朝ドラカムカムエヴリバディの視聴率が悪い11の理由!面白くない・つまらないと不評なのは何故!

カムカムエヴリバディ朝ドラ
朝の連続テレビ小説カムカムエヴリバディの視聴率がいまいちあがらないのは何故なのか。

みんなの意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

カムカムエヴリバディの主題歌がよくない

・AIの楽曲自体は素敵なのですが、朝というよりも夜のイメージが強くちょっと違和感を感じました。その理由としては、声質かなと思います。もう少しさわやかな朝らしいトーン、アーティストだとより良かったのかなと思いました。

余計な恋愛描写が多いカムカムエヴリバディ

・私はどの様なドラマか事前の知識がなかったのでスタートはそれ程悪くは感じませんでした。恋愛描写は見せ場があってしっかりと見ていましたが、確かにもう少し簡潔な方が良いかもしれません。最初のところに重要なテーマが隠されていることもあるので、この先の物語の展開を見ないと分かりません

カムカムエヴリバディのキャストがよくない

・なんというかキャストに不満があります。どうして大御所の俳優さんを入れて来ないのか?青田買いの好きな私には、朝ドラヒロインの方がすでに知名度を確立しているのでなんとなく面白味がかけているように感じました。

・3人も主役がいると、朝ドラらしくなく作品も浅いのかなと思いました。上白石萌音も川栄李奈もあまり可愛いと思ったことがなく、主役級とは言えないと思います。事務所の力なのかなと思い、見る気がなくなりました。

・主人公が、おばちゃんくさいので魅力を感じない。主人公の役者を変更すればもっとよいと思う。設定も、英語のラジオ番組のようだけど今いち展開がよめないドラマで次の日の展開が楽しみと思えないのがよくない。今後の話の展開に期待します。

カムカムエヴリバディは韓流みたいなノリがある

・韓流ドラマが流行っているからと、同じような展開になると日本と韓国の違いがもはや分からなくなります。日本だからこその奥ゆかしさがもっとあったり、実らせるために様々な下準備を一生懸命する内容が増えるといいなと思いました。

・理由を選ぶのに正直骨が折れました。確かに理不尽が多くて朝から重たい内容で、これまで通りの視聴をしている人からすると辛いと感じる内容であること。また視聴率の測定方法が偏っていて、本来なら視聴をしているはずの人が数に入っていないこともあると思います。

・韓国ドラマ的なドラマは韓国ドラマで視聴したいと思います。日本の、特に朝ドラにそのような要素は求めていません。模倣ではなく、何か新しさや、新鮮さを求めています。特に朝なので、爽やかな気分になるドラマがいいですね。

カムカムエヴリバディの時代描写が微妙

・個人的には地元が舞台になっているので応援したいところですが、地元民だからこそ方言であったり細かい設定が気になります。方言の抑揚はおいておいて、演技力自体は問題ないように思いますが、次の展開が予測されるというか意外性があまりないなとは感じます。

・録画で観ているのでまだ追いついていませんが、少し見たところによると、時代背景が自分の好みと会っていない感じもして早く観たいなという気持ちにはなっていません、上白石さんの主人公より深津さん、川栄さんの主人公の方が早くみてみたい気がしています。

カムカムエヴリバディの脚本がよくない

・どこの世代がターゲットなのかわからなくなっているからなのかなって思いました。戦後の話と恋愛が親世代には、あまり共感できる部分が少ないみたいだった。自分達は戦後より恋愛メインならもっと短い時間での放送の中でドキドキワクワクが欲しいと思いました。

・単純な作りだったという印象だったからです。もう少し細かいところまで作り込んで欲しいと思いました。
見ながら、正直予想できるレベルだったので、視聴者をいい意味で騙すような脚本を目指して欲しいなと感じました。

・テンポの悪さとキャスティングなど、ネットニュースでなんとか話題を集めているという印象が世間から見て良くないのでは無いでしょうか。もう少しテンポの早い内容だと、見ていて飽きないかと思います。題名だけ聞くと、なんのドラマか分からないところも、原因かと思います。

・時代背景からして、暗くなってしまうのは仕方ないかもしれないが、そのイメージが強く、明るい場面がもう少し欲しいような気もした。週明けの月曜日、そんな内容を見てから活動開始となると、自分の気持ちも落ちてしまったW

カムカムエヴリバディ第一部の主演(上白石萌音)がイマイチ

・上白石萌音さんをもうちょっとかわいく撮影してあげられないのかなと思った。和菓子屋の子供だから名前が「あんこ」なのがいかにもすぎてモヤモヤする。上白石萌音さんと子供時代を演じていた子役の網本唯舞葵さんは似ていらっしゃるので配役はぴったりだと思った。

・上白石さんのイメージが戦争の話しと合わない気がします。外見が真面目に見えるのでもう少し、現代風?おちゃれけた?感じの方が役をやった方が、戦争の話しとのマッチングが面白く話題になりそうだなと思いました。

・上白石さんがあまり好きではない。一般的にはわかりませんが、自分の周りでは嫌いな人が多いので、見る気にならないのかなと思っております。世代によっても、若い女優さんは見づらいかなと思うます。

・顔に美しさはなく特段見たいと思わない、二十顎もあり女優としていかがなものか。また演技、運動神経の悪さをうかがわせる走り方などいちいち気に障りストーリーどころではない。田舎者の日常を見たいのであれば鶴瓶の家族に乾杯を見れば十分。演技も一本調子

カムカムエヴリバディよりおかえりモネの方がよかった

・脚本も演技も時代描写もとても素晴らしいと思います。ただ、今コロナ禍から抜け出し切ってない、政権も変わるかと思ったら変わらないみたいな閉塞感がある中で、ちょうど戦争前後の話から始まったので、見ていて「きつい」と感じました。「おかえりモネ」は「誰でも傷がある」「比べられるものではない」というような寄り添うような内容だったので、それと比べると見続けるのがしんどいです。

・まだ始まって1ヶ月ということもあり、前作のおかえりモネのロスからまだ抜けきれていない部分が大きい。おかえりモネは現代の物語でもあったから心情が分かりやすく同感できる部分が多かった。カムカムエヴリバディは時代背景を知るところから始まりテンポが速くついていくのに大変な部分も多少ある。

・ストーリーがわかりづらい。まだ始まったばかりなので前の作品の方が思い入れがある所為なのかもしれませんが。もう少しストーリーが進めば面白くなっていくのかもしれませんが、やはりドラマも「つかみ」が大事だと思うので初回のインパクトはもう少し欲しいかなと思います。

・朝ドラは朝に見るのものなので、爽やかな気持ちになれたら、がんばろうと思えるような明るい感じのストーリーに元気をもらっていると思うからです。今回は戦争のリアルさが全面に出ていて、見ていられない視聴者が多いと思っているからです。

・おかえりモネが面白かった分、残念感があります。初回は見ましたが、つまらないからもういいかなと思い、今は見ていません。朝ドラはすごくおもしろかった次はつまらない作品が多い気がします。あと戦争物も多い気がします。戦争を知らない世代にしたら、あまり面白さを感じません。

カムカムエヴリバディのテンポがよくない

・まだまだ助走部分なのでストーリーが本格展開していないのもあると思います。この作品の魅力や注目ポイントは二代目ヒロインの深津絵里が登場してからだと思うのでストーリーが進むのを気長に待ちたいとおもいます。

・3世代の女性の話であり、展開が早いように感じるためです。若者よりも中年層や高齢者からすると追いつけなくなるのではないかと思いました。また、上白石さんの世間からの期待が高いこともあり、期待外れのように感じてしまう方もいたのではないかと思います。

・現在は戦争時代を描いているため、どうしても暗くなってしまうと思うが、全体的にあまり事件がなく、見ていて退屈になってしまう。濱田岳が出ていた時の方が楽しく、ラジオを盗んできたり、ダンサーになったりテンポもあったように感じる。

・3世代を描くということで、テンポが速すぎて主人公以外のキャラクターに感情移入がしづらいのかなと思います。あとはNHK英会話のラジオが題材ですが、少なくとも今週までのお話には主人公と稔の出会いのきっかけにすぎず、あまりテーマとストーリーがなじみがないと感じます。これからなのだと期待していますが、これまでのお話は単純に第二次世界大戦の戦前と戦後の日本のよくあるストーリーに感じてしまい、朝ドラのオリジナリティが感じづらいです。

・テンポが今の時代にあってないのが1番の要因だと思う。若い人たちは朝ドラなどみらないのは時代のニーズに合っていないと思ってます。まず画角からして古いので見る人の対象が高齢者が対象となってくることだと思う。

・一番初めに感じた違和感が、ドラマの内容と「カムカムエヴリバディ」というタイトルが非常にミスマッチな気がしました。ドラマのテンポ・流れもあまりリズムを感じません。その他は特に悪いところはないと思います。

どっかで見たことのある内容のカムカムエヴリバディ

・朝ドラ全体に言えることでこの作品のみに言えることではないですが、朝ドラは昭和の女の一代記的ないし、現代の女の子が仕事したり結婚したりな内容が多いため、似た雰囲気のドラマが多い気がしてしまいます。後はやはりこの作品が悪いというよりは若い人が慣習的にテレビやNHKを見ないため視聴率が上がりづらくなっているのではないかと思います。

・朝ドラが105作目ともなると同じような、どこかで見たことのある内容であると感じる瞬間が多々ある。朝ドラは近年上半期、下半期で現代ものと時代物を織り交ぜているが時代物は物語の進み方も似ているものが多い。ただそれを「これが朝ドラ!」と見るのか、新鮮さが足りず朝ドラの視聴者離れとなっている可能性があるように感じる。

・正直、もうマンネリ化している気がします。あと、昔と違い、有名な方を起用するようになったため、新鮮味がなくなったのも大きい気がします。ここは原点回帰を兼ねて、無名の方を主演に起用するぐらいの大胆さが必要では。

朝ドラらしさがないカムカムエヴリバディ

・現代は高齢化社会であるにもかかわらず、カムカムエヴリバディという高齢者からすると理解が難しいような崩れた英語をタイトルに採用しているため、高齢者からの視聴率や認知度が上がらないことが理由の一つに挙げられると考えたため。

・朝ドラといえば高齢者の楽しみのひとつ。日常頻繁に出てくる会話の中で「カムカムエヴリバディ」を舌を噛まずに言える高齢者が何人いるだろうと想像してしまいます。タイトルを口に出しにくいのであれば、あえて見ようとは思わないでしょう。

・戦時中の話を含むため、それについて描くのはいいことだとは思うが、主人公やその家族に襲いかかる悲劇が辛すぎる。朝から見て泣いてしまうといったこともあった。最近は録画して見ているが胸がどきどきしてしまい、視聴の気力がわかない。戦時中をここまで過酷に描くなら、どうして朝ドラにする必要があったのかと常に感じている。

・どろどろだったり爽快な感じだったり、わざわざ朝のこの時間に見たいと思うほどの魅力がないです。毎回ワンパターンだし、つまらない。楽しみがない。演技が悪い

・朝ドラといえば、ひとりの人間がさまざまな経験を通して成長していく過程が描かれてきました。ですが、今回はヒロインが3人ということで、今までの構成とは打って変わって新しいストーリーであるということです。朝ドラの視聴者層は60代以降の高齢者に多いため、簡潔なストーリーにした方が良いと思いました。

・悲しい展開が多く暗い印象になっているのかと思います。やはり朝は元気よく過ごしたいので、少々活発で明るい感じの展開が好まれるのかもしれません。泣けるドラマではあると思うのですが、朝にはしんどい感じがします。

・初の主演俳優さんが3人ということで、通例の朝ドラとは異なり、少し戸惑いを感じます。朝ドラと言えば、長年かなり馴染みの強い存在なので、設定の変更に慣れない方も多いのではないでしょうか。とは言え、これからの展開に期待しています。