カタールW杯2022年ダークホースランキング13!影の優勝候補・大会の

2022年カタールW杯でダークホースになるかもと言われている国・チームはどれなのか。

サッカーファンの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

13位:イングランド

イングランド
13位はイングランド

イングランドが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・攻撃陣はかなりの破壊力をもったメンバーが集まっていると思う。不安なのは守備陣だが、点の取り合いのようなゲームになれば可能性はあると思う。前線のメンバーをどう選択するか非常に楽しみなチーム。

12位:ガーナ

ガーナカタールW杯
12位はガーナ

ガーナが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・最近来日した際には大したことがないチームに見えたかも知れませんが、過去のワールドカップでは2006年のドイツ大会と2010年の南アフリカ大会でベスト16、ベスト8に進出しているチームです。よって、ダークホースという表現がよく合うと思います。

11位:クロアチア

クロアチア
11位はクロアチア

クロアチアが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・クロアチアはあまり注目されていないが、タレントは揃っていると感じています。特に中盤の豪華さは他国には引けを取りません。気づいたらベスト4まで進んでいるような気はしています。

10位:スペイン

スペインカタールW杯
10位はスペイン

スペインが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・スペインはなんと言ってもタレントが揃っています。今大会決勝は確実に行くような予感がしています。昔のような無敵艦隊と呼ばれていた時代に戻りこれ以上ない最高のパスサッカーを期待しています。

9位:チュニジア

チュニジア
9位はチュニジア

チュニジアが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・キリンカップ決勝で日本チームが完敗したが、日本チームを責めるより相手が一枚上だったと感じる。チュニジアはアフリカ大陸にあってカタールとは陸続きで距離も近い。気候、宗教もカタールに近く有利な点が多い。

8位:フランス

フランスカタールW杯

180909lll0537


8位はフランス

フランスが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・ベンゼマが昨シーズン調子がよく、バロンドールに選ばれるかもしれないと噂されるほどのコンディションであることと、若手ムバッペの活躍も間違いないと思われるため。デンベレ、グリーズマン、ポグバなどもキャリアでハイパフォーマンスな時期であるとみている。

7位:ポルトガル

ポルトガルサッカー
7位はポルトガル

ポルトガルが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・ヨーロッパ予選は危うく敗退のリスクもあった中で勝負強く勝ち上がってきたこととクリスティアーノ・ロナウドが最後のワールドカップということもあり、気合いが入っていると思われる。

6位:セネガル

セネガルカタールW杯
6位はセネガル

セネガルが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・アフリカ地域は元々身体能力が高く、持久力もあることからサッカー向きと考えられます。セネガルはアフリカのネイションズカップを制しており、現時点でアフリカ一番強いチームです。アフリカメンバーに経験値が加われば、ダークホースとして十分勝ち上がることができると考えております。

・アフリカ・ネーションズリーグで優勝して、今は文句なしにアフリカで一番の強豪だからです。セネガルはカタール、オランダ、エクアドルと同組ですが、オランダについで二位抜けすることは可能だと思います。

5位:ドイツ

ドイツカタールW杯
5位はドイツ

ドイツが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・古くからの実績もあり、守備や攻撃力が強いと思うからです。また、個々でプレーするのではなく全体・全員でプレーしているからです。その為、1人でプレーしておらず、ちゃんとチームプレーと言えると思うからです。

・先日のドイツ対イタリアの試合で圧倒的手数の多さでイタリア守備陣をボロボロにしています。色々な攻め方はもちろん、やっぱり安定の守備陣は他の国では対応できません。監督も前回と変わったのが一番のポイントです。

4位:ブラジル

W杯ブラジル
4位はブラジル

ブラジルが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・ブラジルは前回大会屈辱的な敗退をした国です。今大会は前回大会の雪辱を果たすために確実に優勝を狙ってくるでしょう。簡単に負けるようなチームではありません。期待してます。

・優勝候補としては、前回1位のフランスが優先されるけれど、ダークホースとしてはブラジルがくるかもしれないと考えています。今回、対戦相手とはワールドカップで対戦した過去があり、馴染みがあるので、作戦をねってくるのでは、と予想しています。

3位:日本

日本カタールW杯
3位は日本

日本が2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・全体的に若い選手が増えてきて、それぞれ個のチカラが強くなっていると思う。三苫のドリブルは世界で通用することを、先日の試合で証明してくれた。前回はメンバーに選ばれていないが、海外で活躍している旗手にも期待したい。

・直近の試合でも3-1で勝利できている点や、選手個人個人の力もあるように感じた為です。攻撃では全体的に積極的に攻めれていたし、守備の戻りなども速い様に感じ、良い感じだと思います。

2位:カタール

カタールカタールW杯
2位はカタール

カタールが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・初の中東開催という特殊な環境の中で、開催国として圧倒的な地の利があり、過去の例を見てもレフェリングの基準も対戦相手にとっては非常に厳しく、ホスト国にはかなり甘いものになると考えられるから。

・一番の理由は自国開催という最大のメリットがあるということ。会場には多くのファンが訪れ相手国にとってはそれも脅威となるだろう。そして、長距離の移動もなく体調管理もしやすい。

・カタール代表は、国際親善試合でスイス代表と対戦し、1-0で勝利。FIFAランキング96位の格下が8位の強豪を下してみせた。これまでW杯に出場したことがなく、2022年自国開催で念願の初出場となったカタール。一方、スイスは4大会連続出場で11回目の大会となったロシアW杯で決勝トーナメント1回戦進出まで果たしている。圧倒的な力の差がある対戦となったが、試合は0-0で前半を折り返す。後半になってもスコアは動かず迎えた後半42分、カタールはFWアクラム・アフィーフが相手の最終ラインを突破。飛び出した相手GKもシザーズで巧みにかわし、無人のゴールに流し込んで決勝点とした。試合は1-0でカタールが大金星。4年後に控えたW杯に向け、開催国が着々と経験を積み始めているから。

1位:カナダ

カナダサッカー

TORONTO, ON – MARCH 27: Tajon Buchanan #11 of Canada celebrates a goal during a 2022 World Cup Qualifying match against Jamaica at BMO Field on March 27, 2022 in Toronto, Ontario, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)


1位はカナダ

カナダが2022年カタールW杯でダークホース候補と言われる理由(抜粋)

・カリブ海予選で想像以上に強かった事。ライバルのアメリカとメキシコを抑えてグループ首位でカタール大会出場を決めた事。足がとても速いDFアルフォンソ・デイビスがいること。

・ワールドカップ出場が36年ぶりになるが、アメリカやメキシコ、エクアドルなどがいる予選を首位で通過したことが大きな理由です。また、有望な若手が多く、バイエルンのデイビス等いるので、勢いに乗ったら一気に予選突破して上位に行くのではないでしょうか。

・カナダは予選でグループ首位で出場を決めてるし、デイビスがいるからかな。軸はデイビスを中心とした若い選手で組まれているためスピード溢れる攻撃で相手チームを翻弄しそう。

・36年ぶりのワールドカップ出場を決めたということもあって、どんなサッカーをするのかとても楽しみ。今回のメンバーのレベルが高く、ワールドカップで大きな結果を残そうとチーム一丸となって大会に臨んでくると思うから。

・カナダの選手は若手も多く、持久力が必要なサッカーというスポーツにおいては、若手選手の多さはかなり有利になると思う。ゴールの上手なデイビス選手も在籍しているのも強みだと思う。

・カナダは全体的に若い選手が多い。グループの他のチームは経験があるので、勝たないと!!という気持ちが強すぎる。カナダは経験がなので勢いで行くのではないか!!と思う。

・久しぶりの本大会出場ではありますが、欧州5大リーグで活躍している若手が多く、何か起こしてくれそうな予感があります。アメリカやメキシコがいる地区予選でも良い首位で通過しているのも強さを表しています。