週間少年ジャンプつまらない名作漫画ランキング!本当は面白くないと思われている有名なコミック作品はどれ!

ジャンプつまらない名作漫画ランキング!

週刊少年ジャンプつまらない名作漫画ランキング

週間ション年ジャンプの往年の名作といわれている漫画の中で、つまらないと評判の作品はどれなのか。

有名だけど面白くない、と言われているジャンプ漫画はどれなのか。

今回はみんなの意見をランキングでまとめてみました。

是非ご参考ください。

週刊少年ジャンプ公式webサイトはこちら
週刊少年ジャンプ公式webサイト

44位:DEATH NOTE(デスノート)

44位はDEATH NOTE(デスノート)

DEATH NOTE(デスノート)がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・Death noteは文字数が多く一ページあたりの情報量が多いので、単純に読み疲れます。そのうえ、ストーリーの導入こそ面白かったもののおなじような展開も多く、情報量の多さが仇となって読んでいてダラダラしてしまいました。

43位:DRAGON QUEST -ダイの大冒険-

43位はDRAGON QUEST -ダイの大冒険-

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・現在放送中のアニメも見ていますが、個々のキャラがきちんと分かれていて、分かりやすく物語も魅力的だと思いますが、わりと善悪がはっきりと分かれていて、心理描写にやや物足りなさも感じています。主人公のダイの年齢も少し幼いように思います。

42位:ROOKIES

42位はROOKIES

ROOKIESがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・この作者の画風が好みではなく、ヤンキーをあまり知らないので時代にあっていないと思った。暴力的な描写が多く大勢の大乱闘のシーンは気分が悪くなった。画風も好みではなかった。女性キャラクター、男性キャラクター問わず顔に線がたくさん入っているところが好きではなかった。

41位:アクタージュ act−age

41位はアクタージュ act−age

アクタージュ act−ageがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・キャラクターがつまらなくどうも感情移入できない。絵のタッチも薄いというかのぺっとした感じがして好きになれなかった。好みの漫画はバトル系なために最初から毛嫌いしてしまい、先入観からストーリーが全然入ってこない。

40位:キン肉マン

40位はキン肉マン

キン肉マンがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・王道だしみんなは面白いと言うけれども、私としてはあのゴリゴリ感がイマイチ。あのウルトラマンをマネしたようなビジュアルが、受け付けない…と思ってしまいました。もう少しイケメンの男性が登場すれば、もう少し好感度が上がっていたような…。

39位:シャーマンキング

39位はシャーマンキング

シャーマンキングがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・初めは好きで読んでいたのですが、ラストに戦う相手と温泉に入って終了という、つまらない終わり方をした為に、一気に興ざめしました。
散々長く読んでいたのに今まで費やしたお金と時間を返してほしい位無駄でした。追い打ちをかけるように作者の最後のコメントが更に腹が立ちました。

38位:バクマン。

38位はバクマン。

バクマン。がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・小畑健の絵は好きで、ヒカルの碁も楽しく読んだが、この作品に関してはテーマや話の展開がとっつきにくく、読み続けることができなかった。機会があれば読みたいとは思っているが、なかなか手が伸びない作品に感じている。

37位:ヒカルの碁

37位はヒカルの碁

ヒカルの碁がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・作者の画はとても綺麗で見やすく、好きなデザインであるのだが、囲碁にあまり興味が持てなかった。ストーリー展開も印象に残るものが少なく、インパクトが無かったように感じる。囲碁ではなく、将棋などならまた違ったかもしれない。

36位:ブラッククローバー

36位はブラッククローバー

ブラッククローバーがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・主人公の性格がどうしても好きになれなかった、ユノが主人公の方が面白かったんじゃ無いか?とか考えてしまうと、余計にアスタが好きになれなくなってしまい面白さが8割減した感じです。後コマ割りが読みにくい時がある。

35位:ワールドトリガー

35位はワールドトリガー

ワールドトリガーがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・始まりはすごく面白くて、ワクワクして読んでいましたが、途中からランク戦になったのですが、ランク戦がストーリの中にあること自体は好きな感じなんですが、あまりにも長くて途中で飽きてしまったのがつまらないと感じた理由です

34位:呪術廻戦

34位は呪術廻戦

呪術廻戦がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・内容ではなく絵のタッチがあまり好きではない。少年紙ではもう少しキャラクターデザイン、キャラクターや線の丸みがあった方が個人的には好きなので、週刊誌で1話より5話くらいまで読んでそれ以降読んでいません。

33位:食戟のソーマ

33位は食戟のソーマ

食戟のソーマがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・私の周りの友人にもかなり勧められた漫画の1つでした。客観的にでも幅広く漫画を読んでいる方だと思いますが、「料理」というジャンルに魅力を感じないのだと思います。確かに「絵のきれいさ」等は素晴らしいと思います。漫画としての素晴らしさは感じていますので、同じ作者さんの違うジャンルは見てみたいと思っています。「トリコ」は同じ「料理」が題材になっていますが、「作者」と「バトル」の要素がある為、面白く感じました。

32位:聖闘士星矢

32位は聖闘士星矢

聖闘士星矢がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・自分自身、スポーツ漫画やギャグ漫画などストーリーがわかりやすいものを好む傾向にあり、SFものなど情景が浮かびにくいものを敬遠する傾向にあったため苦手意識を感じてしまった。登場人物も多く初期の段階で追いきれなくなったことも疎遠になった理由だと思う。

31位:封神演義

31位は封神演義

封神演義がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・作品中に登場するキャラクターが、ムーミンを彷彿させました。ムーミンが好きなひとにとっては、あまり心地の良いキャラクターではなく、イメージが害されたために楽しく読むことができない作品となってしまいました。

30位:約束のネバーランド

30位は約束のネバーランド

約束のネバーランドがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・話の展開がだんだん暗くなっていって、重くなっていき、少年ジャンプt区優のドキドキわくわく感が得ることができなくなりました。ジャンプ作品としては求めているモノではなく、さわやかには読めない感じだったのでつまらなく感じました

29位:遊☆戯☆王

29位は遊☆戯☆王

遊☆戯☆王がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・あまりにもドラマチックな展開にしたいがために、主人公が圧勝することもなく、驚異的な運で主人公が勝利するため読んでいて冷めていく、勝負する事に特化しているので勝負外でのストーリーが面白くなくたいした感動もない

28位:HUNTER×HUNTER

28位はHUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTERがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・質問3でHUNTER×HUNTERを選んだ理由としては、物語は全体的に面白いとは思いますが、文字が多すぎることです。また作者の方も休載が多いので正直好きではなかったです。もう少し頑張って最後まで連載して欲しかったです。

・ゆうゆう白書が好きだったので、期待して読み始めました。最初は面白かったのですが、途中で連載が休みになったりで
出来れば一気に読みたいのですが、気持ちがついていけなくなりました。ただ周りの評判がよいので気になっています。

27位:SKET DANCE(スケットダンス)

27位はSKET DANCE(スケットダンス)

SKET DANCE(スケットダンス)がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・銀魂好きで、銀魂の中で当作品を知って読み始めましたが、ノリやギャグセンスがどうしてもツボに入りませんでした。おそらく、中~高校生くらいで読んでいれば面白いと感じていたかもしれませんが、銀魂のネタがツボに入る世代(30代)だと、マッチしないのかなぁと思いました。

・学園内でのなんでも屋という題材で最初は楽しんで見ていました。これは個人的な意見にはなりますが、たまたま漫画を読んでいた時期に銀魂とのアニメの視聴が被ってしまったため、展開が読めない銀魂が面白くどうしても比較すると銀魂の方が面白いなぁと思ってしまいました。

26位:こちら葛飾区亀有公園前派出所

26位はこちら葛飾区亀有公園前派出所

こちら葛飾区亀有公園前派出所がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・まず主人公の両さんに花がないので見ていてつまらない。また、言葉遣いも荒く行動もガサツなところがあまり好きじゃない。背景や風景の書き込みは細かくかっこいいと思えるが人物があまり好きじゃかったです。もう少し絵柄が可愛いと好きになれそう

・昔からあった漫画であれば読みはしたが、正直、どこが面白いのか全然わからなかった。一話完結の話が多いが、毎回ワンパターンのオチで、読んだ後にやっぱりなと先読みできてしまうのも、つまらないと感じる要因のひとつではないかと思います。

25位:ぬらりひょんの孫

25位はぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・羽衣狐の子供が安倍晴明になった時点で読むのをやめました。個人的な趣向になりますが、オリジナルキャラならともかく史実にも登場する人物に絡めた捜索は好きではなく、それまでは面白いと思って読んでいたので残念です。

・連載開始当時に絵が少し特殊に見えて、読まずにいたら、そのまま読むことなく終わっていた。話の内容等は一度も読んでいないので、評価できないが、とにかく最初の絵の印象があまり良くなかったことは記憶している。

24位:ハイキュー!!

24位はハイキュー!!

ハイキュー!!がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・バレーボール漫画というジャンルは非常に珍しいものでした。私の性格上、新連載でどんなに興味が無くても必ず読むことにしておりますが、かなり序盤でギブアップしてしまいました。結論から言いますと、作者の方には申し訳無いですが、絵が個人的に無理でした。漫画はダメでも、アニメでは楽しく見られた作品もありましたが、ハイキューに関してはどちらも楽しく見ることが出来ませんでした。

・後半にかけてだんだん現実味がなくなってきてしまっているところや、展開が読めてしまってくることで、次回が楽しみであるという感情が薄れてきてしまった。また、現実離れしている部分も中途半端であるため、ワクワクすることがなくなった。

23位:るろうに剣心

23位はるろうに剣心

るろうに剣心がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・時代物や歴史が、苦手であまりすきでないからかもしれません。読んでいても、同じ繰り返しのように感じてしまいました。バトルシーンは面白いのですが、それ以外はそんなに面白みがないように思いました。名作だからこそ、ギャップがあったのだと思います。

・絵柄が好みじゃない。主人公のキャラが過去と変わりすぎて説得力がない。口癖が気持ち悪い。ヒロインが死んだと思わせておいて実は死んでいませんでした、死体は偽物でしたという展開があまりにもお粗末。作者の見た目が無理。

22位:暗殺教室

22位は暗殺教室

暗殺教室がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・私自身、ジャンプの作品ではドラゴンボールやNARUTO、ONE PIECEなどのアクションの感じが好きなので暗殺教室の感じはあまり好きだとは思いませんでした。上記にもありますが、絵のタッチもあまり好きではありません。

・みんなは好きと言うけれども、自分の子供に見せたいか…と問われるとノー。もう少し読んでいて明るい気持ちになれる作品だったら、イイのにな~と思います。あと、いかにもなタイトルが興ざめしてしまいました。タイトルを変更してくれ、ポジティブで希望の持てるものだと二重丸です。

21位:僕のヒーローアカデミア

21位は僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミアがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・僕の周りですごく話題になったり、友人とカラオケに行っても主題歌である米津玄師のピースサインを歌っていたりして、気になり自分も見てみたが、すごくガキっぽさが強くて、主人公のキャラもお世辞にもかっこいいとは言えないようなルックスをしていて、みてもあまり面白くなかった。

・好きになれない理由はこの作者の絵があまり好きではないことと、アメコミのヒーローを模した作画が気に入らない。この作画ならアイシールド21の作者のほうがまだ引き込まれて読みやすい。なぜあんなに人気なのかがわからない。

20位:D.Gray-man

20位はD.Gray-man

D.Gray-manがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・まず主人公側と敵のパワーバランスがあまりにも悪く(敵が強すぎる)、主人公たちが必死でパワーアップを図っても、いともたやすく敵がその上を行ってしまい、読んでて全く爽快感を得られません。あとは雰囲気があまりにも暗く、落ち込んでる時にはあまり読みたくないです。作者がたびたび休載して話が進むのが遅いのもマイナス点です。

・初めのうちは面白いと思い、すらすらと読んでいたのですが話が進むにつれ敵キャラの強くなるペースや主人公のパワーアップ、成長が早すぎて話についていけなくなり物語の進行がわけがわからなくなり、読むのをやめた記憶がある。

・連載当初はキャラのタッチや、カラーイラストの色使いがとても好きだったが、長期休載後あたりからストーリーが面白くなくなってしまった。人間関係がより複雑になり、主人公が何をしたいのかもよくわからなくなってしまった。

19位:NARUTO-ナルト-

19位はNARUTO-ナルト-

NARUTO-ナルト-がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・初期の絵柄が好みでずっと読んでいた。内容についてはとても満足していたが、同作者のボルトの連載が始まってから、ナルト内でのキャラの戦闘力が落ちたりして、せっかくの完結作品を愚弄する形になっていると感じる。旧作品との関連づけるのは良いとしても、戦闘系漫画のありがちの敵が強くなっていくにつれて過去の強者たちが弱体化する展開は賛成できない。

・ナルトはキャラクターのデザインが好みではないし、忍者という設定も魅力的だと感じませんでした。また、途中途中で入るギャグ的な要素も、面白いと思えるものは無く、冷めてしまいました。初回のストーリーの導入も期待外れでした。

・内容が難しく、現実離れしているのも理由の一つかもしれません。キャラは、それぞれ個性がありました。そして、ストーリーが苦手というわけではありません。現実離れしている設定のため、内容についていけなかったように思います。

18位:SLAM DUNK(スラムダンク)

18位はSLAM DUNK(スラムダンク)

SLAM DUNK(スラムダンク)がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・ストーリはとても面白くキャラクターも大好きでしたが、当時は絵のタッチが怖かったです。ドラゴンボールやワンピースは可愛らしいキャラクターがメインでしたが、スラムダンクは人間がメインであったためこい線で描かれている場面や試合中の真剣な顔が奇妙に思ったことがありました。

・昔から面白いと言われてきた名作で、名言も数々残しており、とてつもない期待で読み始めたがそこまでの感動は無く、バスケもよく分からない、スポーツにも興味がない人にはあまり面白く感じられないのかなと感じた。時代背景や漫画のノリが古くて面白くない。

・画力は素晴らしいと思います。しかし自分にとってはそれだけの作品です。内容は全部読んだわけではないので偉そうに言えた立場ではないのですが、そもそもバスケットボールという競技やそれにまつわる個人的な思い出には良い印象がないです。一番嫌いなのはこの作品を好きだと言ってるいるタイプの読者がとことん自分とは合わないことです。

17位:キャプテン翼

17位はキャプテン翼

キャプテン翼がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・少年サッカーをやっていたので、当初は、「サッカー」に関する漫画だということだけで楽しみながら読めましたが、あまりにも突拍子もないプレーや展開があり、ついていけなくなりました。現実社会のサッカーに必殺技はないということに気が付いてしまい、漫画を楽しく読むことができなくなりました。

・サッカー漫画のはずやのにめちゃくちゃ
人間じみた事してない
あんな技食らったら普通死にます
プロでも死にます笑
でもファミコンのゲームは面白かった
みさきくんを探すアドベンチャーのストーリーがよかった
音楽も良かった

・時代だと思いますが、あまりにも現実離れした動きや小学生が!?とか感じる部分が多すぎるため、ある意味ギャグ漫画として見るものかと。また外人だろうが日本人だろうがほぼ同じ顔というのがあまり受け付けられなかったです。

16位:セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん

16位はセクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさんがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・インターネットで面白い漫画を調べると、うすた京介作品をを進める人がたくさんいたので読んでみましたが自分には、センスがないのかどうか分かりませんがアニメでは、面白かったところも漫画では、あまり面白くなかったです。

・まず、絵柄が好みではありませんでした。ヘタウマ路線とでも言うのでしょうか?キャラがどのようにうごいてるのかわからず、、見にくかったです。ギャグも私にとっては意味がわからず、笑いどころがいまいち分かりませんでした。

・連載当時人気で確か深夜アニメにまでなっていた記憶もあるのだが、もともとギャグマンガもあまり好きではないので面白さがあからなかった。画も特に好きでもなく、連載当初は少し読んだもののそれ以降ジャンプを購入してもみることはなくなった。

15位:とっても!ラッキーマン

15位はとっても!ラッキーマン

とっても!ラッキーマンがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・連載当時、ジャンプを買って愛読している全盛期だったのに、この漫画のことは覚えてません。確かにタイトルは覚えてるし、実際に読んでたはずなのに内容を全く覚えていません!つまらない以前に、興味のもてない漫画だったのだろうと思います。

・一番思いつくのが絵が特に下手。読んでいても記憶に残らない内容。何話も読んだ記憶があるが一話も思い出せない。それに比べ「奇面組」や「ついでにとんちんかん」の内容は結構憶えている。ギャグマンガなんだけどギャグの要素が他の作品とくらべるとあまりおもしろくない。

・絵が好きじゃない
面白くない
内容が薄い
アニメもおもしろくなかった
バスケマンガなのにバスケの技術じゃない
毎回見ようと思わない
ラッキーよりも努力が大事
こちらもアニメがおもしろくなかった
毎回内容がおんなじ
また見ようとおもわない

14位:ドラゴンボール

14位はドラゴンボール

ドラゴンボールがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・ノリが古い。伏線回収などの面白さも無く、イケメンもあまり登場しないことから、男の子もしくは昔好きだった男性にしかウケない。にも関わらず、いまだにアニメや映画が続いているのはすごいことだと思うが、いつまでも続かないと思う。

・当初の目的はドラゴンボールを集めて願いを叶えるという、ボールを集めるという冒険ものだったのが、途中からバトル漫画になってしまい、ボールは生き返るためのアイテムになってしまってました。途中からいいかげんいつ終わるのかと思いながら読んでました。

・連載から数年間は面白いと思いずっと読んでいましたしアニメも見ていましたがが、段々と同じような展開の繰り返しになってきてしまい飽きてしまいました。また、その時代は他にも良い作品が多くドラゴンボールに目新しさが無くなってしまいました。

13位:ピューと吹く!ジャガー

13位はピューと吹く!ジャガー

ピューと吹く!ジャガーがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・ノリがゆっくりしていて見ていて寒くなっくる、またいきなりのキレたり逆ギレしたりと心良く見えないシーンが多い印象があった。よだれの表現などが汚く感じてネタに集中できない。単純に絵のタッチが好みじゃなかった為

・ この漫画を選んだ理由は、友人の勧めで借りて読んだ時にまず絵が下手すぎで内容も最後まで読んでもギャグは、最初は、少し笑えるぐらいで、他は、ギャグなのか分かりませんでした。友人に返す時のコメントに困りそうな漫画です。

・この作品のギャグは読者を笑わせようと狙いすぎていて逆に笑えませんでした。同じ作者の「すごいよ!!マサルさん」は斬新で面白いと思いましたが、この作品の連載の頃にはおかしなキャラ設定になれてしまったこともあり「またか…」と感じられてしまいました。

12位:鬼滅の刃

12位は鬼滅の刃

鬼滅の刃がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・まず、アニメの作画と違い本誌にのっている漫画はハンターハンターの作者が一時期を抜いて書いたような絵であまり興味がわかなかった。なぜみんなこれがいいのか理解しがたいところがある。アニメと漫画を見ろと言われたが1話でないと思い見ていない。

・今日本だけでなく世界中で人気が出ていて面白さや物語の素晴らしさはありました。ですが、人気なだけに期待しすぎてしまい、そこまで面白くないと判断してしまいました。物語に目新しさが感じられません。主人公の個性も、すごくいい子としか魅力が伝わってきませんでした。他のジャンプ作品と比べているからかもしれませんが、展開にドキドキすることが少なかったです。

・一人一人のキャラクターのタイプや発言と、そのキャラクターの行動がマッチしていることがあまりなく、内容が浅い部分が多いと思った。また、ありきたりな場面が多いためこれといって面白いという感情に至ることが少なかったから。

11位:銀魂

11位は銀魂

銀魂がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・ギャグ漫画の頃はどちらかというと好きでした。ですが、シリアスな展開が多くなり後半は初期とは全く別の漫画かな?と思うくらいに作風が変わりました。それが嫌で最後の方はジャンプを買っても読まなくなるくらいに嫌いになりました。

・ジャンプの漫画でよく読んでいたのがナルトやワンピース、ドラゴンボールといった主人公が熱いキャラの作品が好きでした。そんな中銀魂も銀の魂と書くので情熱のある漫画だろうなと読めとギャグ要素の強いもので期待外れでつまらなかった。

・漫画でもアニメでも面白いと思えるところは沢山あるが、漫画の方では字が多すぎてちょっと読み解くのに時間がかかりすぎ、読むのが辛くなり面白いと思えなくなってきてしまったから。後正直下ネタが多くて大丈夫かなと心配になった。

10位:斉木楠雄のΨ難

10位は斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・ギャグ漫画なのかストーリー漫画なのかよく分からないし、話の展開もよくわからない。アニメ化や映画化もされたみたいなんですが、何が面白いのか分からず観たいと思わなかったし興味が湧かなかった。単純に絵柄が嫌いというのもある。

・コメディ・コント作品は比較的好きなジャンルなのですが、何故か興味が持てませんでした。キャラクターデザインが嫌いだったことと、アニメ化し少し見たのですが、やっぱり面白くないと思ってしまったためです。ギャグマンガ日和などは好きですが。

・設定は面白そうで興味が引かれたんですが、笑いのセンスが違いすぎて、ただ単に寒い日常を見せられている感じがしてしまい、くすりとも来なかったし特に面白いと感じられず、3話で読むのをやめたので、この作品を選ばさせてもらいました。

9位:幽☆遊☆白書

9位は幽☆遊☆白書

幽☆遊☆白書がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・仙水編までは楽しんで読んでいましたが、魔界編になって一気につまらないと感じるようになってしまいました。絵の雑さが後半に進むにつれひどくなったことに加え、登場人物の強さを数値化し始めたことが、一気に冷めてしまった理由です。

・テレビで見た時は幽霊の動きや効果音の効果があって緊張感やわくわく感がありましたが、漫画で読むとそれらの効果が薄れてしまい面白みがテレビで見るより感じられなかった。ストーリーも似たり寄ったりだったのか興味が薄れてました。

・初めの数話を読んだときには、徳を積んで生き返るというところからはじまり、霊界探偵として働いていくのですが、途中から戦闘というか、バトル漫画になってしまい、はじめの目的と何かが違ってきているように思いました。ちょうどジャンプ自体がそのような流れの漫画が多かったからかとも思いました

8位:チェンソーマン

8位はチェンソーマン

チェンソーマンがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・とにかくイラストが雑で見づらかった。ストーリーも少年誌とは思えないスプラッタな内容で、子供が読むのはどうかと思う内容だった。悪魔が題材だったので、得体のしれないものではあるが、論理的ではない感じがあまり好きではなかった。

・まず一番大きな原因としては、絵が自分の好みではないと言うことです。ラフな感じの絵が、私はあまり好きではないからです。もう一つの原因としては、ここ近年の沢山の人が死んだりする感じの漫画(鬼滅、約束のネバーランド、呪術など)が台頭してきてその作品の中では、純粋にストーリーにハマらなかった

・基本的に絵柄がごちゃごちゃしがちなの事と、いまいちストーリーが入ってきにくい感じがあります。ダークなものが好きな人には刺さりやすいのかもしれないですけど、みんながいうほどの面白さは伝わってこない印象です。。

・白黒ではあるが、殺人シーンやバトルシーンでの描写がとても見る気に慣れなかった。グロテスクな描写が苦手な人には読むのがキツイと思う。話の流れは面白そうだったので、描写を控えめにして貰えたらな、と思っていた。

7位:ボボボーボ・ボーボボ

7位はボボボーボ・ボーボボ

ボボボーボ・ボーボボがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・テンションが高く、THE少年向けの漫画だと思います。ただ、それについていけないと置いてけぼり感が凄いです。私はついていけない側の人間だったので、面白さが理解できませんでした。基本的にギャグマンガ好きじゃないと厳しい気がします。

・ギャグが毎回にたパターン。アニメで色や声があればそれなりなのかもしれませんが漫画としてはあまり読み応えがありませんでした。毎回最後に気が向けば目を通すぐらいの漫画でした。万人受けする人と市内人の差だと思うのですが、絵もきれいとはいえなかったので、私は低評価作品です。

・とにかく分けがわからない。ジャンプ連載には向いていないと思う。くだらない内容はコロコロコミックなど小学校低学年向けの内容で、幅広い年齢層が読む漫画ではない。ギャグ漫画のジャンルではあるが、正直低俗すぎて笑える場面がない。

・もともとジャンプでもギャグ要素が強い作品は読まず、初めから興味がなかった。特に設定も画も好きなものではないので、長期連載のイメージがあるが、なぜ続いているのか人気なのか、個人的にわからない。どこに需要があるのか知りたい。

・自分が学生時代の時に少しだけ読んだことがありましたが、ギャグマンガの中でもボーボボは勢いと下品さだけで笑わそうとしているような印象が強く、楽しいより不快と感じる内容が多い為初めて見たときからそれ以降見ることはありませんでした。

6位:テニスの王子様

6位はテニスの王子様

テニスの王子様がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・最初の選択と似たような理由でしたが、スポーツ物でリアルとかけ離れた動きや表現はあまり好きになれません。
せめて必殺技で点数取るだけならまだしも、相手を痛めつけている表現は意味がわからず、テニスなのにと感じる部分が多すぎる気がします。

・率直に幼稚で安易な内容でつまらなかったという印象です。一昔前でしたら、キャプテン翼のように気持ちも昂ったのでしょうが、今現在にしてはチープで、テニス版のキャプテン翼のようです。主人公の性格も高飛車で好きになれずイマイチ入り込めませんでした。

・男向けの漫画というよりは女向けの漫画に思える。スポーツ物ならもっと泥臭いスポーツ漫画のほうが好み。それに最初からうまい主人公よりも下手からの成長して強くなるというストーリーのほうが好きだから。絵が少女漫画っぽくて嫌い。

・スポーツ漫画として始まったのに途中からなんかギャグ漫画にでもなったのかと思ってしまうほどの常識離れした技の連続になってきて個人的には読んでるのが辛かった。振り切るなら振り切って欲しかったけど中途半端にすかした言い回しもなんかギャグなのか真面目にやってるのか意味がわからなかった。

・序盤から中盤まではそこそこ面白いテニス漫画として週刊誌で読んでいましたが、後半にかけてギャグ漫画のような技や設定がでてきたあたりで急激に熱が冷めていきました。序盤が良かった分、方向性を誤ってしまった部分に面白くなさを感じた。

・スポーツ漫画としてはあまり現実的でなく、ストーリーもそこまで入り込めませんでした。テニス経験者であったこともあり、なんだかテニスを馬鹿にされているようで、気分が良くなかったことも理由の一つです。周りに女性ファンがいて少し過激だったのも苦手に拍車をかけました。

5位:トリコ

5位はトリコ

トリコがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・トリコは島袋先生の作品でも大ヒットしたものだとは聞いているのですが、個人的には以前連載していた世紀末リーダー伝たけしのほうが好みだったのでトリコの作風があまり肌に合いませんでした。なので完全に自分の好みの問題です。

・実は好きでずっと見てたのですが、最後の終わりももうちょっと続けてほしかったなぁと思う場面がありました。全ての伏線などを回収した訳でもないからちょっと物足りなさが残ってしまったのかなと思いました。後半から終わらせにかかってるのが丸わかりだった。

・絵のタッチがあまり好きではありませんでした。人生のフルコースを作るという軸で話を繰り広げていくストーリーは、私は好きでした。しかし、絵のタッチと自分との相性が良くなければ私自身は好きじゃない、又は、見たいとは思えなかったです。

・最初こそグルメ+バトルが斬新で面白く感じたのですが、だんだんと出てくる食材モンスターなどの手抜きを感じ、しまいには読者が書いた中身のない絵を作者が改変させて登場するなどしてさらにつまらなくなりました。最強と言われていた人物があっさり負けてしまったり、強さのインフレが起きてしまい、主人公が霞む程周りが強く、「じゃあ主人公いらないじゃん」と、思うような展開が多々あります。物語のバランスもどんどん落ち、連載当初からあるフラグを回収する気がないと思う程中身のない漫画でした。

・最初の内はグルメを題材としたバトル漫画で新鮮かつ強い強敵と戦うといったジャンプの王道を行く漫画でしたが、話が進むにつれマンネリ化、また捕獲レベル(敵の強さ)のインフレなどがあげられると思います。(そこが面白いという人もいるかもしれませんが…笑)

・最初からみましたが、闘う、食べるという単純な物語で、他のジャンプ作品に比べてここからどうなるのかというドキドキ感があまり感じられませんでした。戦闘シーンもかっこよさが伝わりづらかったです。話が進むごとに続きがきになりましたが、やや子供向けだったことと、序盤から次が気になるという気持ちにならなかったので好きではない選択をしました。

4位:BLEACH(ブリーチ)

4位はBLEACH(ブリーチ)

BLEACH(ブリーチ)がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・ストーリー前半は面白く読ませてもらっていたが、だんだんとキャラクターの関連や内容が難しくなっていき単純にストーリーを理解するのが困難になってきた。その為にスカッとせずもやもやが残ることが多くなり読まなくなってしまった。

・こちらも、初めに選んだコミック同様に初めはとても面白かったです。ですが第3章辺りからは物語のやっつけ感が出てきたように感じます。記憶はかすかですが、アランカル編くらいまでは面白かった、その後無駄に物語を伸ばす必要はないと思った。後半の内容は薄っぺらかったように思います。

・連載をかかさず見て単行本も集めるほど好きだったが、ダラダラと引き延ばしている感じがしてきてからはあまり熱中しなくなった。人気作特有の、連載の長期化が見受けられた。ジャンプ作品に共通して言えることだが、ファンがついた時点で作品は作者や出版社側だけのものではないと思うので、商業目的に走りすぎないようにして欲しかった。

・スタイリッシュなキャラクターが多く絵はすごく好きなのですが、物語が佳境に向けていく過程で作者の意図的な引き伸ばしが見えてしまい楽しみに連載を待っていた気持ちが、いざ連載されると話が一向に進まずがっかりした、という思いが何度もありました。話の内容も、最初の強大な敵が現れた時はこの人が敵なのか、とビックリさせられたこともあるのですが、物語後半になると一体誰が敵で尚且つ誰が裏切っていたのか、読んでいて考察しすぎてしまい、非常に疲れます。全然面白くないというわけではないですが、話のテンポ、裏の裏をかきすぎている等が原因で、私は好きな作品ではないです。

・出てくるキャラクターやら世界観がちょっと時間がたってから読むと、全くついていけない設定に変わっているという印象です。キャラクターがどういう立ち位置でどんなことができるようになったなど、要素が多すぎて読む気をなくしてしまいました。

・絵が雑で、私には読み辛かったです。さらに、途中から読むと話の筋が良くわからないままどんどん話が進んでいってしまい、置いてけぼりになりました。さらに、登場人物がかなり多いうえ、敵と味方がビジュアルから区別できず、主人公側に感情移入ができませんでした。

・台詞回しやネーミングは非常にセンスがあると思うが、基本自分の手の内を明かして戦う戦闘シーンや拡げすぎたストーリーの風呂敷を全くたためてない話の展開等突っ込んだらきりがないほどにいや、おかしいだろって感じてしまう展開が続きすぎているところ。

3位:ジョジョの奇妙な冒険

3位はジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険がジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・周りには結構好きな人が多いが、自分は嫌いな漫画でした。1部の頃の絵は特になにも感じなかったが。部が進むにつれて絵が下手とはいわないが受け入れにくい作品でした。あと内容もグロい感じの作品だったのを覚えています。読んでいて目的がよくわからない作品でした。

・まわりに勧められ、なんどか読もうとしたのですがいかんせん漫画の絵が好みではなく読む意欲がわかない作品でした。
有名なだけあって、内容は恐らく素晴らしいのでしょうが絵の特徴による食わず嫌いが大きな理由となります。

・絵がとにかく上手でいろいろ描き込まれているので、多分私にとってはそれが逆にすごく読みにくいと感じてしまっているように思います。アニメで見てストーリーも本当に面白いと思ったので、もう一度今度こそ読んでみようと思ってマンガを手にしたこともあったのですが、どうしても全部読み切ることが出来ませんでした。

・連載当初より読んではいたが、当時の漫画作品にしては描写が猟奇的に見えて入り込めなかった。また、当時は多勢を占めていた分かりやすいいわゆるマンガタッチな画のトーンに慣れていたためコンサバティブな自分には画期的過ぎて逆になじめなかった。

・とにかく絵が嫌いだった。それでも設定やストーリーを読みはしたが、2部3部と進むにつれ、同じことの繰り返し感が否めず、途中で断念した。せめて絵のタッチが少年向けだったら印象が変わっていたかもと感じている。(戦いものは基本好きなため)

・最初の印象では、絵柄が苦手に感じたところからはじまりました。作品中のストーリーが子ども時代には理解がしにくく、絵ばかりに目が向いてしまい、内容を楽しめなかったのが原因です。大人になってからも、独特な世界観が苦手でした。

・質問1でジョジョの奇妙な冒険を選んだ理由としては、正直内容が私には難しすぎました。どんな物語なのかもあまり想像つきませんでした。さらに絵もグロくてジョジョの奇妙な冒険の世界観についていくことが出来ませんでした。

2位:ろくでなしBLUES

2位はろくでなしBLUES

ろくでなしBLUESがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・絵柄とジャンルが好みではなかったためつまらないと思ってしまいました。喧嘩の表現やキャラクターの目つきが苦手でワクワクするどころかひいてしまい、ギャグ的な会話が出てきてもまったく面白いと感じられませんでした。

・私の周りでは流行っていましたし読んでいる人も多かったのですが、どうしても絵柄と内容が好きになれませんでした。不良の殴り合いが美化されてしまうのがどうも納得できず、当時は不良はカッコいいというような風潮も好きになれませんでした。

・ヤンキー漫画の良さがまったく理解できない。作画があまり好きではない。当時読んでいた時も時代的に古いと思っていたので、時代的に今も読み返す気がしない。下ネタや暴力表現がとても苦手。面白さがわからなかった。

・絵柄やストーリーが暑苦しくて好みじゃない。ヒロインがかわいくない。ヒロインは性格もうざい感じ。髪型も古臭いがこれは仕方ないかも。キャラクターがどれも似ていて見分けがつかない。主人公も周囲の子も頭が悪すぎる。

・昔の「不良が肯定されていた時代のジャンプの流れ」には合っていたのかと思いますが、私には不良ものの良さがよく分からないし、何が響くのかも分からない。感じ方の違いは性別差が大きいと思いますが。あと単純に絵柄が苦手。

・ヤンキーが減っていて時代にあっていないと思った。暴力的な描写が多く大勢の大乱闘のシーンは気分が悪くなった。画風も好みではなかった。女性キャラクター、男性キャラクター問わず顔に線がたくさん入っているところが好きではなかった。

・理由はいくつかあります。ヤンキーがどうしてもかっこよく思えないということ。ヤンキーの気持ちに共感できない。この世から絶滅してもらいたいと思っている。ヤンキーや好きだという人と仲良くなれない。ダサい。迷惑。

1位:ONE PIECE

1位はONE PIECE

ONE PIECEがジャンプの名作漫画の中でつまらない・面白くないと思う理由(抜粋)

・私は空島編まではワンピースを面白いと思うことの方が多かったのですが、少しづつ今回のストーリーはつまらないなと思うことが増えていきました。またストーリーが進むにつれページの書き込みが増えていき読みづらくなっていったのがワンピースを1で選んだ理由です。

・メインキャラクター死が極端に少なくバトルアニメでありながら戦闘後にどのキャラクターの生き残るかのハラハラ感がなく、
主人公の目標である、海賊王になることがストーリーの中であまり感じれず取り合えず戦っている感じがする。

・話が長くなりすぎて、飽きてしまったため。今、ワンピースは何をしているのか全く興味を持てなくなってしまったため。キャラクターデザインが元々あまり好きではないため。好きなキャラクターがチョッパー以外いないため。

・作画の特徴がとても苦手なことと、キャラの表情が全部同じに見えるので読みづらい。内容がパターン化していて、つまらなく感じてしまう。連載期間が長すぎて、読んでいる側が大人になってしまったため、ノリについていけない。読み返すのにも時間がかかる。

・紙面上の情報量が多く、ごちゃごちゃしており読みにくい。読者に対し感動させよう、泣かせようとしていることが見え見えで冷めてしまう。また、ジャンプ漫画であるが、修行がシーンがほとんどなく新たな敵と戦うとき、勝つ時にはなぜか新技がでて勝ってしまう。また、技の名前もダサい。巻数も多くなってきており、読む気になれない。

・昔はおもしろいと思っていたのですが、年齢を重ねるごとにストーリーやキャラクターたちが王道で真っ直ぐ過ぎることが気になるようになってしまいました。感動出来る話が多いことも良さの一つだとは思うのですが、今はその感動を素直に受け入れることが出来ないと感じてしまいます。

・連載初期はジャンブを購読していたので惰性的に読んでいたのですが、ダラダラと長期連載に及んでいたような印象と、ところどころ意図的にこちらを感動させようという感動ポルノのような意図を感じてしまったのが主な理由です。

・友人たちからとても面白い、泣けると進められて読んだのですが、感動を押し付けられているようにも見える泣き顔のドアップがどうにも好みじゃなく、書き込まれてはいるもののコマの一つ一つがごちゃごちゃでバトル漫画なのに何が起こっているのかよくわからなくて途中で読むのをやめました。