実は下手くそな海外有名サッカー選手ランキングワースト18!評判ほど上手くない・ピークを過ぎた選手一覧!

実は評判ほどサッカーが上手くないとファンに言われている海外有名サッカー選手は誰か。

もうピークが過ぎて下手になっていると囁かれている選手は誰なのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

18位:アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)

アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)
18位はアントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)

アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・チャンスメークや味方のサポートを受けて得点機を演出する能力に長けていますが、そこまでテクニックがあるわけではなく、独力で局面を打開する能力はありません。味方のサポートがあって活きる選手です。

17位:ヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール(ブラジル代表)

ヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール(ブラジル代表)
17位はヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール(ブラジル代表)

ヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール(ブラジル代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・セレソンに欠かせない世界的に有名なレアルマドリード所属のスピード、テクニックが卓越した素晴らしい選手。個人的には好きです。移籍金58億円という若手の選手からしたら凄まじい額ですが、その額にふさわしいかなと思うようなところが決定力です。49試合6得点はすこし評価とは劣っているかなと感じてしまいます。

16位:サディオ・マネ(セネガル代表)

サディオ・マネ(セネガル代表)
16位はサディオ・マネ(セネガル代表)

サディオ・マネ(セネガル代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・アフリカ系の身体能力は備えているが、周りの選手を活かすことが出来ず、ボールが回ってこないと持ち味を活かせず、孤立してしまう印象。ボールが回らないよう相手からのマークが強く、一人で打開できる力がもう少しあっても良い印象。

15位:トニ・クロース(ドイツ代表)

イケメン トニ・クロース(ドイツ代表)
15位はトニ・クロース(ドイツ代表)

トニ・クロース(ドイツ代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・W杯の優勝候補のドイツチームのなかでは、あまり良いプレイをする選手とは思えません。自身が在籍するチームプレイ時はレッドカードも多く、乱暴なプレイスタイルが目立つからです。

14位:トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド代表)

トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド代表)
14位はトレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド代表)

トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・若さもあり、世界中で期待されていた選手でしたが、守備能力で弱みを感じます。DFにとって最も重要な対人能力の底上げが期待できない限り、世界的な選手にはなれないと思いました。これからどんどん試合経験を積んでもらいたいです。

13位:ネイマール(ブラジル代表)

ネイマール(ブラジル代表)
13位はネイマール(ブラジル代表)

ネイマール(ブラジル代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・ネイマールはうまいのですが、最近体が太ったりと以前の動きができなくなってるのが、あまり上手く無いように見えてきました、あとは大袈裟なファールアピールなどがありそれが原因です。

12位:ハリー・ケイン(イングランド代表)

ハリー・ケイン(イングランド代表)
12位はハリー・ケイン(イングランド代表)

ハリー・ケイン(イングランド代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・すごいうまいと思うけれど、万能な選手でボストプレーなどもできてなんでもできすぎるだけに、個性があまり感じられ無いというか、印象がどうしても薄くなりがちだと思う。

11位:フィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表)

フィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表)
11位はフィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表)

フィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・彼の対人の強さはすごいし世界トップレベルなことは間違いないと思うけど大怪我をして復帰したあとはスピードも落ちた感じがするし元々足の速さでなんでも賄えるから適当なポジショニングで間カバーできていたのが怪我後はそれが効かなくなってかなり怪我前より落ちた印象

10位:ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表)

ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表)サッカー選手
10位はブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表)

ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・マンUの中心選手であることは認めるが、個人での技量のうまさというよりもチームプレイの中で活きている選手だと感じている。28戦無敗のマンチェスターシティからゴールを奪うなどピンポイントで活躍する人のイメージが強い。

9位:マヌエル・ノイアー(ドイツ代表)

マヌエル・ノイアー(ドイツ代表)
9位はマヌエル・ノイアー(ドイツ代表)

マヌエル・ノイアー(ドイツ代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・マヌエルノイアーは、特に全面に闘志剥き出しでボールをキーパーエリアから外に出てするのが良いという人もいますが、逆に味方がボールを取られて速攻を受けた時に凄く危険に感じます。

8位:マルコ・アセンシオ(スペイン代表)

マルコ・アセンシオ(スペイン代表)
8位はマルコ・アセンシオ(スペイン代表)

マルコ・アセンシオ(スペイン代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・マルコス・アセンシオ選手の印象は、怪我が多くプレイに波がある選手と感じています。良い時は観衆を沸かせるプレイもたくさんするんですが、悪い時は試合から消える時間もあり、才能を持て余しているような気がします。

7位:リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
7位はリオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・数年前は最強だったが、最近は熱心に走るような守備ができないなど欠点が目立つようになってきた。あのくらい負担を免除されてプレーすれば、今のメッシより活躍できる選手はたくさんいると思う。

6位:エデン・アザール(ベルギー代表)

エデン・アザール(ベルギー代表)
6位はエデン・アザール(ベルギー代表)

エデン・アザール(ベルギー代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・あくまでも現在のアザールについてですが、もはやチェルシー時代のプレーを見ることは叶わないと思った方が良いと思う。トッププレーヤーになれる素質は十分あったと思うが、残念です。

・チェルシーにいた際はフィットネスも整い、体躯の割に当たり負けしない体の強さ、ボールタッチの上手さ、シュートの正確さで得点を量産していましたが、スペインに渡ってからは、フィットネス調整が上手くいかず、体が重くなったのか、プレーが鈍重になった印象です。

5位:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
5位はクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・評判があまりにも高すぎるということが災いして結果を残せていない現状、評判ほどの実力を発揮できていないと思います。

・年齢的なことも要因だと思いますが、さすがにピークを超えてしまったかなと思います。体のキレやキックの精度も、全盛期に比べると見劣りしてしまっている印象がとても強い。

4位:ダビド・デ・ヘア(スペイン代表)

ダビド・デ・ヘア(スペイン代表)
4位はダビド・デ・ヘア(スペイン代表)

ダビド・デ・ヘア(スペイン代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・シュートストップは世界でも有数の素晴らしいゴールキーパーと言えるが、致命的なのが足元の技術の低さ。所属のマンチェスターユナイテッドでも自身のミスから失点を招くシーンが多く見受けられる。

・かつて世界最高のキーパーに数えられていたとは思えない程、近年はミスが目立つし失点も多いように感じます。時折神がかった様なセービングは見せますが、とにかく安定感がなさ過ぎて見ていて不安になるキーパーです、

3位:フェラン・トーレス(スペイン代表)

フェラン・トーレス(スペイン代表)
3位はフェラン・トーレス(スペイン代表)

フェラン・トーレス(スペイン代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・個人的にはスペイン選手はうまく見せるのがうまいけど実はたいしたことない気がします。(われわれアマチュアよりは当然うまいのですが)そういう体の動きをしているからそう見えるのかもしれません。

・オフ・ザ・ボールが特徴の選手とされていてマンチェスターシティから高額の移籍金でバルセロナに来たが、サッカーIQはそこまで高くなく、周りの選手との共有力があまり高くないと思う。

2位:ハリー・マグワイア(イングランド代表)

ハリー・マグワイア(イングランド代表)サッカー選手
2位はハリー・マグワイア(イングランド代表)

ハリー・マグワイア(イングランド代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・昔は凄いセンターバックのひとりである印象が強かったが、近年は安定感にかけていて、ミスが多いイメージがある。センターバックでされると困るミスが起こりやすいので、そこまで上手いとは感じない。

・現在の評価は移籍金100億円超えでマンチェスターユナイテッドに来た時の評価とはだいぶ変わってしまっています。ビルドアップの能力であったり、簡単なミスが目立ち、失点によく絡んでしまう印象です。大柄な体格を活かしたセットプレーなどでは武器になりますが、DFとしてはやはり守備の部分で不安要素が大きい選手です。

・そもそも評判が良いかは微妙なところですが、現代フットボールにおけるセンターバックとしては役不足の印象です。フィジカルは優れているかもしれませんが、足元のスキルやスピードがあのレベルではプレミアのトップでコンスタントにプレーするのは難しいだろうと感じます。

1位:ティモ・ヴェルナー(ドイツ代表)

ティモ・ヴェルナー(ドイツ代表)
1位はティモ・ヴェルナー(ドイツ代表)

ティモ・ヴェルナー(ドイツ代表)が海外サッカートッププレイヤーの中で実は下手だと言われる理由(抜粋)

・ドイツ代表での活躍はいいが、チェルシーに移籍してからはさんざんでした、世界最高峰のプレミアリーグではこの速さも強さも全く通用しなかった、ゴ-ルへの嗅覚も次第に欠如していった。

・一時期ウィングから攻められる選手として今後重宝されると感じていたが、スピード以外に武器があまり感じられなくなってきた気がする。第1期ライプツィヒ時代の良さが見られず残念。

・ライプツィヒからチェルシーに加入したものの、ライプツィヒ時代に見せていた決定力を見せることが出来なかった印象です。チームが合っていなかったのか、スピードに乗ってゴール前にポジション取りはできるものの、シュートは外してしまう、という機会が多く、残念でした。

・ドイツ・ライプツィヒでの活躍が評価されチェルシーに加入したが、足元でのプレーが求められる場面でミスを繰り返してしまうなど、世界トップレベルのプレミアリーグでは実力不足な感を露呈してしまった。