2022年セリーグ最下位球団予想ランキング!勝てないと言われているチームはどこ!


【お金が貰えるインターネットプラン】
新規お申込み最大30,000円キャッシュバック実施中!【ビジモ光】をご入力下さい。

2022年セリーグで最下位かもしれないと言われている球団はどのチームなのか。

野球ファンの意見をランキングでまとめてみました。

是非ご参考ください。

4位:広島東洋カープ

広島カーププロ野球
4位は広島東洋カープ

広島東洋カープが2022年プロ野球セリーグで最下位候補の理由(抜粋)

・まだまだ攻撃に関しての破壊力やつながりが弱いと思う。チームとしてのまとまりや戦略がチームに浸透しておらず勝ちを積み重ねることができずに今年も過ぎてしまうのではないかと思うから。

・現在の成績は最下位で、良い選手や監督がいないから、最下位になると思う。ネットの予想でもほとんどが広島を最下位予想してて、そもそも選手の層が薄いから弱いと思われる。

3位:横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ
3位は横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズが2022年プロ野球セリーグで最下位候補の理由(抜粋)

・打撃陣はとても強いという印象がありますが、それに比べると投手陣が弱いなと思うからです。どれだけ点を取ったとしても、それ以上点を取られてしまったら勝てないということです。

・監督が戦い方、勝ち方を知らない。ひとつひとつの試合もそうだが、プロ野球はフロントも含めた総力戦である。戦力の多寡だけで順位が決まるものではない。今のままでは、横浜はいつまでたっても最下位ですよ。

・投手陣の安定感がまだまだ微妙かと思います。選手自体は良い選手が多いと思いますが、三浦監督の指導力が浸透できていないと感じます。野手陣もコロナから復帰してきましたが全快ではない印象があります。

・ケガのため、なかなかベストオーダーが組めないところです。攻守とも選手は揃っているように思いますが、不動のエースやストッパー、また4番バッターも固定しきれず、このままだと浮上しづらいのではと思います。

・打撃力についてはホーム球場の利もあり、セ・リーグの中では上位だと思いますが、投手陣に故障者も多く、万全の状態になっていないことが懸念材料としてあります。最終的に投手力のマイナス面が足を引っ張り最下位になる可能性が高いと考えます。

・総合的な戦力から見て、最下位になってしまっても仕方ないチームです。今はまだ阪神の方が下ですが、あちらが本来の調子に戻ってきているので、オールスター前には抜かれて最下位に落ちてしまうと思っています。

・現在は阪神タイガースが最下位ですが、このところ盛り返してきたので、現在5位の横浜DeNAベイスターズが下になるかなと、こちらも具体的な事はよくわからないままに思いました。

2位:中日ドラゴンズ


2位は中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズが2022年プロ野球セリーグで最下位候補の理由(抜粋)

・立浪新監督のもと何とかモチベーションを保っているが、先発の大野と柳以外はこれといった戦力もなく、このままでは最下位に沈む可能性が高いと思う。こればかりはやむなく実力次第。

・選手層が薄い感じがする。投手にしても、打者にしても柱になる選手が今の所見えてこない。全体的にこじんまりとまとまった感じが強く、引っ張っていく選手がなかなか出てこないので、今年は厳しい。

・選手層の薄さが一番の弱点である。補強で大型の選手が入ってくることもなかったため、今年も厳しい結果になりそうである。今いる選手を全力で育てるか、大型の補強をしないと厳しいだろう。

・打線もビシエド頼みしかなく、45歳の福留を1軍に残さざるを得ない状況からすれば、打線は厳しいです。投手陣も左右のエースがパッとしない状況なので、なかなか勝ち星が積み上がらないと思います。

・ピッチャーにしても打者にしても抜けている打者がいない気がします。全体的に総合力も低い気がするのでベイスターズと最下位争いして最終的に最下位になりそうな気がします。

・こちらも総合力での見解になってしまいますが、突出している強みポイントがあまりなく、ぱっとしないような印象があります。阪神に関しては総合力は中日よりあると思いますので、これから期待しています。

・若手選手がたくさん出場しており、とても楽しみなチームではあると思う。しかし、優勝となるとまだまだ経験も少なく期待ができないように思います。この若手が数年後に大きくなると楽しみなチームになると思う。

1位:阪神タイガース

阪神タイガース
1位は阪神タイガース

阪神タイガースが2022年プロ野球セリーグで最下位候補の理由(抜粋)

・現時点(5月2日)で圧倒的に最下位だから。選手個人としての成績はそこまで悪いとは感じませんが、総合力としたときに、なぜか点が取れないため。選手のコロナ罹患もあり、もしかすると副作用などで体力が落ちているのかもしれません。

・戦力云々よりも、開幕ダッシュに失敗したことが最も大きな理由。総合力を見てもそれほど悪い戦力でもないにも関わらず、開幕からの連敗記録を更新してしまったことは選手の大きなモチベーション低下につながる。このまま順位を上げられず再下位を予想。

・毎年毎年期待値はあるチームではあるが、なかなか結果のでないチームだからです。メンバーも若く、これからの期待値はあると思うが、今年もまた最下位争いをするのではないかと考えます。

・今現在でもようやく連敗から脱出した程なので、今後いきなり勝ち進むようになるのは非現実的だと感じるから。また守備力、打力ともに若干不安点が残っていてそれだけの選手もあまりいないように感じるから。

・選手層が厚いのだか矢野監督が今年限りの退任を発表したことによりチームの雰囲気があまり良くないように思われる。開幕から負けがこんでしまい盛り返すのはかなり難しいと思われる。

・見てて気の毒になるぐらい、調子が悪いから。今年は特に絶不調の様相がでていますよね。厄年かな?特に嫌いなチームという訳でもないのでより可哀そうに見えてきます。頑張れ、虎!

・打線が安定しておらず、安定して得点ができるイメージがなかなか出てこない。一部選手は目立っているが、打線のつながりに不安が残る。また、投手に関しては終盤の投手力が他チームより若干劣るため。

・矢野監督がペナントレースが始まる前に今季限りでやめるということが選手のモチベーションが下がり雰囲気も悪くなり負けていると思います。どんなにあと勢いがあるのに波に乗れてないような気がします

・開幕からの大不調はなかなか取り返す事は難しいと思います。投手陣は西以外になかなか計算できる投手がおらず、打撃陣も佐藤に頼っているようではなかなか、苦しいと思います。

・出だしでのつまづきは痛いです。少し調子が出てきていますが、打線が佐藤頼みではだめですし、ピッチャーも西だけでは頼りないと思います。今後、新星が出てくれば別ですが、今のところ期待できそうにありません。

・開幕で大きくつまづき9連敗を喫し、その後も低調で最下位を走る。打線がいいチームではないので、投手力頼みとなるが、救援陣に不安がある。ここから巻き返すのが難しいと思われる。