演技下手な脇役俳優ランキング!大根役者と不評なのは誰?よく見るけど名前がわからない俳優も!

演技が下手・大根役者と不評な脇役俳優は誰なのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

25位:ムロツヨシ

性格よさそうな男性芸能人ランキングムロツヨシ
25位はムロツヨシ

ムロツヨシが脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・どんな役をやってもムロツヨシが消えないなと思います。それがいいのか悪いのか…。分かりませんが、しつこさを感じるからでしょうか。あんまり演技が上手いとは思えません。キャスティングされていたら、ちょっと敬遠してしまいます。

24位:温水洋一

温水洋一
24位は温水洋一

温水洋一が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・ワンパターンな表現力が理由です。ドラマはおろかバラエティーに出演してもいつも同じように感じます。しかし、彼にしかできない演技があるのも事実です。気弱なキャラや嫌味なキャラと持ち味を生かした演技は独自性があると思います。ルックスと独特な雰囲気は武器であるとも考えます。

23位:吉田剛太郎

吉田鋼太郎
23位は吉田剛太郎

吉田剛太郎が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・NHK『花子とアン』で初めて存在を知ったときは、舞台出身もあり迫力ある演技と作品のキャラクター性もあり圧倒されていたのを覚えています。今でも舞台作品に出ているためか、ドラマでも聞きやすいほどの声で演技において表現力は高いと感じますが、観ていて演技の仕方がワンパターンだなと感じることがあります。

22位:古田新太

古田新太
22位は古田新太

古田新太が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・下手すぎる、と言うほどではないですが割と本人役や、本人似ている様な役以外の時が違和感しかないです。本人としての演技は迫力があって素晴らしいので、本人役以外の演技ももう少し頑張ってほしいなと思いました。

21位:荒川良々

荒川良々
21位は荒川良々

荒川良々が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・演技なのかキャラなのか面白いとは思いますが演じる役柄がすべて同じのような役柄になるので、あまり変化がないような感じがします、嫌いではないけれどシリアスな役柄ができるかというとそういうタイプではないし、役柄のバリエーションの幅は狭いのかなと思いました。

20位:酒向芳

酒匂芳
20位は酒向芳

酒向芳が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・酒向芳さんは個性はあると思いますが、とても失礼ですが気持ち悪いと感じる事が多いです。配役によって気持ち悪さや個性が変わるわけでもなく、いつ見ても気持ち悪いです。それはきっと縁起が上手いのではなくただただ個性が強いだけだと感じています。

19位:前川泰之

前川泰之
19位は前川泰之

前川泰之が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・最近あまり見かけないですが棒読みのイメージが強いですね。どの作品に出ていてもワンパターンの演技で深みがない気がします。元々モデルの方らしいので仕方ない部分もあるかもしれませんがもう一皮むけるといい役者さんになりそうですね。

18位:太賀

太賀
18位は太賀

太賀が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・正直太賀さんという俳優さんを存じあげなかったので、検索してみたのですが、写真を見ても見覚えはありませんでした。
しかし、私が今までで観たことのある作品にも登場していました。
にも関わらず、自分の記憶に残らないのは、印象に残らない演技だったということなのかなと思いました。

17位:滝藤賢一

滝藤賢一
17位は滝藤賢一

滝藤賢一が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・しいて言えば、勢いでやっているように感じてしまうことが残念です。
好きな俳優さんなので幅広い演技ができるのでしょうが、何故かそれが感じられないのが残念です。
バライティーなどで自然にされているときがいいです。

16位:渡部篤郎

渡部篤郎
16位は渡部篤郎

渡部篤郎が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・何をどんな役をしても、すべて渡部篤郎さんで演じているように思います。現代劇、時代劇にしてもそれが一貫しています。御顔やフォルムが素敵だとは思いますが、そこから出ることができないのではないでしょうかね。もう少しうまかったら、残念です。

15位:渡辺いっけい

渡邉いっけい
15位は渡辺いっけい

渡辺いっけいが脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・同じような役が多いからかもしれませんが、どれも同じように見えるからです。バラエティ番組に出ているいっけいさんも、ドラマの中のいっけいさんも、どのドラマのいっけいさんもすべて同じ印象。演技が下手というか、印象が変わらない。

14位:八嶋智人

八嶋智人
14位は八嶋智人

八嶋智人が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・キャラクター自体はとてもおもしろいですし、バラエティなどではすばらしいと思うのですが、俳優としては、その面白さが反映できないことや作品にそのキャラが埋もれていってしまうイメージなのがとてももったいないと思います。

13位:柄本佑

柄本佑
13位は柄本佑

柄本佑が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・良い意味でも悪い意味でも個性的でありながら、地味さもある。その雰囲気が演技に対して勝ってしまうように思う。印象的ではあるが、どんなであったか?という部分にインパクトがなく思い起こすと同じ様な表情しか浮かんでこない。

12位:鈴木浩介

鈴木浩介
12位は鈴木浩介

鈴木浩介が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・全ての出演作品を観ているわけではないですが、「ドクタ-X」「緊取」「昼顔」等、全部同じような演じ方で、個性がなく、とても演技派であるとは思えません。現代劇ばかりで、侍風の時代劇に出演してそうにないので、馬に乗ったり、殺陣ができないのではないか?と想像してしまいます。

11位:六角精児

六角精児
11位は六角精児

六角精児が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・自分自身というキャラクターで役に立っているように感じたからです。その役の解釈というよりも自身のキャラクター性が強く、それを押して演じていると思います。それが演技出来ていないというように感じさせたのかもしれません。

10位:遠藤憲一

性格よさそうな男性芸能人ランキング遠藤憲一
10位は遠藤憲一

遠藤憲一が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・すごい役者だとは思うんですが、どの作品を観てもなんか遠藤憲一さん感が強い感じがしてその役の人を想像できないというか、どうしても遠藤憲一さんにしか見えない印象があります。昔の作品などはあまり知りませんがそう思いました。

・どのテレビドラマでも何となく同じ役柄が多い気がする。大きな声、感情豊かな正確、ちょっと昭和っぽい役柄。見ていて嫌ではないけど、なんとなく結末が見えてくるような気がする。同世代には好まれるのかもしれないけれども。

9位:高橋克実

高橋克実
9位は高橋克実

高橋克実が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・ルックスが非常によくハンサムですが、少し感情が入ってないように思え棒読みにも感じられるときがあります。又、バラエティータレント感が強くかんじられるので演技を集中してみることができない事が多いので選びました。

・なんとなく演技が古い気がする。それから、ドラマなどを何度か見たことがありますが記憶に残っていません。あとものすごくかっこつけている感じが嫌。俺ってかっこいいだろ?って言われているような気がしてなりません。

8位:寺島進

寺島進
8位は寺島進

寺島進が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・寺島さんの演技を思い浮かべると偏った役どころしか思い当たり有ませんでした。強面、そしてちょっとお茶目といったところでしょうか。あまりほかに印象に残ったり彼の演技で感動した記憶がないので特にいい演技をされるという印象ではないです。

・番宣で出ている時のトークも面白いし好きな俳優さんなのですが、任侠系のキャラクターというイメージが強いのかどうしてもどの作品でも同じような感じに見えてしまうので代り映えがしないと思ってしまうから選びました。

7位:木下ほうか

木下ほうか
7位は木下ほうか

木下ほうかが脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・基本同じような役を演じているイメージを勝手に持っているので余計に感じるのかもしれませんが、いつも同じ演技をしている印象があります。木下ほうかは木下ほうか。みたいな。私が偏った役の時しか拝見していないからかもしれませんが。

・味のある役者さんで、決して演技が下手くそというわけではないのでしょうが、痛快TV スカッとジャパンのイヤミ課長をやられてから、その役がピッタリすぎてそれ以来どんな作品を観ても、「あ、イヤミ課長」と思うようになってしまいました。

6位:佐藤二朗

佐藤次郎
6位は佐藤二朗

佐藤二朗が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・かっこいいけれど、演技はまだまだ迫るものが足りない。自分が観てきたドラマに関して、役柄も変化が少ないので損をしているかもしれないが、目線がいつも同じようだし、身体を張っていることなく、内面が出てきてないように感じる。

・演技と言うよりもキャラ芸人のような位置付けになってしまっている。早口でよく分からないことを言うのが面白いのだと思うが、個人的には映画などの作品では辞めて欲しい。普通の演技も出来るのだから、個性は出すべきでないところでは出さないで欲しい。

・どうしてもお笑いの要素が強く出てしまうように思うから。本人としては一生懸命にシリアスに演じているのだと思うが、どのキャラを演じても、シリアスな場面には似合わず、どうしても無理が出てしまうように思えるから。

5位:陣内孝則

陣内孝則
5位は陣内孝則

陣内孝則が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・陣内孝則さんは、バブル時代のトレンディードラマの流行を支えた俳優のひとりですが、どの作品を見ても一本調子で代り映えのしない演技なので、陣内孝則さんの出演するシーンは、見ていてとてもつまらなく、そのうち飽きてきてしまいます。

・かなり昔に「愛しあってるかい」などのトレンディードラマと呼ばれているものに出演していらっしゃいましたが、そのときのわざとらしい演技、芝居がかったセリフまわしが、今も頭から離れず、そのように見えてしまいます。

・作品の役にいまいちなり切れてないと感じるからです。もしかしたら作品もそういう意図で組んでるのかも知れませんが、役の人物像よりも陣内智則感が表に出てきてしまうのが個人的にはあまり好きになれませんでした。

4位:香川照之

香川照之
4位は香川照之

香川照之が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・以前はすごく好きな俳優さんでしたが、最近はどのドラマでも演技が似通ってきているなと感じでいます。「半沢直樹」や「日本沈没」にも出演されていますが、少し大げさな演技で、リアリティーがあまりないのではないかと思います。

・いつも同じ演技。同じような配役なので、ドラマを見ていても違和感はないが、ドラマを見る前から「こういう役で、こういう演技なんだろうな」と想像がついてしまう。最初の1、2作品は演技が上手いと思って見られるが、それ以降はもうわかりきてってしまって、演技に飽きてしまう。

・とくに市川中車として歌舞伎界にも入って以降、映像作品での演技が一辺倒になった印象があるから。「半沢直樹」のブームもあり、出演する作品の制作からの演出の意向もあると思うけれど脇役というにはあまりに主張がありすぎると思う。

・半沢直樹の大和田役では名台詞がたくさん生まれ、また顔芸と言えるほど台詞がなくても視聴者を引き込む演技をしてましたが、あれを機にその印象が残りすぎてしまい最近はどの作品も内容が入ってこなくなりました。個人的感想まで

3位:要潤

要潤
3位は要潤

要潤が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・要潤さんが演じると、どんな男性の役でも「イケメン」の役として見てしまうので、脇役として感じられないことが多い。なんとなく似たような役に感じてしまう。イケメンで脇役を演じるとき、俳優さんは演技力がより必要だろうと思うので。

・表情があまり変わらず、喜怒哀楽が表情から読み取りにくいため見ていて伝わりにくい部分があると感じます。イケメンキャラ(個人的な意見ですが)があるため、作品によってはイメージに沿わないものが多いのではないかと思います。

・脇役が多いからなのか、映っている場面が短いからなのかはわかりませんが、観ていてあまり表情の起伏がわかりずらいように感じます。(あくまでこのメンバーの中ではですが)ただ、好青年な感じはしますし、印象は悪くないので今のままでいいのではないかと思います。

・特に悪いとは思いませんが、だからといって、特別芝居上手だとも思いません。もともとイケメンだから、で俳優さんになったイメージでしかありませんし、芝居してるイメージもほとんどありません。唯一あるのは、確か東海テレビ制作の昼ドラ、華の嵐、だったかなぁ?これしかみた事ないので、このイメージしかないんです。あと細木和子の番組に出てて、隣に座って、まるでホストのような役回りをしていた人、でしかありません。なので役者のイメージ全くないです。だから上記で並んでいる俳優さんの中では、となるとどうしてもこの人になってしまいます。

2位:坂口健太郎

坂口健太郎
2位は坂口健太郎

坂口健太郎が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・表情が豊かでないですね。役柄の幅が狭まっているような気がします。表情を無くした演技はうまくはまっていると思いますが
それ以外の演技が見当たらないようなので是非満面の笑顔での演技を上手くできている場面が見たいです。

・恋愛映画でよく目にする印象があるのですが、どの作品に出ていても全部同じキャラクターに見えてしまいます。表情やセリフの読み方が他の作品に出演しているときと似ていて、ドラマや映画内でそのキャラクターと認識するより、俳優本人が出演していて、演じている感が出てしまっていると思います。

・なんとなくこの中だとあんまり上手くないような気がする。ただ、個人的に若い女の子に人気な気がしており、若い人向けの恋愛ドラマに出ているというイメージが強いからかもしれない。もし強く演技力を発揮している映像作品などがあればイメージは変わるかもしれない。

・クールな役柄が多いような印象で、また難しい演技もされている事も多く、違うドラマでも同じような演技をしているような印象を受けてしまいます。お顔が整っている為、笑顔を見せるような演技だとまた違う印象を受けますが考え込むような演技だといつも同じような演技だと感じてしまいます。

・前述した方と全く逆の理由で、全ての作品で「坂口健太郎」になっているように感じる。その作品のキャラクターを作りきれず(?)、坂口健太郎っぽさが出てしまっていると思う。都度都度新しい坂口健太郎が出し切れず「こんなキャラもやれるんだ」という驚きがない。

1位:星野源

hoshino_00
1位は星野源

星野源が脇役俳優として演技下手・大根役者と不評の理由(抜粋)

・正直表現をしているのか分からない。歌は上手だとは思いますが、演技は出来ていないと思う。更に言えばなぜこの人が人気が出ているのか全く分からない。絶対にイケメンではないし、なんならオタクのように感じます。

・決して大根役者ではありません。しかし、根っからの俳優ではないことが判ってしまうので、人気のある俳優さんではありますが、オールマイティーな役をこなせるかと言うと少々疑問に思います。まだこれからの伸び代を期待します。

・どの役をやっていても、同じ感じがしてみていてつまらないです。主役級の役どころが最近多くなりましたが、そこまで容姿が良いわけではないのでは?と思います。歌は好きで良く聞いてますが、元々歌手なので俳優としての活動は期待してません。

・なにか特徴やくせがあるわけでもないなのにこの人が演じるとこの人にしか感じれない。どんな役をやっても代り映えしないし同じような演技ばかりで全く上手くないと感じる。良くも悪くも無難といった感じで特に特徴がない。脇役なのでそれでよいのかもしれないが。

・「逃げるは恥だが役に立つ」の演技の印象が強いのですが、役というより、星野源さんがしゃべっているという感じがするので、あまり感情移入できませんでした。「LIFE!」や「おげんさんといっしょ」での、コント交じりの方が、本人のキャラクターが活き活きとしていて楽しく見られます。