ガスト妊婦におすすめサイドメニューランキングBEST7!妊娠してても食べやすいアラカルトはどれ!

ガストで妊婦にもおすすめの人気サイドメニューはどれなのか。

妊娠していても食べやすいと評判のアラカルト料理はどれか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

7位:シーフードサラダ

シーフードサラダ
7位はシーフードサラダ

シーフードサラダが妊婦にもおすすめなガスト人気サイドメニューの理由(抜粋)

・さっぱりしていてタンパク質も摂ることができるので、妊婦さんにおすすめしたい一品です。シーフードはタンパク質が取れて脂質も少ないので、脂質が多いガストの他のメニューと組み合わせてもバランスが取りやすいと思います。

6位:とうもろこしのポタージュ

とうもろこしのポタージュガスト
6位はとうもろこしのポタージュ

とうもろこしのポタージュが妊婦にもおすすめなガスト人気サイドメニューの理由(抜粋)

・飲みやすくて優しい味のポタージュなので、オススメだと思う。食べ物が苦手になってしまう時期もあると思うが、とうもろこしのポタージュならこれだけでもサイドメニューに必要な栄養素は満たしているはずなので、手軽に飲んでほしいと思う。

5位:ミックスサラダ

ミックスサラダ
5位はミックスサラダ

ミックスサラダが妊婦にもおすすめなガスト人気サイドメニューの理由(抜粋)

・時期的に何も食べてなくてもすごい勢いで体重が増えていくこともありますが、サラダは気にせず食べられると思います。また、メインはボリュームのあるメニューが多いのでサイドメニューで野菜をとっておくことで栄養バランスが良くなると思います。

4位:味噌汁

味噌汁ガスト
4位は味噌汁

味噌汁が妊婦にもおすすめなガスト人気サイドメニューの理由(抜粋)

・味噌のタンパク質、塩分量など健康にも良いし、赤ちゃんにも血液を送らなければいけないので水分多めにとったほうがいいのではないかと感じた為。また自身も妊娠中は頻尿だったので、この時期の脱水症状を予防という点に関しても水分補給は重要だと感じます。

・においが強くなく、加熱もしてあるのと食欲がないときやメインでお腹がいっぱいだけどプラス何か足したいときのサイドメニューとしてお味噌汁なら飲みやすいと思いました。またお味噌に必須アミノ酸も多く含まれ低カロリーでもあるので良いと思います。

3位:ほうれん草とベーコンの チーズ焼き

ほうれん草とベーコンの チーズ焼きガスト
3位はほうれん草とベーコンの チーズ焼き

ほうれん草とベーコンの チーズ焼きが妊婦にもおすすめなガスト人気サイドメニューの理由(抜粋)

・ほうれん草とベーコンのチーズ焼きは、栄養もあるしとても食べやすく美味しい一品になっています。ほうれん草が苦手な人でもベーコンと一緒に食べることで、又はチーズ焼きの味で、とても食べやすいと思います。野菜嫌いな人でも、食べれる一品だと思いました。

・妊婦さんには葉酸の摂取が必要なため、ほうれん草はまさにぴったりのサイドメニューだと思います。また、ベーコンやチーズで不足しがちなタンパク質もしっかり補給できるため、おすすめできます。加熱もしっかりされているメニューのため、妊婦さんでも安心して食べられます。

・妊娠期は鉄分もしっかり摂る必要があり、お浸しよりも両を食べられると思います。ベーコンで適度に油分も摂り、チーズでカルシウムもしっかり補えるので、妊婦さんにもお勧めです。産院の食事にも出されるメニューです。

2位:ほうれん草ベーコン

ほうれん草とベーコンの チーズ焼きガスト
2位はほうれん草ベーコン

ほうれん草ベーコンが妊婦にもおすすめなガスト人気サイドメニューの理由(抜粋)

・妊娠中に特に大切と言われる栄養素の中に「葉酸」があります。妊娠中に葉酸を摂取することで赤ちゃんの先天性疾患の神経閉鎖障害や無脳症の発症を防ぐことができるとのこと。ほうれん草はそんな葉酸を多く含む食材なのでほうれん草ベーコンを選びました。

・妊婦は、出産時に大量に出血するので貧血体質の人は鉄分を意識的に摂るように言われます。私は貧血気味だったのでほうれん草をよく食べるように意識しており、ガストではほうれん草ベーコンに度々お世話になりました。

・ほうれん草は力養殖野菜でビタミンや鉄分を豊富に含んでいるイメージがあります。加熱している方が生のサラダよりも食べやすい印象もあります。少し脂質が多い気もしますが、他のメニューは野菜が使われていても緑黄色野菜ではないので、こちらの方が良さそうです。

・ほうれん草が鉄分を含んでいる。妊娠中、産後は鉄分が足りなくなるのでほうれん草で補給。火が通っているので食べやすい。ガストメニューにはあまり緑黄色野菜が無いのでこのメニューでガッツリ鉄分とビタミンを摂れるのでおすすめ。

・特に、妊娠初期から中期にかけては、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれる葉酸を摂取することが大事だと思います。赤ちゃんの形成にも影響があるものですので。その中でもほうれん草は鉄分の補給にもなるので妊娠後期の方にも良いと思い選びました。

1位:ミネストローネ

ミネストローネ
1位はミネストローネ

ミネストローネが妊婦にもおすすめなガスト人気サイドメニューの理由(抜粋)

・ミネストローネは野菜が沢山入っておりカリウムも多く含まれているので妊婦さんが気になるむくみを解消でき、カロリーも控えめなのでおすすめできる一品なのではないでしょうか。また固形物よりもスープの方が食べやすく温かい飲み物なので体を冷やすことなくつわりで食欲のない方でもおすすめできると思い選びました。

・ミネストローネは、野菜が豊富に入っているのでたくさん栄養を取ることができます。また、トマトが入っているため、つわりや胃の気持ち悪さから気持ち悪さを感じている妊婦さんでも美味しく食べることができると思います。

・喉を通りやすく、身体が温まる汁物であるという点。また、他のスープ類と比較して具材の種類が豊富であるという点です。妊娠中は食事の準備も億劫になりがちなので、手軽に野菜からの栄養を摂取できるところが良いと思います。

・妊娠中だけでなく野菜の栄養を取ることは大切ですが、 野菜が大好きという人でも 本当に必要な量の野菜を食べるのは難しいと聞きます。ミネストローネは野菜スープですから ばっちり野菜が取れます。そして スープですから 飲みやすく 水溶性の栄養も 逃さずに取ることができます。

・身体をあっためてくれるスープとであるところと、野菜をたくさん取れるところが魅力です。色々な具材がミネストローネには入っていますし、スープなので食べやすいかと思います。まぐろのユッケは控えたほうが良いです。

・身体を冷やすことのない野菜がたっぷり入った温かいスープは、つわりが酷くて食欲がわかずにお困りの妊婦さんの強い味方になってくれるものだと断言できるからです。ほかにも、煮込まれた野菜が柔らかくて食べやすく、消化が良いところもおすすめの理由です。

・トマトなどのお野菜系は時期により値段が変動するため、値段の変動を気にする必要のないファミリーレストランでしっかり栄養を取ろうと考えています。特に当時は、グレープフルーツなどの酸っぱい食べ物でスッキリするのが私の定番でした。

・上記メニューの中で一番野菜がたくさん入っているので栄養的にはおすすめです。ホットメニューなので体も温まります。ミネストローネは独特の香りがあるので、普段は平気でも妊娠中は味覚が変化するので何を食べるにも注意が必要です。

・トマトベースでさっぱりとしているから。また、ミネストローネは野菜が小さくたくさん入っているので、この1品だけで栄養も採れるから。スープなので、汁と具を一緒に食べることができて食べやすく感じると思う。