全国47都道府県貰っても嬉しくないお土産ランキング!飽きた・美味しくないと不評不人気な土産はどれ!

貰っても嬉しくない全国47都道府県の代表的なお土産はどれなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

20位:愛知県:カエル饅頭

20位は愛知県:カエル饅頭

愛知県:カエル饅頭をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・名古屋土産で有名なカエルまんじゅうで、包装紙や箱にカエルの絵が描いてありとても可愛い。中身のおまんじゅうもカエルで、ふんわかかわいい笑顔のカエル達が所狭しと並んでいますが、中身のこし餡が、甘味が足りない。バラエティの抹茶あんは色だけで味がイマイチ。

19位:京都:八つ橋

お土産京都:八つ橋
19位は京都:八つ橋

京都:八つ橋をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・八つ橋のおせんべい状の物は独特な味であまり好きでは無い為、頂いても嬉しくないかも知れません。柔らかい物は割りと食べますが、やはりシナモン?生姜?みたいな味が気になります。小さい頃から沢山頂いて来たので、多少飽きが来ているのが理由の一つでもあります。

18位:広島県:もみじ饅頭

お土産広島県:もみじ饅頭
18位は広島県:もみじ饅頭

広島県:もみじ饅頭をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・全国的知名度が上がってしまったせいか、どこでも買える銘菓になってしまった気がします。味自体も変わり種以外は普通のおまんじゅうですし、パッとしないのが残念です。お土産でもらうなら、別の銘菓にして欲しいというのが本音です。

17位:山形県:乃し梅

17位は山形県:乃し梅

山形県:乃し梅をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・シンプルに梅が苦手です。そして、グミっぽいものも苦手です。調べたところ、梅の風味が強いようで、私と同様で苦手な方も多いようです。お土産は小分けで仕事の合間にさっと食べられるようなものが私は好みかなと思います。

16位:山梨県:桔梗信玄餅

お土産山梨県:桔梗信玄餅
16位は山梨県:桔梗信玄餅

山梨県:桔梗信玄餅をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・信玄餅はよく食べますが味はとても美味しいです。ただ少し小さな入れ物なので、こぼしやすく、きなこや蜜をつけて食べるのが手間だなあと感じる点です。一つ一つ個包装で贅沢な感じはしますが食べやすさを重視したいです。

15位:鹿児島県:かるかん饅頭

15位は鹿児島県:かるかん饅頭

鹿児島県:かるかん饅頭をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・おまんじゅうは基本的に好きですが、かるかんは生地のぱさつきがあまり好きではありません。少し食べるくらいはおいしいと思いますが、ひとつが大きめなのもあるので全部食べるころにはいまいちかなと感じてしまいます。

14位:鳥取県:砂たまご

14位は鳥取県:砂たまご

鳥取県:砂たまご をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・作り方に珍しさはあるけど、ゆで卵はゆで卵なのであまり貰っても嬉しくないです。話のネタとして少し盛り上がるかもしれませんが、こんなのあったよって言うお土産話で知れれば良いかなぐらいに思います。せっかくもらえるなら美味しいものがいいです。

13位:東京都:東京レンガぱん

東京都:東京レンガぱん
13位は東京都:東京レンガぱん

東京都:東京レンガぱんをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・東京にはいろいろなおみやげ物がありますが、東京レンガパンを東京名物として認めたことが無かったからです。
知名度が低く、もっと他に気の利いたパンは東京に何種類もあります。その中でこれを土産物として選んだことのセンスの無さを感じます。

12位:北海道:マルセイバターサンド

北海道:マルセイバターサンド
12位は北海道:マルセイバターサンド

北海道:マルセイバターサンドをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・北海道のお土産で比較的よくいただくバターサンドですが、レーズンが苦手なので美味しそうだなと思うのですが食べられません。レーズン抜きのバターサンドがあったら是非食べてみたいなぁと思うのですが、まだ出会ったことがありません。

11位:愛知県:ゆかり

愛知ゆかり
11位は愛知県:ゆかり

愛知県:ゆかりをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・決して味が不味いとかではないがあまりうれしくはないと思う。お土産にするには少しだけ割高な点もあるのでもらう方としても少し気が引けてしまう。送る相手が甲殻類アレルギーではないことを確認しないといけない点でも不利かと思う。

・「ゆかり」は好きな味でおいしいと思うのですが、法事の席でよくお世話になっているイメージがあります。そのため、お土産でいただくとしたら、他のもの(手羽先やみそカツなど)の方がうれしいのと、お土産感があると感じたためです。

10位:宮城県:ずんだ餅

宮城県:ずんだ餅
10位は宮城県:ずんだ餅

宮城県:ずんだ餅をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・嬉しくないというわけではないですが、山形県在住ということもあり、駅ビルなどでもずんだ餅が買えてしまうので、珍しさにはかけてしまうかなと思いました。もちろん味は美味しいのですが、食べなれているという点で選びました。

・こちらも知り合いが宮城県に行った際に買ってきてくれて頂いたのですが、知り合いは美味しく頂いておりましたが私はあまり美味しく頂けませんでした。苦い訳ではないのですが、豆の味が青くさい感じが苦手で食べきれませんでした。もう少し甘味とかあれば良かったです。

9位:埼玉県:草加せんべい

埼玉県草加せんべい
9位は埼玉県:草加せんべい

埼玉県:草加せんべいをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・「しょうゆ味のお煎餅」という意味ではめずらしいものではないのと、個人的に固いものが苦手で、特に一口目噛み割るのに手間取り一枚食べるのに時間がかかるので、お土産で頂いてもテンションが上がるものではありません。

・せんべいはあまり食べないので草加せんべいは美味しいと思うけど貰っても食べきれません。硬くてお茶には合うけど、コーヒー好きにはせんべいはあいません。色んな味のせんべいが出ているようですが、一枚食べたら満足かも。

8位:三重県:赤福

お土産三重県:赤福
8位は三重県:赤福

三重県:赤福をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・とても美味しくて好きな銘菓のひとつなのですが、とにかく賞味期限がはやいのが残念です。ひと箱に12個くらい入っているかと思いますが、そのうちの1個食べるだけでも満足度が高いのに一気に食べてしまわないといけないため一人暮らしとしてもらうお土産としてはあまり嬉しくないと感じます。

・小学生の修学旅行でおみやげで買って食べたときはとてもおいしく感じましたが、大人になってからおみやげでもらうとあんこが甘すぎる印象を受けます。地元の最中や御座候という今川焼が特に安くてあんこがおいしいので、赤福もちは正直あまりうれしくないです。

7位:神奈川県:にじいろラスク

神奈川県:にじいろラスク
7位は神奈川県:にじいろラスク

神奈川県:にじいろラスクをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・見た目も可愛く子供受けは良さそうだし、最近流行っているみたいなのですがあまり好みの味ではなく似たようなお菓子をスーパーでも買えるかなぁと思うので選びました。でもお土産でいただいたら子供は喜ぶと思います。

・神奈川県にはもっと有名で美味しいお土産がたくさんあるので、期待を裏切られたような気持ちになってしまいます。しかもラスクなら身近でももっと美味しいものが安価で食べられるのでなんでわざわざ……と思ってしまいます。

6位:北海道:白い恋人

白い恋人
6位は北海道:白い恋人

北海道:白い恋人をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・札幌出身なので、小さい頃からいつもそばにある「白い恋人」です。少し食べ飽きているところもありますが、何か札幌からお土産を買っていく際には購入していくかもしれません。誰もが好みますし、私の中の王道中の王道です。

・以前旅行に行った際にお土産用に購入しましたが、自分で食べてみて特別美味しくは感じませんでした。わりと似たような商品が多い様に思うところもあるかもしれません。正直普通のスーパーでも似たようなものを買えるのではと思ってしまいました。

5位:宮城県:かもめの玉

宮城県:かもめの玉お土産
5位は宮城県:かもめの玉

宮城県:かもめの玉をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・不味い訳ではないのですが口の中がパサパサになるのと個数が多いと飽きてしまうため(昔友人にお土産で貰いましたが数が多くて家族でも食べきれなく、廃棄することになってしまい申し訳ない気持ちになった事があり、その思い出があるため少し苦手)

・宮城県の「かもめの玉」です。東京のごまたまごを小さくしたような感じのお菓子です。中に入っている餡はねっとりとしていて、とてもおいしくて好きなのですが、まわりのホワイトチョコが少し苦手なので選びました。

・名前からイメージしにくいからでしょうか。県民の方には申し訳ないですが。検索してみたら かもめの玉子というお菓子がヒットしました。かもめの玉 という名前からではそれが何なのか、あるいはどんな味なのかをイメージしにくかったからということになりました。

4位:神奈川県:鳩サブレー

神奈川県鳩サブレ
4位は神奈川県:鳩サブレー

神奈川県:鳩サブレーをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・鳩サブレーはもちろん私も食べたことがあり、味はとってもおいしいと思います。しかし神奈川県には他にもおしゃれでおいしいお土産があると思うので、あえて鳩サブレーじゃなくてもいいかな、、と思ってしまいました。

・神奈川県のお土産、というより関東のお土産というイメージです。全国に似たような商品もたくさんあります。お土産としてもらったら「ああ、どうでもいいやつだから適当なの渡しておくかと思われているんだろうな。」と思ってしまいます。

・ご当地だとは知りませんでした。一般的に流通しているように感じました。時折、誰かからいただくのですが進んで食べようとは思いません。鳩サブレ―をずっと毎日個人作成してアップしている人のブログがちょっと狂気じみていたのを覚えています(笑)

3位:静岡県:うなぎパイ

3位は静岡県:うなぎパイ

静岡県:うなぎパイをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・うなぎパイを以前会社の先輩からもらったが正直ただのお菓子でしかなかった。なぜうなぎと書いてあるかも理解できないし、あの糖分がついてるザラメ的なのが見ていて気持ち悪かった。もらうなら紅芋タルトとかそういう甘い系がいいから

・静岡県出身なので、正直うなぎパイには飽きています。こっこをもらった方が嬉しいくらいです。うなぎパイはたまに食べると美味しいなと思うけど、別にそんなに欲しいと思うことはなく、あんまりテンションも上がりません。

・うなぎパイという大層な名前がついていますが、味は普通のパイと大して変わらないのでもらってもうれしくないからです。京都の八つ橋のようなその土地でしか食べることができない食べ物だったらいいのですが、こういううなぎパイは好きではないです。

2位:千葉県:ぴーなっつ最中

千葉県:ぴーなっつ最中
2位は千葉県:ぴーなっつ最中

千葉県:ぴーなっつ最中をお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・ピーナッツはアレルギーがある人もいるためお土産をもらっても周りの人に配りにくい。独特の風味もあり、人によって好き嫌いが分かれるものなのでお土産を配りにくい。中身を他のものに変えてもらえると食べやすいし嬉しい。

・和菓子関係のあんこや餅も得意ではないのですが、特にピーナッツや豆類が苦手です。実物を見たことがないのですが、ナッツ関連のアレルギー持ちなので、この中ではぴーなっつ最中は、もらっても全くうれしくないです。

・私の妻が、千葉県出身で初めての挨拶の際に、私の両親に買ってきたのですが…両親ともにピーナッツアレルギーで私が全部食べた記憶がありますが、やはり最中は大豆の餡が入った最中に限ると思いました。個人的な意見ですが、あまり美味しくなかったです。私は、ピーナッツは好きなので、パンに塗って食べるのが一番ですね。

1位:沖縄県:ちんすこう

お土産沖縄県:ちんすこう
1位は沖縄県:ちんすこう

沖縄県:ちんすこうをお土産でもらっても嬉しくない理由(抜粋)

・ちっとも美味しいと感じません。何故だか解りませんが、本当によく沖縄土産として良くいただきますが、個人的には少しがっかりしてしまいます。手軽でお手頃価格でお土産にしやすいのかも知れませんが、出来れば他のものでお願いします。

・ラードがたっぷり使われていて、ぼそぼそするのがあまり好きではありません。どこにでもあるお土産のクッキーやビスケットの方がよっぽどマシと思ってしまいます。唯一いいところを挙げるとしたら、値段が安くばらまきやすいことくらいです。

・食べるともさもさした独特な食感がして、あまり好きではありません。安いし、たくさん入っているので、沖縄に行った人はほとんどこれを買ってくるので、正直、飽きます。たまに、ブドウ味とかパイナップル味の変わり種のちんすこうも貰いますが、味はほぼ変わりません。

・個人的に甘いものはあまり好まないので、ソーキそばやミミガーなどのしょっぱいものの方がお土産としては嬉しい。沖縄に行く機会がそもそもあまり無いので、その土地でしか味わえない食材や伝統品などを求めてしまう。

・私の好みではないせいもありますが、そんなに美味しいとは思えないので選びました。正直、お土産でいただくと困ってしまいます。サクサク感というか、噛むと妙に粉っぽい感じが苦手です。甘さも味も中途半端というか、これといった特徴がないのであまり美味しいとは思いませんでした。

・沖縄土産といえばちんすこうが有名なのは分かりますが、味がシンプルな上特別な感じがしません。美味しくない訳ではないのですが、毎回ちんすこうだと流石に飽きてしまいます。また、最近では物産展なのでも手に入りやすいので特別感が無くなっています。