東京卍リベンジャーズのストーリーがひどい・つまらないと不評の理由!人が死にすぎ・雑・予定調和すぎる

東京卍リベンジャーズストーリー不評つまらない理由

東京卍リベンジャーズが世間の盛り上がりに反して、ストーリーがつまらない・ひどいと不評なのはなぜなのか。

雰囲気だけの作品といわれてしまってる理由について、みんなの意見をみてみましょう。

ストーリーがありきたりすぎる

・一つの困難を乗り越えたと思えばまた現代に戻って雛と再会するとまた殺されてまた過去に戻っての繰り返しで見るのをやめてしまいそうになることがある。また、登場キャラがおおいので名前が覚えづらく、過去と現代で見た目が変わっているとわからない。

ストーリーが練り込まれていない

・主人公の武道がタイムリープする理由の現代で亡くなった初彼女である橘 日向を助けるということで、ずっと彼女だったなら分からなくはないんですが、橘日向と武道は10年以上会っていないところはどうなの?タイムリープをもっと上手く使えるんじゃないかと思ってしまう。

似たような作品が他にある・パクリっぽい

・時間が巻き戻る系のアニメは他にもかなりあると思う。時間が戻る系だったり、ループ物のアニメが流行ったからそのブームに乗っているという感じは否めない。

テーマがよくない

・タイムリープとしてはいいが、台詞回しとヤンキーを題材にする所は不満です。クローズなどで出し尽くした感はあります。今の時代に合うヤンキーならまだいいが特攻服やありきたりなホスト風など統一性もなくストーリー設定がいいので勿体無いです

・いわゆるヤンキー漫画なのだから暴力的な表現があるのは当たり前だとしてもよく人が刺されるなにかあると簡単に刺してしまうような印象を受ける。今の時代を反映してるようなところもあるのだろうが登場人物が中学生であることも考えると、どうなのかなと考えてしまう。

伏線が回収されなさそう

・最初のタイムリープの条件は何か。最初は直人と握手をすることが条件であったはずなのになぜ最初タイムリープでき、そしてそれをタケミチが記憶を保ったまま戻っているのか。その辺は最初の導入のため、考え出せば物語が始まらなくなってしまうかもですが。またその後のタイムリープでは現代に戻った際に直人が状況の変化に気づいていることもある。伏線として最終話までに明らかになるのであると期待し今後がより一層楽しみ。

・まだ完結してなく謎が解明されていない部分もあるが、タイムリープする時代がいつも都合がよすぎる。なぜその時代に戻るのか。現在最終章だが、そういった伏線も回収されるの期待が薄い。きさきの悪から守るなら、小学時代に戻ってきさきを不良の道に進まないようにすべきだし、マイキーを闇落ちから救うなら、幼少期に戻った方がよさそう。なぜ中学時代、高校時代(三天時代)にタイムリープしたのか、そこじゃないといけなかったのか、もしくはそこしか戻れなかった理由が、完結するまでに回収されないと思います。

全然話に入り込めない

・タイプリープもので面白いという評価もあり見てみたが、確かに面白く感じたけどだんだんヤンキー社会の謎ルールとか、ヤンキー好きにしか分からんカッコ良さ?に共感できなくて冷めてしまった。そもそも不良や反社会的行動する人達をカッコ良いとは思えないので結局アニメは20話くらいで脱落しました。あと主人公がウダウダしてるのがうざく感じた。

・登場人物が多くて人物相関がつかみにくい。そのため、一話ごとやストーリが動くごとに名前とキャラクターを一致させる必要がある。その点で話に入り込めない。見るのならば一気見しないとストーリが覚えられない。一気見ならハマると思う。

話の先が読めてしまう・予定調和すぎる

・どうしてもしょうがないことではありますが、アニメとマンガの差があって友人や動画などを介してネタバレをくらうのが嫌と感じました笑。さきが読めてしまうというのは、そう言った意味でこの理由となります。ストーリー的にはよく作り込まれていて好きな話の展開です。

・主人公が昔にタイムワープして、その恋人を助けるために努力する、というよくある話で、タイトルリベンジとあるように、最終的には最初の「日向を助ける」という目的通りの結果になる。ここでこうなってほしい、という読み手通りに進むので悪く言えばつまらないが、よく言えばわくわくする。

・わかりやすいストーリーではあるけれど、予定調和過ぎて、次はこのキャラが助けに入るんだなとか、また主人公が他のキャラに励まされて奮起するんだなとか分かってしまう。感動的なシーンを作ろうとするのはわかるけれど、先が読めるので若干醒める。

話の内容がわかりにくい

・正直主人公のタケミッチが何度も過去にタイムリープして現代の変わり方が毎回違ってくるので、そこで理解するのに多少時間がかかってしまいます。過去に戻る時もどの場面に戻るかが明白ではないので何処が変わったのかが分かりにくいです。

・まず、現在と過去を行き来するタイムリープものというのはよくわかりました。しかし、過去に起こした行動によって、現在が書き換えられてしまうため、過去の行いから現在に戻った時、その時の過去からの世界軸でどのようなことが起こって現在そうなったのかという点が分かりづらいです。

・話の内容が分かりにくいと選んだ理由は強いて言うならこの作品において原点の”タイムリープ”をしすぎているという所にあると思う。作品がすごく人気で面白い為友人や知人と話す事が多いがこの話が結構出てくる印象にある。過去に行ってミッションクリア、もしくは何をしたらいいのかを知るために未来に帰ったりするが話がそれによってゴチャゴチャしてしまう人が多い印象にある為、話の内容が分かりにくいを選んだ。

登場キャラがブレすぎ

・ストーリー的には面白い作品だと思う。アニメも漫画も展開が楽しみでついつい先を見てしまう。しかし、主人公の先ほども述べた通り主人公の信念の揺らぎはとても気になる。タイムリープする際に、あらかじめ調べておくべきだった情報も調べておらず、過去に戻って苦戦する様子をよく見かけ、実際に歴史を変えるのは容易なことでないとは思うが、本当に橘日向らを救おうとしているのかと感じる場面が多々あった。

・一虎君の性格がよくわかりません。真一郎くんの店に盗みに入り、謝って殺してしまったにも関わらずなぜマイキー君まで殺そうという真理になるのか。なぜマイキー君のせいだと考えているのかがずっとわかりません。早く少年院を出れるようにマイキー君が証言したのにとドラケン君も言っていました。なのに彼は俺の2年間はと言っていて、狂ってるというより意味がわかりません。

・ヒナのことを二度と離さないと決めたはずのタケミッチが、ヒナとのデートのシーンでトイレに行ってしまった瞬間幻滅したから。行動がぶれすぎていて武道にめちゃくちゃイラついてしまった。ヒナもなぜあんな男が好きなのか分からない。

・過去改変をするのだから登場キャラの設定が変わるのは仕方ないが、武道が過去に戻るたびに〇〇会の〇〇(キャラクター名)といったように所属や立場が変わったりするため混乱するし、以前は何だったか把握しきれない。

ご都合主義すぎる

・ヤンキー漫画は始めてみたのもあり、インパクトがとても強く引き込まれたが、タケミチのリベンジが1度も失敗してないように思える、その日の過去には1度しか戻れない制約があるからなのか、もし失敗したらその日はやり直せない(ばじの死は回避できなかった)から、シュタインズ・ゲートのように失敗したらやり直すてきなのがないのがちょっとご都合主義感を感じてしまう

・武道が東京卍會でスムーズに認められ過ぎている。人間性的に周りが応援したくなったり、マイキーやドラケンと仲が良いからという理由で認められるのはわかるが周りが何も思わない筈がない。漫画だからというのもわかるが、そこだけもっと人間の悪い部分や黒い部分があっても良かったのかな?と思う。

・場地圭介が死んだのに相手チームが傘下に入ったり、稀崎がそのまま普通に卍会にいたり、あれだけ怒っていたマイキーが一虎を簡単に許したり、なぜという所で説得力に欠ける気がする。そもそも一虎がマイキーを恨む理由にも無理がある。

・黒川イザナ編の時にタケミっちが天竺の構成員と戦闘することになりますが、思いの外戦えていることにはビックリした。タケミっちが天竺の構成員をぶっ飛ばすのは流石に喧嘩強くしすぎてしまってる気がしました。弱いけど心の強いタケミっちだからこそ魅力的なのに、、と思いましたね。

・最新話の方では、ドラケンが死亡してしまった。おそらく何かの伏線(マイキーを説得させるため、近づくためなど)として使われることになる。これは馬地やエマ、真一郎が亡くなった時にように、マイキーに何か感情を揺さぶるためのきっかけとして扱われるんだろうな、と思ってしまった。そのためだけにマイキーと親しいキャラクターが徐々に死亡しているように思える。

その場しのぎ的な話の展開・ストーリーが雑

・ようやく解決したら、次の場面ではもう結局さっきのは意味がなかったみたいな展開になるのはちょっと見ていてつかれる。でもそこが良さでもあるから仕方ないけれど、見るときは元気な時じゃないと私は見れないなぁ。

・稀崎鉄太の行動の動機が納得できない。変態感は感じるけど、もっと狂気を感じるような(私が引くような)動機があっての行動であると、よりストーリーを楽しめた気がする。恋心と言われてしまうと、動機が悪いことではないので、悪を全否定できずに消化不良です。

・せっかくいいテーマにいいキャラクターといいものをたくさん持っているのに最近は引き延ばしが過ぎるように感じる。キサキをしとめるところをもうちょっとちゃんとやってほしい。加えてキサキ以外に黒幕を添えるならぽっと出のキャラクターではなくよく知った顔を早めに出さないと、キャラクター変えただけでやっていることが同じになってしまうと感じた。

・「タイムリープもの」という、重いテーマを扱っているわけだから、主人公のタケミっちがもう少し自分の能力について重く受け止めてほしい。一つ解決したから現在に戻ってみた。しかし、状況がさらに悪くなっていて、その原因の人がわかったから、なんとかしにまた戻る。同じことを繰り返して、悪くなっていればまたリープして修正すればいい。その能力を使えるのは無限ですか? 副作用はないのですか? その行為は、それぞれの人の人生に介入して、悪影響を及ぼしていませんか?

・タケミッチとナオトが手を握ればタイムリープできる話になっているが、一度過去に戻ってドラケンを助け、現実に戻ってきた際にタケミッチが本屋でアルバイト中に帰ってきましたが、初めの方では過去にタイムリープしている間は餓死状態になっていると説明していたのに疑問が生じた。

設定が適当・作り込みが浅い

・名前ありのキャラクターでも待遇の悪いものたちがかなりいる。強さ的にマイキーやイザナ級のキャラを早々出せないのもあるが同じキャラを何度も使い回して敵として使うなど新鮮味がない。具体的言うと鶴蝶、灰谷兄弟など元天竺メンバーがただの便利な数合わせ幹部になっている。特に鶴蝶は過去の話も出したのだから天竺以外の組織には所属しないで欲しかった。

・当初、現代から過去にタイムリープしている間、現代でタケミチは仮死状態になるという設定だったはずですが、現代に戻ってきた瞬間に結婚式に出席していたりします。これでは仮死状態のまま出席していた?ことになってしまい、そこら辺が曖昧になってきてしまっているのが残念です。

・卵が先かニワトリが先か問題になるが、何で最初の電車の人身事故でまだ助けていないはずのヒナの弟が助けたのか不思議だし、ドラケンが死ぬかもしれてないという争いの時も、たけみっちもヒナも、エマも喧嘩が終わるのが待つんじゃなくて、さっさと警察に電話して、争い自体を防げばいいのに、わざわざ戦うのが大人が戻ったわりに作戦がバカだと思う。場地くんが死んだ日も、誰かが死ぬと前もって分かっていたんだから、警察に決闘の場を密告してそもそもまだ子供の東京卍から小さいうちに潰せばいいのにと何度か思ってしまった。

・タイムスリップし、現代に戻るたび歴史が変わり、過去〜現代の変わってしまったタケミチの人生の記憶が朧げになってしまうところに疑問がある。私はアニメしかまだ見ていないため知らない部分があるかもしれないが、その辺の説明がなく、そんなものなのかなぁと腑に落ちないまま設定を飲み込んでいます。すっぽり抜け落ちたタケミチの空白の12年、もう少し上手く描けないのだろうかと思います。

・そもそも高校生の設定スタートから始まればもっと話に入り込めたと思う。中学生でさすがにあのいかつい見た目の集団は無理がるから、初めのほうはなかなかストーリーに入り込むのに時間がかかった。あと、少し寒いセリフが多め。

話の展開が遅い・テンポが悪い

・無理やりストーリーを繋げているように感じる。稀崎の賢さ故だが、武道が幾度となくタイムリープをするが未来は結果的に変わらず、そこのやりとりが長く感じてしまう。長い上で伏線の内容がそこまで深くないというところもネックなところ。

・主人公はたびたび危機や困難に直面するが、一度迷い不安になり思考停止しそうになる。そしてすぐヒロインを思い出し奮起する。目の前で人が死にそうな状況でもそんなことを毎度繰り返すので、見ていて飽きる。またこの展開か・・・。と思う読者は多いだろう。

・毎週アニメを見ているのですが、行ったり来たりする部分もあり、すこし歯痒く感じる部分もあります。何度も過去をやり直していくことで未来が少しずつ変わっているのはとても面白いのですが、一回の放送されるアニメの中でもう少し展開がすすんでもいいのかな、と思います。

・とにかく1話に対してコマ割りが大きく、話が中々進んでいないように感じる。コマ割りが大きいことのメリットとして読者を世界観に引き込んでおり、その分コミックス1冊を読み終わるのが早く感じる。だが1冊1冊のストーリーの進み具合が遅く感じる。

・人気が出てきたからなのか、引き延ばしを酷く感じるようになってきた。例えば、1話まるまる敵の紹介をして、その敵の内容について花垣武道が『えぇ!?』と驚いているシーンなど。戦いの最中も『敵にも悲しき過去あり』のような回想シーンをふんだんに描くようになり、その内容も特に感情を揺さぶられる様なものでもないためページの無駄と感じ、酷くつまらない作品になったと感じる。

・テンポが遅いのは仕方ないかもしれない過去にいったり未来にいったりタイムループしますので伏線を回収するのにも時間かかりますし、いろんなキャラはチームがいくらでも作る事ができるので話がなかなか先に進まない

・ヤンキー漫画といえばほとんどが、抗争、友情、死、などが多いですが、東京卍リベンジャーズは昔にタイムスリップして、登場人物の人生を変えようとするところが面白いところです。しっかりと内容を理解していないと、タイムスリップのしすぎじゃないか?と現実的な感想も持ってしまいます。

登場人物が死にすぎ

・バジさん死なないでほしかったとどうしても思ってしまうから。もう少し活躍が見たかった。こんなカッコいい人いたんだ!って惚れた瞬間いなくなってしまった…あとは死ぬ時に駆け寄って欲しかった最期の言葉をきいてほしかった。

・けっこう主要人物が死んでしまう。バジが死んだりするのはちょっともったいないと思ってしまった。まったく死なないのもよくないとは思うが、タイムリープで話が変わって、実は生きてました的なほうがよかった。バジが好きなのもあるが。

・佐野万次郎など凶暴なキャラクターが多いし、みな凶悪で、すぐ敵対するグループの人間を殺そうとするところがあまり好きになれません。少し少年マンガのレベルを超えてしまっているような気がするし、こういう不良に憧れる若者が出てこないと良いです。

・毎回誰かが死んだり、警察に捕まり、事件が起こる。もう何人死んだのかな、佐野真一郎(マイキーの兄)、場地圭介、多く死んでいるのはこの2人かな千堂敦(あっくん)と橘日向(ヒナ)、深く悲しみ落ちる花垣武道(タケミっち)をあまり見たくないかな。

・アニメの世界ではあくまで中学生の不良達の物語だけど、殴り合いでひどい怪我をする場面も千冬がバルハラにいる場地にめちゃくちゃに殴られてるところも、血のハロウィンで場地が刺されて死んだ場面も正直グロすぎると思ったから。

・選んだ選択肢から少し逸れますが、私は主人公の戦闘力が高いアニメが好きです。せめて作中でどんどん成長していってほしいのですが、当作ではなかなか弱いままです。唯一未来を知っていながらも、そのせいで場地圭介から殺されたのは弱いからだとも思っていますので、この選択肢を選びました。

・まずマイキーのお兄ちゃんの真一郎君が出てきて直ぐに殺されてしまったので、少しマイキーの家族のエピソードが欲しかったなと思いました。マイキーが好きだったということはなんとなく伝わりますが、真一郎君もヤンキーだったのかとかいろいろとと気になります。

・登場人物が毎回死んでそれを過去に戻っていき、未来を変えていくストーリーではあるが、それにしては未来でたくさんの人が死んでしまうため少し悲しい部分ではある。また、過去でも人が死ぬためこれから楽しみな登場人物の場合はとてもさみしい部分がある。

・ヤンキーを主体としたストーリーであるため、ある程度、流血をはじめとする物騒なシーンがあることは否定しないが、高校生がメインキャラクターであるにもかかわらず、どんどんと死んでいってしまうのは現実味に欠け、物語への没入度を下げてしまうため。

・何度も、過去に戻って助けているが、登場人物が死んでしまう場面が多すぎる。そこが話の中心になっているのはわかるが、もう少し、他の内容で充実させてほしいと思う。キーマンが死んでしまい、もう生き返ることができない人が多すぎるのも気になる。

・中学生の喧嘩で死人は、やば過ぎると思います。個人的にバジがめちゃくちゃ好きだったし、人気のあるキャラだったのに関わらず死んでしまったので凄くショックでした。最新話でもドラケンが死んだのかなと思うともっと別のキャラが死んだ方がいいと思ってしまいました。

・場地や木崎の主要キャラが死ぬのはどうかと感じている。場地に関してはタケミチへ意思を繋いでいる死に方だったので腑に落ちたが、木崎に関しては案外あっさりと死に落ちで少し興醒めな印象もあったのが本音ではある。

・とにかくそれにつきます。ただ、物語を進めていく上では、必要なのかもしれません。けど、やっぱりキャラが死ねば悲しいし、複雑な気分です。きちんと話の筋が通っているので、それも含めて、楽しむことができていますが。

・過去編での真一郎の死、場地の死、イザナの死はストーリーの進行上は仕方なかったとは言え、ファンからしたら生きてて欲しかったので悲しかった。稀崎の死は正直どうでもいいが、少し意味深なラストだったので、次のストーリーに繋がっているのを期待しています。

・登場人物が多すぎると思います。喧嘩漫画なので仕方ないと思いますが、キャラも殺し過ぎだと思います。又、子供にも見せるには少し頭を抱えてしまいます。少しぐろいですし親は喜んで子供には見せられないと思います。

・とても引き込まれて面白い漫画なのですが少年たちのストーリーなのにどんどん仲間が死んでいくので見ていて悲しくなってしまいます。もう少し大怪我で入院して問題が解決したころに退院してみんなが集まって笑顔で終わった方がいいのかなと思います。

・進撃の巨人や鬼滅の刃のような有名作品と同様に、登場人物がよく死んでいる印象です。好きなキャラクターの死はとても悲しいですし、そこで退場させる必要があったのかと悲しくなってしまいます。しかし、キャラクターがよく死ぬ作品は有名作品でもあるのかとも思います。

・ただの不良の喧嘩が戦闘シーンなのにやっていることがヤクザに近い。誰かが死ぬたびにタイムスリップして、過去を変える目的のために阻止しようとしているのにもかかわらず、あっさり死んでいる強キャラがアニメでも多くいるし、殺人アニメ漫画なんじゃないかと思ってしまう。