自宅でビールを超美味しく飲む方法ランキング!家呑みサーバー・タンブラー何がおすすめ?

家で美味しくビールを飲むためにどんな方法があるのか。

お店じゃなくても自宅で極上のビールを楽しむためにはどうすればいいのか。

今ビール好きが実施している・注目しているビールを美味しく飲む方法について、ビールこだわり派の意見をランキングでまとめてみました。

是非ご参考ください。

6位:保冷缶ホルダーを使って飲む

保冷缶ホルダービール
6位は保冷缶ホルダーを使って飲む

保冷缶ホルダーを使って飲むが家でビールを美味しく飲む方法として人気・注目の理由(抜粋)

・キャンプでビールを飲むことがたくさんあるのですが、冷たいままゴミや洗い物をあまり出さずに美味しく飲みたいと思っています。缶ホルダーなら入れ替える必要もないし冷たくておいしく、飲み終わったらすぐ缶を捨てられるから。

5位:クラフトビールサブスクを利用

クラフトビールサブスクを利用
5位はクラフトビールサブスクを利用

クラフトビールサブスクを利用が家でビールを美味しく飲む方法として人気・注目の理由(抜粋)

・最近のクラフトビールはたくさんの種類があり、香りや味もさまざまなので美味しさとおもしろさを体験できるので非常に好きです。しかし、たくさんの種類がありすぎて自分では新たしいものを見つけることが難しいので、サブスクでいろいろと提案してもらえて好みに応じたクラフトビールを定期的に飲めるとうれしいためです。

・市販されている大手の工場で作られているビールも美味しいと思うのですが、滅多に手に入らないようなクラフトビールや、地方限定、期間限定などのビールを日替わりで飲み比べることでお気に入りを見つけたい。

4位:家庭用生ビールサブスクを利用

家庭用生ビールサブスクを利用
4位は家庭用生ビールサブスクを利用

家庭用生ビールサブスクを利用が家でビールを美味しく飲む方法として人気・注目の理由(抜粋)

・お店で飲むような生ビールが家で手軽に味わえそうで、コロナ禍で外に飲みに出る機会がない中、魅力的に感じました。また色々な地方のクラフトビールなどが頼めるのも良いと思いました。

・youtubeで一度見たことがあり興味があった。種類も選べたので印象が良かった。設置の難易度もそれほど高くないわりに衛生的にも問題なさそうなので興味がわきました。

・外でお酒を飲む機会がかなり減ったので、家で生ビールを飲めたら嬉しいと思います。クラフトビールも良いですが、継続して利用するなら普通の生ビールの方が値段的に助かります。

3位:ビール専用高級タンブラーで飲む

ビール専用高級タンブラーで飲む
3位はビール専用高級タンブラーで飲む

ビール専用高級タンブラーで飲むが家でビールを美味しく飲む方法として人気・注目の理由(抜粋)

・実際に自宅で能作の錫のグラスを使ってビールを飲んでいます。泡がきめ細かくなり、缶ビールを注いで飲んでも生ビールを飲んでいるような口当たりに変わります。サーバー等の設置場所やメンテナンスも必要なく、グラスを変えるだけで味が抜群に変わるので、ビールを飲むときは必ず錫のグラスを使用しています。

・専用タンブラーだと一体どのようにビールの(恐らくは泡だろうけど)が違ってくるのか、いつものビールで比べてみたい。冷た過ぎるのは嫌なので、保冷については興味がない。

・ビール専用タンブラーは以前誕生日でもらった品を愛用しているが、一段と冷えて美味しさが増す感じがする。ネットで高級なより良いタンブラーを見かけることもあるので、ぜひとももっと多様なタンブラーを使用してみたい。

・ビールを飲むのに絶対に必要な道具こそはタンブラーです。一番使う道具であり、唯一、直接唇という敏感な部分に触れるものだからこそ、タンブラーにこそこだわるべきだと思う。

・現在のところ、キンキンに冷やすことしか工夫をしていませんが、専用のタンブラーを試してみたいと思います。缶やコップなどで飲むとぬるくなるため、ついつい早めに飲んでしまうのでタンブラーは最も身近なアイテムだと思います。

2位:ビールサーバーを利用

ビールサーバー
2位はビールサーバーを利用

ビールサーバーを利用が家でビールを美味しく飲む方法として人気・注目の理由(抜粋)

・最適な状態で美味しいビールを飲みたいと思うから。自分で注ぐ場合には適度な泡や量が定まらず、飲み心地に少なからず影響している気がしている。生ビールをお店で飲むような、最適な状態を家でも再現してみたい。

・自宅にサーバーがあると、まるで外食の時のようなクリーミーな泡が楽しめるかつ、クラフトビール等たくさんの種類が選択肢として広がるので、週末の楽しみとして利用しています。

・缶ビールよりも美味しいビールが飲めると聞いていたからです。コロナ禍でお店で飲食することに不安があるので、好きなブランドのビールを、自宅にいながらジョッキで飲んでみたいと考えています。

・日常では毎日缶ビールばかりで飽きてきた。たまには外で生ビールを飲みたいが、コロナ禍生活が当たり前になって外で飲む機会がなくなってしまったから。家で生ビールの雰囲気を味わえるから。

・コロナ禍で家庭でお酒を飲む頻度が上がったので、外食分のお金が浮いたので、缶ビールではなくビールサーバーの美味しいビールが飲みたいと思った。それでも外で飲むよりはコストがかからない。

・まず、入れる作業自体が楽しめる。入れ方で味、香りが変わると言うがよくわからないので、分かるまで飲んでみたい。掃除が面倒そうだから使い捨てかウォーターサーバーみたいな業者さんが交換してくれる物なら尚良い。

1位:保冷タンブラーを使って飲む

保冷タンブラーを使って飲む
1位は保冷タンブラーを使って飲む

保冷タンブラーを使って飲むが家でビールを美味しく飲む方法として人気・注目の理由(抜粋)

・ゴクゴクと一気に飲むタイプではなく、ゆったりと飲むタイプなので缶のまま飲んでいると後半温くなり美味しさが半減していました。最後まで冷えたビールを飲みたいため保冷タンブラーを使っています。

・保冷缶ホルダーも使い保冷タンブラーで飲みます。常に保冷タンブラーと保冷缶ホルダーを冷蔵庫で冷やしておきます。更に美味しく飲むためにはタンブラーの飲み口が薄い事です。

・冷えたビールをじっくり飲みたいので保冷タンブラーで飲みます。グラスと違って水滴も付かなくてコースター要らずなところも良いです。次はビールサーバーを購入したいと考えています。

・キンキンに冷えた、保冷性能に優れたタンブラーを使うことでビールのポテンシャルを引き出すことができ、より美味しく飲めるから。飲み心地が良く作られているタンブラーだと尚嬉しい。

・ビールで大事なのは一口目のおいしさだと個人的には思います。タンブラーを使っている理由はキンキンに冷えたビールがおいしく、長めに飲めるから。また、缶ビールのまま飲むには飲み口が小さいのでのどごしを感じるなら飲み口が広い方がおいしいと感じれるため

・ただ普通にコップに注ぐより、飲みきるまで冷えた状態で飲むことができるため。ぬるくなったビールにおいしさを感じないため、手軽にできる方法として保冷タンブラーを取り入れています。

・ビール専用タンブラーでビールを飲むと、泡もきめ細かく、のどごし良く飲めるため。また、他のお酒も飲むので、ビールサーバー等たくさん飲むことは望んでいないため。タンブラーくらいがちょうどいい。

・飲むなら缶のままではなくタンブラーやジョッキにうつして飲みたいので、手の熱が伝わってビールが温くなったり時間が立ってもぬるくらないように保冷のタンブラーを使用している。