不適切にもほどがあるつまらないやばいとドラマ不評炎上の理由!キャストあらすじ感想口コミレビュー!


【お金が貰えるインターネットプラン】
新規お申込み最大30,000円キャッシュバック実施中!【ビジモ光】をご入力下さい。

ドラマ不適切にもほどがある感想
新ドラマ「不適切にもほどがある」が放送開始です。

不適切にもほどがあるは面白いのかつまらないのか、感想口コミ評価レビューをみてみましょう。

不適切にもほどがあるドラマ公式webサイトはこちら
不適切にもほどがあるドラマ公式webサイト

不適切にもほどがあるドラマ面白い?つまらない?





















不適切にもほどがあるドラマ前評価:面白そう・楽しみ

・阿部サダヲ×コメディは間違いなさそう!既にクセが強そうなキャスト陣を見て確信!期待大です!昭和生まれの親と家族でみたら今のあるあると昔のあるあるがありそうで楽しそうです。

・昭和から令和にタイムスリップしたおじさんっていう内容だけで面白そう。昭和の時代には当たり前にあった事できてたことが令和の時代では普通じゃなくなってそのギャップの時代をどう生きていくのか面白そう。

・阿部サダヲさんと宮藤官九郎さんタッグの作品が好きなので楽しみです。予告の段階ですでに面白い雰囲気の作品だと感じました。気軽な気持ちで観て楽しめる作品だと観ていて疲れないのでありがたい。

・昭和と令和の対比をタイムスリップコメディということ、主演が阿部サダヲさんということで期待しているドラマです。どの年代の人が観ても楽しめるドラマなのではないかと思います。

・阿部サダオさんのドラマでコメディタッチなのかなと思ったので、見てみたい。仲里依紗さんも吉田羊さんも好きなので、興味があります。ドラマの内容も面白そうなので見てみたい。

・阿部サダヲが、出演している段階で、コメディーであれば、期待値が高い。また、宮藤官九郎が脚本で、ネームバリューあるので、期待値は、ますます高い。実際に、見ると思う。

・昭和の当たり前は令和の不適切はめちゃくちゃテーマとして気になるところ。今の世の中新しいことを受け入れたいと思う一方で、昔は良かったと思うことも多いからどのようにタイムスリップして、どのように話しが進んでいくのか興味がある。

・宮藤官九郎脚本で、阿部サダヲが主演の時点で面白うそうだなと思います。一体どんな不適切な言動が出てくるのか、逆に昭和にタイムスリップした吉田羊さんたちがどんなことを思うのか見てみたいです。

・昭和生まれで、平成、令和を経て、やっぱり時代は変わったな、昔はよかったな思うことがある一方、自分の価値観もアップデータしていかなくてはいけないなあと思うこともあるので、その辺の価値観の変遷とか、気づきを得るきっかけになりそうだなと期待します。コメディーなのも楽しそうでいいなと思います。

・昭和から令和という時代の移り変わりを描いているところ、懐かしく感じる部分も出てきてコメディとして楽しく観られると思った。阿部サダヲが主演しているところからも好感をもてる。

・昭和から令和へタイムしたオジサンというストーリーで昭和生まれの人間としては共感できる事が沢山ありそうでとても面白そうに感じました。昭和では当たり前だったことが現代は出来なくなってきていますね。「トゥナイトみたい」っていう発言、とてもよくわかります。

・宮藤官九郎のドラマなので、絶対裏切られないという面白さを感じる。主演の阿部サダヲも演技力が高く、きっとテンポの良いコメディドラマになりそうだという期待感がある。

・タイムスリップ系の物語で面白そう。またシングルマザーのドラマは比較的多いが、シングルファザーが主人公の話は少ないので面白いのではと思っている。ハッピーエンドの話だと良いなぁと思って放送を楽しみに待ってます。

・ずっと昔から阿部サダヲさんの大ファンです。どんな内容であっても、阿部さんが出ているドラマは必ず第一話は見るようにしています。今回のドラマも今から楽しみにしています。

・宮藤官九郎さんと阿部サダヲさんのコンビ。絶対に面白い作品ですね!必見だとおもいます。昭和から令和へのタイムスリップという内容も、まだ聞いたことの内容なので、すごく楽しみです。

・これはストーリー自体が大変面白そう!まして主演は阿部サダヲ(個人的に大好きな役者さんです)。間違いなく視聴率は高くなるでしょう。私は昭和生まれなので、このドラマで懐かしい場面や言動、世の中のしきたり等々出てくることを今から胸躍らせ期待しております。

・昭和生まれの私は、最近子育てしていると、私の子供の時当たり前だったことが、令和の今の子育てではよく否定されているとよく思っています。ドラマを通して、客観的に時代について考えてみたいです。

・感想を様々な年代の人と語りたくなるドラマな気がしてます。今の若者には新しさ、当時を知る人には懐かしさもありそうだったり。磯村勇斗くんが特に楽しみになっています。時を超えたのではなく、その時代に憧れてのめり込んでいるキャラというのが。

・キャストの阿部サダオさん、仲里依紗さん、吉田羊さんなどの個人的に好きな俳優さんがたくさん出演しているので楽しみだからです。令和と昭和の違いがどのように描かれているのかが気になります。

・脚本は宮藤官九郎で、阿部サダヲが主演という点で、一癖も二癖もありそうな期待が持てるから。昭和が抜けないおじさんはタイムスリップをしなくてもまだまだ現実社会にはいるので、コメディーとして楽しめるのではないかと思うから。

・俳優さんたちが豪華。脚本が宮藤官九郎さんだし、キャストはこの人が出ていたら絶対面白いよね、と思える俳優さん達なので、たくさん笑えるドラマだろうなと思います。昭和では当たり前だった言葉遣いや考え方が今の時代にはもう通用しない、というのを昭和にしがみついているおじさん・おばさんに笑いながら観て欲しい。

不適切にもほどがあるドラマ前評価:つまらなそう・面白くなさそう

・昭和と令和のそれぞれの特徴というか文化が感じられるので、平成生まれの私からするとあまりピンとこないのですが、もう少し上の年代だと懐かしい〜とかそう言えばそうだったな〜といった楽しさがありそうです。タイムスリップした阿部サダヲ演じるおじさんが面倒臭そうな人だと思いました。

・キャストや脚本は盟友揃いで期待値も高かった。ただ内容が今の視聴者に受け入れられるかが分からないと思った。今は1つの発言が大きく解釈され批判されることもある中で、問題発言を連発する主演の阿部サダヲが他の役者から嗜められ反省し、一方で昭和の良き文化から今の私たちが学ぶこともあるという展開なのだろうが、そこに至るまでに視聴者が見続けられるかはわからなかった、宮藤官九郎脚本ということで期待したいとは思う。

・ごめんなさいけど、個人的にはタイムリープ系のものは基本的に好きじゃありません。現実味がないし、最近多すぎるのと、何でもありな感じが本としてどうなの!?そこ頼る?って思ってしまいます。

・阿部サダヲ主演ということでどうだろうと思ったのですが、タイムスリップもの、しかも未来から過去ではなく、過去から未来に来るという設定のようです。マルモリは好きでしたが、このドラマは昭和のおじさんとしてはっちゃけちゃうのかなと思い、ただやかましいドラマになりそうなので評価を下げました。

・脚本家の作品から明るさを期待できると思う。ただキャスト選びのセンスも良いと思うが普段からキャストが好きになれずに好感度は低くて私にはつまらないと思う。ただ笑いが得られたら見たい。

・クドカンさんと阿部サダヲさんのコンビ作。当たるか外れるか、どうなるんだろうという感じです。仲里依紗さん以外の方はあまり存じ上げない俳優さんなので、まずは初回を見て判断しようと考えています。