サレタガワのブルー面白い?つまらない?ドラマ版感想口コミ評判!あらすじひどい?

サレタガワのブルードラマ感想口コミ評判!

サレタガワのブルードラマ感想口コミ評判

原作の漫画も話題になった作品、「サレタガワのブルー」が放送開始です。

ドラマ版サレタガワのブルーは面白いのかつまらないのか、感想口コミ評判をみてみましょう。

サレタガワのブルー公式webサイトはこちら
サレタガワのブルー公式webサイト

ドラマ版サレタガワのブルー面白い?つまらない?





ドラマ版サレタガワのブルー前評判:面白そう・楽しみ

・キャストが以前私が見ていたドラマに出ていた人なので、とても興味があります。口コミ的にはまあまあといったところで、まずはどんなものか見てみないとと思っています。ネット情報では、原作と違うようでその点も気になっています。

・こちらの原作は漫画サイトの無料で見られる範囲内で拝読していましたが、課金するかスマホの前で何度か悩むほど先か気になっていました。結局課金はしませんでしたが、ドラマにより結末が見られるのであれば気になっていたので楽しみにしています。

・以前マンガで少し試し読みをしたことがあります。今よくテレビで見聞きする「不倫」がテーマだと思いますが、一見幸せそうな夫婦がどのように変わっていくのかが楽しみです。こちらは似たような出来事が現実にありそうなので興味があります。

・漫画をずっと読んでいたのでドラマ化されるのが凄く嬉しい。セモトさん、凄い!キャスティングは、あまり聞いたことない人ばかりだけど(すみません)顔見たら、あー愛子さん!ノブくん!とすぐ分かるし違和感がない。録画予約してます!本当楽しみ。

・安易に有名キャストを使ってないのがいい。いかにも不倫しそうな感じのキャラクターではなく、男も女も近所や友達にいそうな身近で清純な感じで、かえって怖さがあっていいかも。深夜放送なのもあり際どいシーンもたくさんありそうで期待している。ただ全国放送でなく私の居住地から見れないのが残念。

・高収入でイケメンのダンナさんと可愛い奥さん、まさに理想的な夫婦の形です。それなのにダンナではなくて奥さんが職場の上司と不倫しているんなんて、予告動画を観るだけでドキドキしてしまいます。不倫にはまりながら夫の前では可愛い奥さんでいるなんて、不倫をゲームのように楽しんでいるみたいで驚きます。私はもちろん不倫はしないけど、自分の欲望を我慢しないって、ちょっと羨ましくもあります。不倫をされた側が復讐するそうで、これもすごく楽しみです。

・職場でのパワハラやセクハラ、そういったものを生生テーマに使ったドラマのような感じを受けた。現実社会でも、そういうものはされた側しか、気にしていないのが現実です。そういうものを、痛快に解決して.一緒にドラマの中で共感して、入りこめれば面白いだろうと思いました。

・私は人の不幸が大好きです。そのため、不倫による争いは面白そうと思いました。不倫関係に気づいた主人公はどうのような復讐をするのか。裁判など公的処置をして追い詰めるのか、殺してしまうのか、展開が楽しみです。

・ケータイのアプリでこの漫画を読んだことがあり、とても面白かったのでドラマ版もかなり期待しています。不倫をする妻の役を、つい最近乃木坂46を卒業したばかりの堀未央奈さんがどのように演じるのかも楽しみです。

・まず、読んだら不倫をしたくなると言われている漫画を原作としている時点ですごく面白そうだなと思いました。また、妻・藍子を演じる堀未央奈さんは乃木坂46を卒業して初めての主演ドラマということで、ベットシーンもあると噂のこのドラマでどんな演技をするのか気になるというところも面白そうだなと思いました。

・ドロドロした不倫ドラマとなり、愛憎うごめく展開になりそうです。不倫をした側、された側それぞれの気持ちを表現しながら、夫婦とはなんなのかを考えさせられそうです。結婚してパートナーがいるのになぜ不倫をするのか気になるところです。

・元乃木坂46の堀未央奈さんのようないかにも清楚で一途な感じの女性が不倫に興じるという初期設定に意外性がありすぎて面白いと思いました。不倫とモラハラが交差する展開からは泥沼な終演しか思い付きませんが、堀さんの変貌が楽しみです。

・不倫の話なので、ドロドロな感じなのか、明るい感じなのか楽しみです。犬飼貴丈さんもかっこよく、堀未央奈さんも個性的で素敵な女性だと思うので期待です。読んだら必ず不倫したくなるのマンガなので少し怖いですが、マンガも読みたいと思います。

・不倫を「シタガワ」と「サレタガワ」の相反する二つの立場があり、「シタガワ」が悪であるという世間一般の常識とは違った、「シタガワ」の正義が描かれていることを期待しているから。また、二つの立場が真っ向から対立し、互いに本気でぶつかり合う様子も見てみたから。

・題名からされた側、した側両方の展開を見ることができそうで面白そう。また女が浮気をされる側が描かれていると予想できるので世間の浮気=男がするものではない側面が見れそうで、今までにはない感じなので気になる。

・ピュアできゅんきゅんできる恋愛ドラマも大好きですが、このようなドロドロ系のドラマも大好きです。友達が漫画がおもしろいと言っていたので期待しています。主演の犬飼くんがかわいい!浮気されて可哀そうですが、愛する妻の浮気をどう受け入れて対応していくのか楽しみです。

・主演の犬飼貴丈さんは、「仮面ライダービルド」に出演したこともあり非常に興味があります。恋愛ものはあまり観ないのですが、出演者への興味の方が強いです。原作コミックスは4巻までの発売が決まっている比較的新しい作品なので、原作を後追いしやすくも感じました。

ドラマ版サレタガワのブルー前評判:つまらなそう・面白くなさそう

・正直に言うと最近の不倫系のドラマには、似たような展開も多く最後まで見ようと思えるものは、ほとんどありませんでした。このドラマに関しても、あらすじや写真を見る限りは、似たような内容になるのではないかと思うので、つまらないかなと思いました。

・原作自体もしらない作品なのですが、あらすじをみてみましたがドロドロした関係性の作品ぽいなと思いました。うたい文句に「読んだらあなたも不倫をしたくなる」と書いてありましたが、一部の人にしか響かなそうな感じであまり見たいとは思いませんでした。

・あらすじにあまり興味をひかれなかった。日常に近い仕事や日常の人間関係のドラマは会社で働いた後や、コロナのこのご時世で人間関係を見つめなおした現在みると、仕自分の状況と比べて落ち込むため。又、不倫やいじめなど、ネガティブイメージのドラマは個人的に避ける傾向があるので。

・不倫系のドラマは個人的にちょっと苦手です。気分が重くなってしまいます。イケメンな旦那さんと可愛い奥さんで、画的には楽しめそうだなと思いました。ただ深夜の時間帯ということもあってあまり見る気にはなりませんでした。

・知らない俳優さんだからということではないですが、特に興味を示しませんでした。不倫と言うのは未婚の私でも誰かを絶対に気づつける行為と言うことはわかります。以前に不倫のドラマが一時期流行り、世の奥様はその現実逃避なシチュエーションに憧れていましたが、個人的には人を気づつける行為はドラマでも不快に感じるのでその恋愛観にはあまり感情移入もできないので見ないと思います。

・漫画原作読者なのですが、岩岡さんキャスティングは少々若すぎるのではないかと思いました。田川暢は若くて、なんでも尽くしてくれるのに対し、森和正は30代後半のどことなく残る昭和っぽい価値観の男らしさを持った人なので、そこのコントラストを出せるのかが不安です。そこがはっきりすることで田川藍子がただの嫌われ役にならず、面白みが増してくるのではないかと個人的に思っています。

・ドロドロ不倫ものが大体嫌い。あまり有名な俳優女優も出ていないのでもしかすると、ハードな濡れ場もあるかも?とも思うけれどいまのテレビ事情ではそれも無理だろうからあり得ない展開に持っていって視聴率稼ぎに行くも爆死というパターンではないかと思われるから。

・設定がまず面白くなさそう。漫画原作のようだがそんな有名な漫画では無さそうだし、役者が知らない人ばかりで見る気がしない。ストーリーに深みもでなそう。ポスターや番宣からしても期待が持てる感じがしないため見ないと思う。

・キャストの知名度がなく事前に情報だけでは面白そうという印象が持てない感じがします。不倫ドラマは既になんども見ていてテーマに飽きているのと原作マンガが読んだら必ず不倫したくなくなるマンガというキャッチをつかっていて単純に不快に思ってしまいます。

・あまり興味を惹かれませんでした。よくある不倫ものなのかなという印象です。すごいドロドロしていそうな感じや悪女っぽいのが出てくるのは(偏見ですが)昼ドラっぽさを感じました。そういうのが好きな方には面白いのではないかなと思います。

・ 不倫された側の復讐を題材にしたお話という事で、見る前からあまりハッピーエンドは期待できないのかなという印象です。不倫で燃え上がってる姿を見るのも嫌だけど、復讐がうまくいった姿を見ても個人的にはあまりスッキリしません。

・サレタガワがそもそも読みにくく、プラスでブルーというカタカナが続くので、少しタイトルが渋滞しており悪い印象を産んでいると思う。サレタガワが何か分からないが当て字でサレタガワとよみ漢字にした方がまだましかなと思った。

・題名からまったく意味をつかむことが出来ないから。もし、イメージ画像などが添えられていれば題名とイメージ画像の2つを見て総合的に面白そうかどうかを判断することが出来るが、流石に題名だけだとわけがわからない。