面白い?つまらない?
17位はうらみちお兄さん(表田裏道)

うらみちお兄さん(表田裏道)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・漫画の再現度が高く面白いが、働いてる人にしかわからないネタが多く少し難しいと感じたから。特に子供には働く大変さなどは理解できないのでもう少しわかりやすい内容を含めると万人受けの作品になると思う。

16位:さよなら絶望先生(糸色望)

さよなら絶望先生アニメ
16位はさよなら絶望先生(糸色望)

さよなら絶望先生(糸色望)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・絵はお洒落で素敵だと思うんですがいまいち面白さが伝わってきません。シュールさを表現しているような気もするんですが全然インパクトがないし、どちらかというと観た後に不快感が残る、ほんのりダメージが残るようなメンタルに悪い作品でした。

15位:のだめカンタービレ(木村智仁)

のだめカンタービレアニメ
15位はのだめカンタービレ(木村智仁)

のだめカンタービレ(木村智仁)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・ドラマの印象が強い作品なので、それを踏まえて見てしまうと、想像とのギャップがあって作品を楽しむことができなくなってしまうのが少し残念な印象になってしまったから。

14位:ハチミツとクローバー(竹本祐)

ハチミツとクローバー
14位はハチミツとクローバー(竹本祐)

ハチミツとクローバー(竹本祐)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・ハチミツとクローバーは漫画もそうだったのですが、どうしても作品の雰囲気が自分と合わなくて挫折してしまいました。あと実写版の映画から入ったのでそっちの印象が強くなっています。

13位:まおゆう魔王勇者(青年商人)

まおゆう魔王勇者
13位はまおゆう魔王勇者(青年商人)

まおゆう魔王勇者(青年商人)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・まおゆう魔王勇者はストーリーがおもしろく、放送当時は毎週わくわくしながら見ていたが、あまり神谷さんのキャラクターの印象がない。検索してみてキャラクターの画像を見ると思い出したが、自然な演技で印象に残らないほど馴染んでいたのだと思う。

12位:機動戦士ガンダムAGE(ゼハート・ガレット)

機動戦士ガンダムAGE
12位は機動戦士ガンダムAGE(ゼハート・ガレット)

機動戦士ガンダムAGE(ゼハート・ガレット)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・他キャラに比べて印象が薄いため。キャライメージと声質があまりそぐわないように感じた為と、印象的なキャラ・声が多いのに対して、このキャラクターに関しては記憶に残らない。

11位:神々の悪戯(バルドル・フリングホルニ)

神々の悪戯
11位は神々の悪戯(バルドル・フリングホルニ)

神々の悪戯(バルドル・フリングホルニ)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・女性向けの恋愛アドベンチャーゲームが原作なので、向き不向きがあるかなと思います。自分は原作を知らずアニメを観てみましたが、ツッコミを入れながら観ると笑えましたが苦手なジャンルだったので最後まで観られませんでした。

10位:進撃の巨人(リヴァイ)

進撃の巨人TheFinalSeason第2期
10位は進撃の巨人(リヴァイ)

進撃の巨人(リヴァイ)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・神谷さんの声は少年や青年くらいの若めの声で、役もそれくらいが中心であるが、リヴァイは今までにあまりなかった低い声で、初めて聞いたときに違和感があった。自然に出しているよりも無理やり低い声を作っている感じた。

9位:聖闘士星矢Ω(瞬)

聖闘士星矢Ωアニメ
9位は聖闘士星矢Ω(瞬)

聖闘士星矢Ω(瞬)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・聖闘士星矢の後日談的な作品を期待していると、原作の良かったところを潰してしまい、どうしてこうなってしまったと思ってしまった。ストーリーの流れもコレジャナイ感が強かった。

8位:青の祓魔師(メフィスト・フェレス)

青の祓魔師アニメ
8位は青の祓魔師(メフィスト・フェレス)

青の祓魔師(メフィスト・フェレス)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・ジャンルがあまり見ないジャンルだったこともあり、あまり入り込めなかったからです。絵が綺麗な分、内容があまりなく、ありきたりなのでたくさんアニメを見ている人には物足りないかもしれないからです。

7位:斉木楠雄のΨ難(斉木楠雄)

斉木楠雄のΨ難アニメ
7位は斉木楠雄のΨ難(斉木楠雄)

斉木楠雄のΨ難(斉木楠雄)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・ギャグアニメであまり内容が理解できなかった。笑えるところもあるが、不思議なん感じが強く理解しがたいアニメだと思ったから。キャラ設定、超能力などまた見たいと言う気持ちにならなかった。

6位:Angel Beats!(音無結弦)

Angel Beats!
6位はAngel Beats!(音無結弦)

Angel Beats!(音無結弦)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・死後の世界のテーマの学園物で、最初こそ面白かったのですが途中から、どうも感動作のテンプレみたいな感じになってしまい逆に冷めてしまいましたし、序盤ではヒロインのかなでと話もせずに天使だといいながら攻撃しまくっていたのも後々考えると違和感。しかも最終話終了後のDVDのアナザーエピソードで蛇足で主人公がその世界に留まってかなでを待っているというのも、最終話の生まれ変わりっぽい少年がかなでの生まれ変わりに話しかけようとしたのはなんだったんだ、と複雑な思いになったので総合的に後々で微妙な作品かなと思いました。

・物語上に起きるイベントに抑揚が少なく感じました。ラストの展開は感動を誘った物語ですが個人的には理由が弱いと感じました。主人公は自分の意思で行動しているのは間違いありませんが、振り回され周りの意見に流されてしまった印象が強いです。

5位:Fate/stay night(間桐慎二)


5位はFate/stay night(間桐慎二)

Fate/stay night(間桐慎二)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・演じてる役どころが、いわゆる下衆である為、良くも悪くも印象に残っていない。声がマッチしているかといえば微妙であるが嫌われ者としては公演されているのかもしれません。

・役柄的にクズでみっともない役でしたので、視聴していた当時、神谷氏に好ましい感情を抱かなくなりました。放映が終わってからは「こういう役もこなすなんて、さすがだな」と冷静にみられるようになりましたが。

4位:ONE PIECE(トラファルガー・ロー)

トラファルガーローワンピース
4位はONE PIECE(トラファルガー・ロー)

ONE PIECE(トラファルガー・ロー)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・コミックも読んでいて、ローの今までの生い立ちを知ってると、うまく説明できないのですがなんか合わないなと違和感を感じました。もっと声に深みのある声優さんが良かったと感じました。

・ワンピースがすごい有名である中で、このローも鬼ヶ島編ではすごい活躍を見せているが、やはり進撃の巨人のリヴァイのキャラがの印象が強すぎるため、このローの活躍が薄く感じる。

3位:文豪ストレイドッグス(江戸川乱歩)

bungo_01
3位は文豪ストレイドッグス(江戸川乱歩)

文豪ストレイドッグス(江戸川乱歩)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・話は面白いし、キャラクターにも合っていると思いますが、神谷さんのキャラクターが活躍するわけではないし、たまにしか登場しないので、そういった意味では物足りない気持ちになったから。

・設定や一つひとつの話に目を向けると面白いのです。しかしキャラクターの区別がはっきりつかず、また組織がたくさん出てきて非常にややこしいです。誰がどのチームか、それが調べたりせずともわかるようにして欲しいです。

2位:おそ松さん(松野チョロ松)

おそ松さん(第3期)アニメ
2位はおそ松さん(松野チョロ松)

おそ松さん(松野チョロ松)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・決して嫌いなわけではないけど、神谷さんの格好良い声が好きな自分としてはあまりピンとこないキャラでした。可愛さをうりにしてるようなので心が付いていけなかったです。

・アニメが始まって1期は声優が豪華だったりパロディを使ったりしていてどのキャラクターも親しみやすくて面白かったのだが2期までに期間が空いてしまったので無くなった。

・2015年放送の1期は勢いもありましたし物語の展開も奇天烈で面白かったのですが2期からは過剰な下ネタが増えて嫌になってしまいました。神谷さんはじめ他の声優がずっと下ネタを言ってるのを聞くのが途中からしんどくなりました。

・すごく人気だったけどギャグがしょうもなさすぎて個人的に好きになれなかった。後、強烈なオタクがたくさんいて、苦手意識を持つようになった。実写化までするようでなおさら苦手になった。

・神谷さんは強いイメージがある為チョロ松には少し違うかなーとも思いましたが、基本的にはベテラン声優さんなのでどんな役にでも対応出来る素晴らしい声優さんだと思います。

1位:黒子のバスケ(赤司征十郎)

黒子のバスケアニメ
1位は黒子のバスケ(赤司征十郎)

黒子のバスケ(赤司征十郎)が神谷浩史さん参加のアニメでつまらないと不評の理由(抜粋)

・ジャンプということもあり基本的に主人公のいるチームが勝つというのが予測できてしまっているのが面白くないしてなにより技などが全てあり得なさすぎるのが非現実的すぎて好きになれない。

・はじめの数話は音楽もカッコよく好きなスポーツの話だったのでワクワクしながら見ていましたが、話数が進むにつれて主人公二人の言動に違和感を感じイライラするようになってしまい途中で見るのをやめてしまいました。主人公があまり絡んでいない他校の話はキャラクター含め好きでした。自身が主人公に感情移入できなかったことが面白くなかった理由なのかもしれません。

・黒子のバスケは「その後」が書かれてもいい作品であると思っていました。次の年にはミスディレクションが効かないチームにどう勝ちにいくのか とさすごい気にかかっているので、、

・黒子のバスケを週刊少年ジャンプで連載し始めてから、最終話までずっと読んでいたし単行本も全巻購入していますが、読んでいた時に自分の中で思い描いていた赤司征十郎の声が神谷浩史さんではなかったから。

・勝つことが当たり前で自分に逆らう奴は誰でも殺すという実力のあるサイコパスのような赤司征郎を平坦な声で演じているのがイメージが違うような気がしたからです。少し声が高い印象がありました。