行きたくない日本の世界遺産ランキングワースト22!魅力がない興味がない場所はどこ!

日本の国内世界遺産の中で行きたくないと言われているのはどこなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

22位:屋久島(鹿児島県)

屋久島(鹿児島県)
22位は屋久島(鹿児島県)

屋久島(鹿児島県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・田舎育ちの自分からすると本当に何もない山をただ見続けているというイメージ。もともと屋久島の隣の件に住んでいたため有難みもなければ厳かだとも思わずただの田舎だなぁというイメージしか湧いてきませんでした。

21位:紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)

紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)世界遺産
21位は紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)

紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・日本という独特の文化を持つ国は、世界規模で見ても珍しいとは思います。どれも実際行ったことがあるのは数件ですが、パッと見て、聞いたこともないですし、今後行ってみたいと思わなかったのがこれでした。紀伊山地の方々、申し訳ございません。

20位:厳島神社(広島県)

厳島神社(広島県)
20位は厳島神社(広島県)

厳島神社(広島県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・僕は広島県の厳島神社に何回か行ったことあるのですが正直魅力的なものとか事柄とか特にないように感じました。島に行ってみてもいるのは鹿ばかりで動物園の方がまだマシなのではないかと思いました。食事も何処にでもあるもののように感じました

19位:古都奈良の文化財(奈良県)

古都奈良の文化財(奈良県)
19位は古都奈良の文化財(奈良県)

古都奈良の文化財(奈良県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・京都に比べ、そこにたどり着くための交通の便が悪く、地味で華やかさがないため、わざわざ行く必要がないと感じてしまう。大仏と鹿くらいしかないイメージ、料理にも全く魅力を感じられないので、行くことはないと思います。

18位:小笠原諸島(東京都)

小笠原諸島(東京都)世界遺産
18位は小笠原諸島(東京都)

小笠原諸島(東京都)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・名前だけ有名で、なにがあるのか分かりません。自然豊かな観光スポットより寺院や産業遺産など物として存在する方が魅力的に感じます。もちろん自然は好きですが、世界に発信するなら建造物の方が魅力的だと思います。

17位:石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)

石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)世界遺産
17位は石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)

石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・親が実際に行ったことがあるらしく、その時の印象が大したことなかったと言っていたので、そういうこともあり、あまり魅力を感じないです。また、厳島神社や原爆ドームなどみたいにすごく有名というわけではないので余計に魅力を感じないところもあります。

16位:姫路城(兵庫県)

姫路城(兵庫県)
16位は姫路城(兵庫県)

姫路城(兵庫県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・地形や遺跡文化財、自然にできた絶景などは見たいと思うが、お城はどこの城を見てもそんなに変わらない感じがあるので、姫路城を選んだ。関東にもいろんな城があり、姫路城だから特別にすごいとかは特に思わなさそう。

15位:琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)

琉球王国のグスクおよび関連遺産群(沖縄県)
15位は琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)

琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・消去法で選択。日本とは違う雰囲気が魅力的だが、実物を見たら規模が小さく、写真で見ていたイメージから少しがっかりしたため。本当から離れている沖縄県という場所にあり、その距離に対して得られるものが低く感じてしまう。

14位:古都京都の文化財(京都府、滋賀県)

古都京都の文化財(京都府、滋賀県)
14位は古都京都の文化財(京都府、滋賀県)

古都京都の文化財(京都府、滋賀県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・自分の出身地が京都なのですが、テレピで放送されているよりも実際の方が少し劣る気がします。全面的に古都感があるのではなく、特定のエリアのみなので、テレビから期待をしてしまうと、少しガッカリするのではないかと思います。

・京都出身なので、小さい頃からまわりにお寺や神社があるので、あまり世界遺産だと言われてもすごいなぁ〰とは思わないです。
京都はたくさん社寺が京都市内にあるので多くあるイメージですが、実際には有名なみなさんが行かれるところは限られているかと思います。

13位:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(長崎県、熊本県)

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(長崎県、熊本県)
13位は長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(長崎県、熊本県)

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(長崎県、熊本県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・潜伏キリシタン関連遺産というものを聞いたことがなく知名度が低いと思うから。歴史的な遺産であるようだが、法隆寺や原爆ドームなど、他の世界遺産に比べるとインパクトがなく、わざわざ行ってみようとは思わないから。

・実際に行ったことはないので、魅力についての詳細はわかりませんが、日本の世界遺産というならばキリシタン関連ではなく、仏教関係の神社やお寺などを優先にしてほしいという思いからこちらを選びました。他国の文化よりも先に自国の文化資産をもっとアピールすべきだと思います。

12位:日光の社寺(栃木県)

日光の社寺(栃木県)世界遺産
12位は日光の社寺(栃木県)

日光の社寺(栃木県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・何度も言ったことがあるが、歴史としては魅力を感じるが、知識がない人にとっては魅力が伝わりにくいと思うから。日光は広く、全部を見て回るには相当時間がかかってしまうし、拝観料が思っている以上に高いため、気軽にはいけないかもしれないから。

・世界遺産なので当然かもしれないのですが、他の世界遺産はしっかりと昔のままであったり、歴史や時間の流れを感じさせてくれるような雰囲気や魅せ方をしておりますが、日光の社寺に関しては商業的な側面がよく見えるため、あまり魅力を感じないです。

11位:白神山地(青森県、秋田県)

白神山地(青森県、秋田県)
11位は白神山地(青森県、秋田県)

白神山地(青森県、秋田県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・世界遺産と聞くと大仏やお寺などの建造物を連想するので山地や島などの形のハッキリしないものはどうしても印象が弱く感じます。お寺や仏像なら写真を見て場所や名称が出てくるのとは対照的に山地や島などの一部分の写真を見てもこれがどこの何なのかパッと出てくる自信がないです。

・他の世界遺産は聞いたことがあったり、見たことがあり有名なところだけど白神山地は初めて聞いたところであまりイメージも沸かないから選びました。知らない世界遺産でも何となくどんなものかわかるが白神山地はよくわかりません。

10位:富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)
10位は富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・昔の向上の形が今に見られるのはよいことだとはありますが、個人的には魅力を感じません。
「こんな暮らしをしていたのだな」という感じはあるのですが、自然と違って人工的に作られたものに歴史的な価値があるかどうかはその人次第だと思います。

・自分の田舎が織物の町だったので、まず織物関連の工場や機械を見慣れていること。それから、あまり見どころがないし、駐車場などの設備やスタッフの方がしっかりしていないということを、行ったことがある複数の家族から聞いたので。

9位:富士山-信仰の対象と芸術の源泉(静岡県、山梨県)

世界遺産富士山
9位は富士山-信仰の対象と芸術の源泉(静岡県、山梨県)

富士山-信仰の対象と芸術の源泉(静岡県、山梨県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・遠くから見た富士山は素晴らしいと感じますが、現地は観光客によって捨てられたゴミが散乱しているというニュースを見てがっかりした経験があります。それでも魅力はあるのでしょうが、私自身は行きたいとは思えません。

・日本一の富士山のはずですが、とても世界誇れる状態ではないです。産業廃棄物の不法投棄が後を絶たず、恥ずかしい限りです。世界に誇れる日本の数々の良いところが沢山ありますが、どうしても富士山の周りのごみは何とかしなければなりません。

8位:法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)

法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)世界遺産
8位は法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)

法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・建造物自体はいいのですが、逆に言うとそれしかないという感じ。スケールの大きさや歴史はとても素晴らしいと思いますが1度行ったらもういいかなと思ってまいます。またアクセスもよろしくないのがどうかなと思ってしまいます

・神社とかお寺にあまり興味がないからだ。これは人それぞれだが。神社やお寺を見に行くなら、デパートや食べ歩きなどをしたほうが自分は好きだ。お寺や神社を見たところでと思ってしまう。でも神様は信じているのでお願いします。

7位:「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)
7位は「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・そもそも何か知らない。知名度がない気がします。姫路城とか白川郷とかみたいに有名観光地になってない気がします。もっと知名度をあげる努力をすべき。ただ世界遺産になっただけで満足せずその後も知名度があがる努力をしてほしい。

・すごく魅力的で神秘的な感じはするのだけど、重要な場所で本当に大切なところまでは入れないみたいなので、世界遺産として残すのはすごく重要だとは思うけれど、実際に観光などで行く場所としてはどうなのだろうと思うところがあります。

・私自身、福岡県の宗像にある大学に通っていますが、「神宿る島」と言われても、どこか世界遺産なのか、さっぱり分かりません。私と同様に宗像に住んでいる人でも、宗像に世界遺産があることは知っていても、何の何がすごいのかはっきりわかっていない人がほとんどだと思います。この世界遺産の知名度の低さから、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群を選択しました。

6位:知床(北海道)

知床(北海道)世界遺産
6位は知床(北海道)

知床(北海道)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・正直行ったことはないのですが、何があるのかよくわからない。行って学べることや感動的なものに出会えるのかと思う。わざわざ北海道の先端に行ってまで、行きたい世界遺産かと言われるとそうでもないような気がするから。

・多分、行ったらとても良い場所なのではないかとは思うのですが、寒いのが苦手なため、北海道にはあまり興味がありません。猛暑の時に行けばちょうど涼しくてよいというのだとしたら、行ってみてもいいかなと思う程度です。

・魅力はあるのですが、北海道在住なので行こうと思えば割といつでも行ける事と、やはり「自然」で分類した時に環境的・立地的には身近にある自然に上記の中では最も近い遺産なので、率先して選ばなくても良いかなという消去法で選択しました。富士山や沖縄など、普段触れる事の出来ない自然や、いつかは朽ちてしまうかもしれない遺跡のほうが今は魅力を感じます。

・知床には一回行ったことはありますが、魅力はそこまで感じませんでした。普段都会に住んでいて、自然に触れる機会がすくない人からしたら、魅力をとても感じると思います。ですが私は、幼いころから北海道の田舎に住んでおり、きれいな自然には触れてきていたのでそこまで魅力を感じませんでした。

5位:北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道、青森県、岩手県、秋田県)

北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道、青森県、岩手県、秋田県)
5位は北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道、青森県、岩手県、秋田県)

北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道、青森県、岩手県、秋田県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・自分の知識不足もあるかもしれませんが、あまり聞いた事がなく、知名度も低いのではと思うのと、実際に行って見てみたいという、魅力を感じる事ができません。縄文遺跡群が世界遺産という事自体が、知らない事でした。

・昔の生活様式が見れるのはいいと思うが、あまり見ごたえがないように思います。例えば、広い敷地にその遺跡一つがぽつんとあったりするので、こんなものかと感じそう。遺跡なので、そこまでに行く時間がかかりそうだと思います。

・縄文遺跡はいろんな県にあるのでわざわざ訪れようとは思わなく、魅力は感じなかったです。やはり綺麗な景色やそこにしかないモノなら魅力を感じます。他の世界遺産と比べてもデートスポットとかにはならなく、地味な場所だなと感じました

・遺跡の規模的な感じからすると少し目劣りしてしまうかもしれません。そこに昔文化があったというロマンスは感じられるのですが、それ以上のインパクトを感じられない気がします。ピラミッドなどを見てしまっているからかもしれません。

4位:原爆ドーム(広島県)

原爆ドーム(広島県)
4位は原爆ドーム(広島県)

原爆ドーム(広島県)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・魅力というよりかは戒めだと思う。後世に残しておくべきではあると思うが、喜んで見に行く場所ではない。できればこのドームが何なのか分からなくなるくらい、世界から核兵器がなくなって人々の記憶から消してほしいと思った。

・勿論、昔の起きてしまった事実を知ることは大切ですが、原爆ドームとして残す必要はあるのかなと感じることはあります。それを見て、辛さを思い出す人もいると思うので、もう少し違う形でどうにかならないものかと思います。

・戦争の恐ろしさ、愚かさを伝えていく大切な場所であるとおもいます。しかし過去の人々が行った過ちであり、今を生きる人達には無縁の話です。特集したりもてはやしたりする場所ではないので、魅力は一切感じられません。

・原爆や戦争の怖さを思い知らされる場所なので、どうしても気持ちが落ちます。マイナスな感情が強くなってしまうので、そういう意味では魅力を感じないと思います。しかし、平和であることがどれだけ尊いかを教えてくれる場所なので世界遺産として残しておくべきだと思います。

・本来は意義があり、そういった意味では魅力的な場所であるといえると思います。ただ学校の課外授業でほぼ必ず行くことになり高校生の多感な時期には、どうしても刺激的な場所や魅力的な場所が優先され結果つまらない場所という認識のされ方をしてしまう。あえて無理やりいかなければもっと意義深い場所になるのではと考えています。

3位:明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(岩手県、静岡県、山口県、福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県、鹿児島県)

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(岩手県、静岡県、山口県、福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県、鹿児島県)
3位は明治日本の産業革命遺産

明治日本の産業革命遺産に行きたいと思わない理由(抜粋)

・現代の産業の前身というだけで、歴史的な価値は低いので遺産と言えるのかどうか疑問を感じる。あと100年後にアップルやGoogleが世界遺産になるのか?技術の発展の礎としては価値はあると思うので重要文化財としては賛成。

・産業革命は、日本にとって誇れる物だと思うが、世界遺産にあげるのには、あまりにも地味なよう感じる。自然や建造物は、興味や知識がなくても印象に残るところがある。それに対して産業革命は、学びに近いカテゴリーなので魅力を感じない。

・このあたりの時代背景に疎く、その価値もいまひとつ理解できていないので、特に訪れたいという気も起こらないため。興味を持つ遺産はどうしてももっと古い時代のものばかりなので、自分の興味範囲外だからともいえます。

・歴史をよく知らないのもありますが、製鉄所や造船所などを見ても楽しさがわかりません。他のところは知識がなくても行って見るだけで楽しめるところも多いので、そういうところに魅力に感じます。逆に知識をつけたら今回選んだところは行ってみたいと思うかもしれません。

2位:国立西洋美術館本館(東京都)

国立西洋美術館本館(東京都)
2位は国立西洋美術館本館(東京都)

国立西洋美術館本館(東京都)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・首都圏に住んでいるため、周辺に何度も訪れたことがありますが、国立西洋美術館が世界遺産であることを知りませんでした。美術館自体にも行ったことはありますが、他に挙げられた世界遺産群と比べると、手軽に行けるからかもしれませんが、魅力的には感じません。

・東京の下町に生まれ育ち、上野公園とその周辺施設も日常的に利用していたので、魅力を感じないというよりも、子供の頃から近くで見慣れた建物がそれほどまでに価値のあるものなのか、正直、実感がわかないというのが本音です。

・苦渋の選択です 遺産でも自然に勝るものはないと思っているから。また日本なのだから敢えて西洋を日本の遺産にする必要もないと感じたため 美術館が世界遺産だとは知らなかった モノはいつかは壊れる 美術の良さがわからない

・ありきたりすぎて面白いと思えません。どこにでもあるような美術館なので、いってもつまらないです。仕方なくいくときもありますが、あまり見ていてもすごいなあと思える作品が来ているというようなことがありません。

1位:百舌鳥・古市古墳群(大阪府)

百舌鳥・古市古墳群(大阪府)
1位は百舌鳥・古市古墳群(大阪府)

百舌鳥・古市古墳群(大阪府)に行きたいと思わない理由(抜粋)

・家の近所にも古墳があるのですが、全く興味がなく惹かれないです。近所の古墳よりも有名で大きいですし、教科書にも掲載されているので昔から存じ上げてはいますが、古墳そのものに興味が涌かないので魅力を感じません。

・他の世界遺産は場所やどんなものなのかわかるのですが、これだけどんなものなのかわからないです。歴史は得意だったのですが名前と古墳が一致していないのか全く思い浮かばないので、魅力を感じません。もう少しどんなものか宣伝して欲しい。

・特別魅力的ではない、ということではないが、個人的に興味が湧きません。姫路城などの建造物や和歌山の紀伊山地など、観光をしたな、滅多に見られないもの、いい体験ができたな、と感じられるものが世界遺産に相応しいと思います。