鎌倉殿の13人つまらなくなった?中盤感想口コミ評判!視聴率低下の理由は!

鎌倉殿の13人
もうすぐ放送から半年を迎える2022年大河ドラマ鎌倉殿の13人。

最初のころよりつまらならなくなった、視聴率が下がったといわれていますが、実際のところはどうなのか。

視聴者の意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

鎌倉殿の13人中盤感想口コミ評判:序盤から面白くない

大泉洋:源頼朝(みなもと の よりとも)
・三谷幸喜さんが脚本を書かれているとのことですが、やはり現代コメディの要素を歴史劇に盛り込むのは見ていておかしさしかありません。俳優陣の方もどちらかというと話題性だけで集められたような気がします。

鎌倉殿の13人中盤感想口コミ評判:序盤より面白くない

菅田将暉:源義経(みなもと の よしつね)
・序盤は三谷作品らしいくすりと笑える脚本・演出がちりばめられていたが一連の合戦パートが終わり、誰も信じられなくなった源頼朝の陰鬱なエピソードが中心なため、少し気が滅入る展開に。

・面白いことは面白いが、話がシリアスになるにつれ、大泉洋が演じる頼朝の人垂らし的な要素が見られなくなったことが一つの理由。また、色々な役が、いままで語られている人物像から離れていて、違和感が出てきた。例えば義経など。

・序盤はみんな若い設定ですので難しい問題があまりなく、ギャグのようなシーンが多くて面白かったです。現在も面白いシーンは稀にあります。でも歴史上にあったシリアスなシーンが圧倒的に多くて面白いとは少し違うかなと感じます。個人的にはですが。

・序盤はコミカルやアットホームな場面が多く、番組を見ていて笑いがこぼれることも多かった。しかし、歴史の事実上しょうがないが毎回誰かが殺されたり、事故で死んでいくので。

・序盤にスキャンダラスな場面がたくさん描かれていたためか、最近は少し落ち着いた内容になってしまい、面白さをあまり感じなくなった。でも、毎回ちょこちょこ小さな笑いを入れてくるのは三谷作品の魅力だと思う。ついつい最後まで見てしまう。

・序盤はクスッと笑えるシーンが多く歴史の内容がすんなり頭に入ってきて面白かったです。ただ単に面白がる話ではないにしても笑えるシーンがほとんど無くなってきてしまい少し残念です。

・序盤は、大きな事件は駆け足で物足りなさを感じるも、登場人物の会話が新鮮で鎌倉時代の新しいエピソードもあるのかと期待しました。が、単調な内容が続くと、話の続きが気にならなくなってきました。

・序盤はちょっとおかしな頼朝に振り回される関東の人といった感じで、笑えるシーンも多かったが、最近は頼朝の野望や疑心暗鬼といった暗いシーンが多く、どんどん人が殺されて行くのが見ていて楽しくない。

・最初は、源頼朝の性格は良い人の様に見えていました。しかし、回を重ねるごとに、頼朝も敵を暗殺するなど非道な面もある人だと気づきました。源頼朝の性格が非道な感じがしてきて、序盤より面白くないと感じています。

・序盤は北条家のみんながほのぼのとして楽しいシーンが多く、その間にシリアスな出来事が生まれる。そんなトーンの違いに面白さを感じていましたが、今はシリアスなシーンばかりで見るのがつらくなっています。

鎌倉殿の13人中盤感想口コミ評判:序盤より面白くなった

高岸宏行(ティモンディ):仁田忠常(にった ただつね)
・ストーリー的に前半は頼朝がかくまわれている所で布石的となるので派手さが足りない印象。石橋山の戦い以降の源氏の巻き返しからが受け入れやすくわかりやすい感じですっと入ってくるので

・大河に甘えいいい印象を抱いていなかったのですが、キャストがいいということと三谷幸喜が何を見せてくれるのか期待してみることにしました。どんどんいろんな人が死んでいってしまう悲しさが毎回あるのですが、それが結構奇天烈で面白いです。

・最初はNHKを意識して三谷幸喜が押さえぎみな展開でしたが、徐々に三谷幸喜らしい部分が見られだし、シリアスな中にもユーモアーが溢れるようになってきた。鎌倉殿が亡くなってからの展開をどういう方向で持って行くのか楽しみです。

・大河ドラマなのに、作品中に急にお笑い要素が出てきたり、普段明るいキャラクターの大泉洋が演じる源頼朝がどんどん欲望にまみれて狂人になっていく様子が見ていて面白いです。

・序盤から三谷脚本らしいコミカルな雰囲気が楽しめましたが、現在の方がシリアスシーンが多くてひきこまれる内容です。歴史上のつらい現実を突きつけられるシーンも多くてそのたびにしんどくなりますが、それ以上に役者の皆さんの演技が素晴らしくて毎週楽しみに見ています。

・歴史物なので結果がすでに分かっているストーリーを進めていくわけですが、普段スポットが当たらなかった北条義時を主人公にしている分、源平合戦のようなメジャーではない出来事にも触れていて面白いと思います。

・鎌倉時代の歴史は戦国時代の歴史より知らないので大河ドラマで見れるので為になります。知ってるようで知らない事が出てくのでこのドラマきっかけで勉強できるので私は面白いと思います。

・源平の戦いで名を挙げて上り詰めた源頼朝が、今まで死なせてしまった多くの人々の命の重みに耐え切れなくなっていって、絶えず他人を疑って殺そうとするような追い詰められた様が鬼気迫ってきたので見ていて面白いです。

・私は歴史&大河が好きなので、正直義経が亡くなるまでは有名な話なので、その後のお話に興味があり、この鎌倉殿の13人を楽しみに見始めていました。しかしながら、有名な偉人のキャラクターが歴史のイメージと全く違うので最初から割と楽しんでいます。が、やはりあまり知らない義経が亡くなって以降からはやはり断然興味深いです。

・長きに渡る源平の争いが幕を閉じたことで歴史上有名な人物や出来事を全て見終わってしまったように思われましたが、これまでに愛着を感じてきた登場人物達の人間模様や関係性、その後の顛末などがとても丁寧に描かれているため、今まであまり知らなかった北条氏が大成していく様や北条政子の尼将軍と呼ばれることになる流れをどう描いていくのか楽しみです。

・鎌倉時代の歴史にあまり馴染みがなく、始まった頃は話がよくわからなかったのかもしれません。義経が出てきた辺りから、他のキャストの個性やキャラクターがわかるようになり、余計に面白く感じられるようになりました。

・最初はお笑い要素も多かったのですが、徐々に緊張感の高いエピソードやシーンが増え、それに伴って三谷幸喜さんらしい解釈や物語が多くなってきて、因果関係が構築されたことで、ドラマとして面白くなってきた。

・私は歴史が苦手で源頼朝や北条政子の名前程度しか知らなかったのですが、源頼朝や北条政子の人間性や頼朝に巻き込まれた周りの人達の気持ち等がわかりやすく表現されていて、所々コントのようなやり取りがあり毎回面白く見ています。

・各キャラの性格がわかってきて、史実でのわずかな自分の知識と組み合わせて、なるほどそういうことか、と理解できることが増え面白さを増してきた。最初のころはこんがらがって面白くなかった。

・ほぼ毎回、誰かが死んでしまうのは悲しいことなのですが、三谷さんの脚本の伏線が素晴らしいので、見入ってしまいます。 たまにコミカルな部分もあり、本当にあっという間の45分です。毎週日曜日の夜8時が待ち遠しいです。

・鎌倉時代は、知識もなく、ドラマチックな事件もなにもないと思い込んでいて、録画をため込んでいたが、いざ見てみると、ドロドロとした権謀術数が渦巻いていて、脚本もドラマ仕立てで面白い。

・物語が進むにつれて、人間関係やその時代の事などがよりいっそう理解できるようになってきたとともに、三谷幸喜さんならではのコメディ部分もあり、毎週楽しみにしている。

・戦国じたいならもじあがるがあの時代はメジャーな出来事がないので最初はみていてつまらなかったが、主演者が豪華なので演技力に魅せられて毎回毎回見てしう。八重さんが亡くなってしまって悲しい。

・大河ドラマは毎年見ていますが、この時代については知識があまりないので、楽しめるかどうか分からないなと思っていました。登場人物も多いので最初はちょっと分かりづらいと思っていたんですが、歴史上の出来事を丁寧に描いてくれているし、それぞれのキャラクターの描き方もしっかりとしていて、だんだんと引き込まれていきました。