高校生のバイト応募で気を付けた方がいい職場ランキングワースト8!探し方選び方ポイント!

高校生がバイト応募する時に気を付けた方がいい職場・バイト先の特徴はなんなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

8位:オープニングスタッフ募集

バイト塾講師
8位はオープニングスタッフ募集

オープニングスタッフ募集バイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・オープニングスタッフは現場の見通しがたっていない状況で働くことが多いので、ストレスが多いと感じる。人手や設備の不足などから、ピリピリとした空気の中で働いた経験がある。

7位:時給が低すぎる

バイト家庭教師
7位は時給が低すぎる

時給が低すぎるバイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・現在ではあまり少ないとは思いますが、最低賃金を下回っている所は気をつけた方がいいと思います。法律違反になると思われるので、企業側が危ないかも知れないため、もしかしたら潰れてしまう可能性もあるも知れません。

6位:履歴書不要の職場

バイト辞め方
6位は履歴書不要の職場

履歴書不要の職場バイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・履歴書不要というのは、高校生に限らず何か怪しいなと思うし、それが相手が高校生となると未成年に対して履歴書不要というのは怪しいなと思います。その会社のことも疑ってしまうかなと思います。

・まだ高校生という未成年ですので、ある程度他の働いているスタッフの身分もしっかりと会社が把握していてくれた方が安心であると考えます。ですから、履歴書不要な職場は心配です。

5位:時給が高すぎる

バイトコールセンター・テレオペ
5位は時給が高すぎる

時給が高すぎるバイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・時給が高いとその仕事がきつい仕事だったり、危ない仕事だったり、また人が少なく何でもやらされたりするかもしれないので、事前に下調べなどしてから始めたらいいと思います。

・やはり女性は特に気をつけなければならないと思う。コンセプトカフェなどと書いてあっても実際はやることはキャバクラと同じような事の場合もあるため気をつける必要がある。

・内容に伴わない時給だと今のこの時代、何か怪しい仕事かもと疑った方がいい。友達や知り合いからの紹介でも何をして、どのくらい貰えるのか、相場をちゃんと調べてから応募した方がいいと思います。

4位:専門的スキルが求められる

バイト家事代行
4位は専門的スキルが求められる

専門的スキルが求められるバイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・高校生といえど、やはり学業が第一で最も優先度が高いことだと思うので、専門的なスキルを求められるアルバイトはリスクが高いと思うからです。専門的なことは大人がやればいいから。

・高校生に専門的なスキルの取得は難しいと思う。まずは初めてにちかいバイトであるのでまずはファミリーレストランや居酒屋などのホールスタッフから慣れていくようなアルバイトのほうがいいと思う

・やはり、学生というのは本業は勉強なのでそれをおろそかにするような働き方をさせてはいけないと思います。専門知識を学ばせるようなバイトは学業との両立が難しいと思います。

3位:バイトの人数が少ない

バイト辞め方
3位はバイトの人数が少ない

バイトの人数が少ないバイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・そのお店などがどのぐらいの規模かによりますが、あまりにも少ないと1人に負担がかかりきってしまうと思うからです。アルバイトの人数はそういったことでその人自身の負担があると思います。

・少人数だと体調不良や急な予定が入るなどした時やすめないなど大変なことがあります。できれば、代わりになるような人数がおり学生さんなら休みやすい環境を選ぶ職業がいいです。

・バイトの人数が少ないと言うことは休みなどもとりにくそうだし、自分が休みの時にも人手が足りないからと出勤しなければならないかもしれない。身体的にも精神的にも負担になりそうだから。

・バイトの人数が少ないと自分の希望するペースでシフトを入れることができず、毎日バイト三昧になってしまうため。また、しんどくて辞めたい時にも辞めたいと言いづらいところ。

2位:シフト時間が明記されていない

バイト辞め方
2位はシフト時間が明記されていない

シフト時間が明記されていないバイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・もしかすると遅い時間が多くなるシフトとか、固定ではなく不安定なシフトだと休みが取りづらかったり他の予定が入れられなくなるので。強引なシフトを組まされそうなので。

・時間が明記されていないと、バイト先都合でシフトと組まれてしまう可能性があるから。ご自身がプライベートの予定が立てれないもしくは、ダブルブッキングしてしまうことあるから。10時以降バイト禁止でも帰れないといった事例もあるから。

・高校生の時ではないですが、住み込みで働いた時にシフト時間が曖昧で口頭でその場で判断されるといつ休めるのかいつが終わりなのかわからず体力のペース配分もできないしストレスもかなり溜まったのでシフトをきちんとする事は働く上で大事だと思います。

・シフトが明記されていないということは、深夜帯など高校生が働けない時間も勤務させられら可能性があるのではないかと思ったからです。あとは明記されていない時点で管理体制にも疑問を感じる点もあります。

・中には未成年であることを知っていながら長時間労働をさせる企業が無いとは言いきれないため。募集の際に勤務時間が明記されていれば写真などで予め保存しておけばいざという時の証拠にもなると思います。

・高校生は学業や部活が優先となるため、自分の都合の良い勤務時間が限られるので、出来れば勤務可能時間が書かれている方がありがたい。せめて、「面接の際応相談」くらいは書いて欲しい。

1位:いつもアルバイト募集をかけている

バイト
1位はいつもアルバイト募集をかけている

いつもアルバイト募集をかけているバイトに気を付けた方が言い理由(抜粋)

・いつも求人が出ている会社は、何某かの理由があって人の入れ替わりが激しい職場だと推測されます。残業代が出なかったり、パワハラをする上司がいたり、契約内容と違っていたりとブラックの可能性大いにあり。

・いつもアルバイトの募集をかけている店はきっと何か理由があると思います。上に立つ人間が厳しかったり人間関係が良くなかったりと理由があると思うので、初めてバイトをするに近い高校生にはきちんとした所で働いて欲しいと思いますし嫌な思いをしてほしくないです。

・常に求人をだしていると、辞める人が多いことが考えられるため業務内容的によくないのか、職場の人間関係がよくないのか等の理由が深刻な店だと思うのでオススメはしないです。

・人は欲しいのにずっと募集があるというのは、人がいつかない離職率の高い職場ということです。快適で待遇のしっかりした職場というのは誰しも辞めたいとは思いませんし、人が辞めないので募集する必要がないということです。その逆で考えれば人がここで働きたくないと思うほどの職場だということです。ただし、誰でも知っているような大手の飲食やファストチェーン店はまた別なので、仕事の内容に見合わない賃金や、質問したのに必要最低限の条件を答えてくれない等他の要素を加えて見極めるといいと思います。

・仕事がきついのか職場の人間関係が悪いのかと言う理由で長く続かない人が多いところは、やはり避けた方が無難かなと思います。何か問題があるところが多いと感じるからです。

・バイトの出入りがはげしいだろうから、いつも人手不足の為、ずっと募集をしていると思う。そういった職場は仕事のボリュームは一定だがバイトの人数で激務か平均的な労働になると考えられる。

・やっぱり、いつも応募しているバイトは店長があまり思いやりが無い可能性が高く、人を道具扱いする可能性があるからです。自分が親なので、そういうところにはアルバイトさせたく無いです。

・アルバイトだからということを抜きにしても、常に募集が出ているということは常に人手が不足している状態であることが高く。学生であってもこき使われてしまう可能性が高いと思われる。

・いつもアルバイト募集をしている業者は何らかの問題があり、すぐ辞める人が多いからだと思います。例えば仕事内容に対しての賃金が低すぎるとか、職場の雰囲気が悪いとかなど。