Jリーグイケメンが少ないチームランキングワースト13!カッコいい選手がいないと言われているのはどこ!

Jリーグ
Jリーグでイケメン選手が少ない・カッコいい選手がいないと言われているサッカーチームはどこなのか。

サッカーファンの意見をランキングでまとめてみました。

是非ご参考ください。

13位:サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島Jリーグ
13位はサンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・全体的に年齢層が高めで、イケメンの方は少ない印象を受けます。昔はイケメンだった(青山選手、柴崎選手など)とかイケメンな選手がいないというより、年齢高めなダンディさ、男らしさがある選手が多いと思います。

12位:ジュビロ磐田

ジュビロ磐田Jリーグ
12位はジュビロ磐田

ジュビロ磐田がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・2022シーズンの選手平均年齢がJ1の中で最も高いだけあって遠藤保仁選手のようなベテランや杉本健勇選手や大津祐樹選手、山田大記選手の様な最盛期を一度迎えた様な選手が頭に浮かんだから。

11位:浦和レッズ

浦和レッズJリーグ
11位は浦和レッズ

浦和レッズがJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・ひと昔前まではイケメンの選手が多かったイメージがあるのですが、ここ数年はそんなイメージがありません。関係ないかもしれませんが、素行の悪い印象があって、かっこよく見えないのも理由だと感じます。

10位:横浜F・マリノス

横浜F・マリノスJリーグ
10位は横浜F・マリノス

横浜F・マリノスがJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・正直チームは強いですが、イケメン力は低いのではないかと思います。強面系の選手が多く在籍している印象で、正直怖いです。前は扇原選手など柔らかなイメージがありましたが、今は外国人選手を始めいかつい集団にみえます。

9位:川崎フロンターレ

川崎フロンターレJリーグ
9位は川崎フロンターレ

川崎フロンターレがJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・好きなタイプではないだけ。たぶん世間的にはいわゆる「イケメン」ぞろいなのだろうけれど、顔に味わいがないというか、よくあるタイプのかわいい子にしか思えないので、そんなもんかなと思う。

8位:アビスパ福岡

アビスパ福岡
8位はアビスパ福岡

アビスパ福岡がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・代表格になるような選手が存在しないことや、J1での戦績があまり多くないことからメディア露出も少なく、人気のあるチームよりはファンも少ないことから、あまり注目されていないので印象に残っていないからです。

・因縁のライバルであるアビスパの選手たちはイケメンに見えません。九州ダービーの際にスタジアムで見るアビスパの選手たちは敵にしか見えずどうもいけ好かないです。いい選手多いのですがライバルなので。試合終われば見え方変わります(笑)

7位:ガンバ大阪

ガンバ大阪Jリーグ
7位はガンバ大阪

ガンバ大阪がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・タフな印象が表面に出ている選手が多い感じがします。サッカー選手がタフなのは当たり前だけど、「体力負けしないもんね!」という闘志があまり前面に出ていても、ちょっと引いてしまいます。

・一重率が高い気がします。完全な独断と偏見ですが、ヤンキー臭がする選手が多い様な…際立ったイケメン選手が思い浮かばなかったので、とりあえずガンバを選んでしまいました。

6位:清水エスパルス

清水エスパルス
6位は清水エスパルス

清水エスパルスがJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・正直知らない選手ばかりで唯一知っている権田修一選手はイケメンではないと感じる。またチームの順位も良くないのでこれからの選手獲得に期待したいと思います。ビックネームの獲得も良いのではないかと思う。

・まず、パットしている選手があまりにも少ないと思う。日本代表でも活躍する権田修一選手はプレーではイケメンだと思うが、顔をイケメンとするならそれは厳しいと思いました。

5位:北海道コンサドーレ札幌

北海道コンサドーレ札幌Jリーグ
5位は北海道コンサドーレ札幌

北海道コンサドーレ札幌がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・北海道は神奈川県横浜市である地元から遠いため、触れる機会が少ないです。そのためなんとなくのイメージとなりますが、北海道のイメージであるじゃがいもやトウモロコシといった印象です。

・全体的に選手の年齢層が高いと言いますか、おじさんが多いイメージです。同じ理由で磐田とも迷いました。ただ、西大伍選手だけはイケメンだと思います。今期、久しぶりに戻ってきたので活躍を期待しています

4位:ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸Jリーグ
4位はヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・イケメンというよりは外国人選手と無骨な選手が多い印象です。アンドレス・イニエスタ選手やボージャン選手など顔面よりもその技術に注目が集まりやすいのと、チーム自体の調子も悪く良いところより悪いところの方が目立ってしまって顔面偏差値の評価が上がりづらい雰囲気を感じます。

・スター選手揃いの神戸ですが、武藤選手がややイケメンぐらいで、他にビジュアル的にレベルの高い選手が見当たりません。イニエスタもパフォーマンスは素晴らしいですが、ルックス的にはかなり厳しいと思います。

・イニエスタ選手をはじめ有名な選手が多いですが、スタメンの年齢層が比較的高く、パフォーマンス的にも旬を過ぎた選手が多いイメージがあるからです。また、勝てていないのでどうしても明るいニュースが少なく、もちろんルックスやパフォーマンスの優れた選手も在籍しているはずなのですが、今のヴィッセルからはなかなかポジティブな要素を見つけづらく、結果的にあまり魅力を感じられないような印象を受けます。

3位:サガン鳥栖

サガン鳥栖Jリーグ
3位はサガン鳥栖

サガン鳥栖がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・知名度が低いことが要因です(個人的にですが…)。昔はビッグネームの選手もいて好きで見てましたが、やはりメディアの露出が少なくなると関心が薄れてしまいます。実力のある選手は沢山いるのでこれからの活躍に期待します。

・あんまりぱっとしない印象です。チームとしてもあまり冴えないような感じです。そこそこ見れる顔はいますが、人気選手と比べると比較的おとなしめな顔が多いと思います。全体的にイケメンは多くないです。

・特に深い理由があるわけではありませんが、なんとなくサガン鳥栖の選手は顔が整っていないイメージがあります。顔だけでいうと秀でている人がいない印象があります。田舎だから・・・?

2位:京都サンガF.C.

京都サンガF.C.Jリーグ
2位は京都サンガF.C.

京都サンガF.C.がJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・J2からの昇格チームはイメージですが、雑草をかき分けたような野武士のような選手が多く正直、華のあるような感じはありません。その中でも今年の京都サンガF.C.に関しては少し、親父っぽさを感じてしまいました。

・イケメンが多くないチームといわれると選択が難しいと前置きしたうえで、京都サンガFCを選びました。理由はFW陣・・・。一番は大前選手・・・。体系がサッカー選手とは思えないぽっちゃり感があるように自分は見えるので、選んでしまいました。

・実際は京都の選手自体があまり分からないが、京都のイメージはピーター・ウタカ選手のインパクトが大きいので、あの髪型を考えるとイケメンのイメージから一番遠いかと思います。

1位:湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレJリーグ
1位は湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレがJリーグでイケメンがいないチームと言われる理由(抜粋)

・誰がというイメージがないが、泥臭くプレーするイメージが強いので特別イケメン選手がいるイメージがない。チームカラーやプレーの影響でそう見えているのかもしれませんね。

・フジタ工業サッカー部を前身として発足したJリーグチームで中田英寿選手が在籍したチームですが、曺貴裁監督時代の良く走り、泥臭く戦うプレイスタイルのせいか、なぜかイケメンが多い印象がなく、選択しました。

・華のある選手がパッと出てこないです。結婚地味な選手が多いと思います。ただ、だれかが飛び抜けてというよりは、全員でっていうかんじなので、逆に選手の印象が薄くてチームとしては印象はある

・あまり選手を知らないということもありますが、毎年少ない印象です。大型補強や元日本代表選手の移籍も少ないのでメディアにとりあげられていないので、私が無知なだけかもしれませんが。

・こちらのチームの所属選手で代表選手が思い出せず、やはり有名選手がいないとチームとして取り上げられることも少なく、選手の個別の顔を知る機会がなかなかないため、そのように思ってしまう。

・すごく難しい質問で考えた結果、あまり知っている選手がいなくて、ホームページを見て、写真が全体的に日に焼けた写真で悪くは無いんですが、あまり好きな写真ではなかったので、決めました。