すき家テイクアウト人気メニューランキング!持ち帰りでも美味しいおすすめ弁当はどれ!

すき家でテイクアウトで人気の商品・メニューはどれなのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

16位:かつぶしオクラ牛丼

すき家かつぶしオクラ牛丼
16位はかつぶしオクラ牛丼

かつぶしオクラ牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・テイクアウトでもかつおぶしとオクラ、牛肉とのコラボレーションはかなりマッチしていると思う。お好みで醤油を掛け合わせたり、卵を使うことによってかなり美味しい商品になると思う。すき家では卵一個の単価は高めなので自宅で使用するといいかと思う。

15位:キムチ牛丼ライト

15位はキムチ牛丼ライト

キムチ牛丼ライトがテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・キムチと牛丼の相性が抜群で、店内で食べても持ち帰って食べても、同じようなおいしさを味わうことができます。寒い日に持ち帰ると冷めるのでレンジで温めなおして食べることがありますが、キムチの辛みが効いているせいか、一度冷めても肉の味が損なわれていないように思います。

14位:まぐろたたき丼

すき家マグロたたき丼
14位はまぐろたたき丼

まぐろたたき丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・冷凍感は丸出しで出てくることも多いですが、スーパーで出てくるネギトロ寿司の値段などを考えてもコスパ的にとても良き量を提供されます。自分で山葵を溶かした醤油をふんだんにかけ、スプーンでガッツく時にその贅沢さがたまりません。

13位:わさび山かけ牛丼

13位はわさび山かけ牛丼

わさび山かけ牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・山芋が別についてくるので、べちゃべちゃになることもなく美味しく頂けました。わさびもピリ辛あっさりでアクセントも絶妙です。山芋足りないかな?と最初は思いましたが、汁とのバランスもよくちょうど良かったです。

12位:牛すき鍋定食

12位は牛すき鍋定食

牛すき鍋定食がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・牛すき鍋定食は安定の味です。どんぶりだと何か味気がない感じがしますが、定食だとご飯、おかずと食べ勧めることができて、ともすればわびしい持ち帰り弁当もほっこりとした感じになり、楽しく食事をすることができます。

11位:高菜明太マヨ豚丼

すき家高菜明太マヨ牛丼
11位は高菜明太マヨ豚丼

高菜明太マヨ豚丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・明太高菜豚丼は牛丼に比べて軽く、女性にお勧めです。高菜だけでもおいしいんですが、明太子のマヨネーズが凄く高菜と豚にあっています。高菜が無かったときはキムチ牛丼を食べていたのですが、お昼だと匂いも気になるのでお昼時は明太高菜がおすすめです。

10位:キムチ豚丼

10位はキムチ豚丼

キムチ豚丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・もともと豚とキムチの相性は抜群ということもあります。特にすき家の豚丼は美味しく、持ち帰ってレンジで温めても美味しく頂けます。また、他のメニューもそうですが、トッピングは別梱包されており食べる直前に混ぜられるのも親切だと感じます。

・もともと牛丼よりも豚丼を臭みがなくて美味しいと感じています。冷めても豚肉はしっとりしていて固くならないので、持ち帰りには豚丼を選んでいます。それにキムチご付いていると、冷めてもより美味しく食べられると思います。

9位:牛カレー

すき家牛カレー
9位は牛カレー

牛カレーがテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・カレーは持ち帰りでも美味しいです。少しくらい冷めても美味しく食べられると思います。うちの旦那はとくに牛カレーが好きすぎて、仕事が休みの日でも、朝から持ち帰りで買ってきて、ペロッっとたべてしまうくらいです。

・カレーは良くも悪くも美味しく食べられます。味が足りなければ、しょうゆやソースを足せ、温めもできるからです。家で手軽に食べられるカレーとして、比較対象が、レトルトカレーになるので、それと比較すると、美味しく食べられます。

8位:牛皿定食

8位は牛皿定食

牛皿定食がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・牛丼好きな人がすき家で牛丼をテイクアウトする時は牛皿にするのは結構有名で知ってる人も多いはず。牛丼もそのままテイクアウトすると、牛丼のタレをご飯が吸ってしまっていざ食べる時にご飯がベチャっとなってしまいますが、牛皿にする事でその問題を解決する事が出来ます。牛皿にする事でテイクアウトだと家でアレンジが効くので非常にオススメです。

・味はもちろん美味しい。牛丼を頼むより、牛皿で頼むことで自宅での汎用性が高い。自宅にご飯があることで、牛丼より安い牛皿を頼めることで経済的にもお得だし、自宅で食べる際にさまざまなアレンジができる点がとても良いと思う。サイズ展開が細かい点もよい。

7位:おろしポン酢牛丼

すき家卸ポン酢牛丼
7位はおろしポン酢牛丼

おろしポン酢牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・先述した味の濃さをおろしポン酢のさっぱりとした風味で中和して、丁度いい味の濃さにできるため。また、持ち帰るときには牛丼とおろしポン酢を別々にしてもらえるので、おろしポン酢の水分で牛丼のご飯が水っぽくならなくていいと思う。

・ポン酢が好きなのとだいこんおろしの組み合わせが好きな理由です。牛丼とマッチして最高に美味しかったです。並で注文しましたが、ご飯もよく進み次回は中盛りで食ベテもいいなと感じました。さっぱりっとした味も美味しかったです。

・ポン酢の酸味と水分が肉・おろし共にマッチしていて美味しく食べる事ができました。口の中がサッパリしつつ、酸味で疲れが癒される感じがします。現地でも持ち帰りでもすき家はlこの商品が一番美味しのではないかと思います。

6位:とりそぼろ丼

すき家鶏そぼろ丼
6位はとりそぼろ丼

とりそぼろ丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・とりそぼろ丼は、牛肉よりも持ち帰った後でも新鮮度が高く、お店で食べるのと同じ味で食べられる気がする。持ち帰ってレンジで温めても、特に残念な味になることはなく、とても、美味しくいただけたと感じています。

・冷めてもそれほど味が劣化しないからです。汁も少ないので、移動するときにこぼしたりする心配も少なく、味も変化しづらいです。そぼろは弁当の定番メニューでもあるので、持ち帰るなら、適しているだろうと思いました。

・お子様がおられる方はお持ち帰りに鶏そぼろ丼はいかがでしょうか。我が家はいつも子供たちに買ってきてと言われます。持ち帰りでも味が変わったりすることもないので、食べやすくておいしいですよ。飽きの来ない味付けです。ヘルシーなので女性にもおすすめです。

5位:高菜明太マヨ牛丼

すき家高菜明太マヨ牛丼
5位は高菜明太マヨ牛丼

高菜明太マヨ牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・高菜明太マヨ牛丼はいつも、頼ませていただいてる商品なのですが、たくさんの高菜と明太子がちょっとピリッと辛く沢山食べれば食べるほど辛いとなるのですが、そこがまた、食をそそる美味しさでそこにまろやかなマヨネーズは相性抜群です❕

・少し甘じょっぱい牛丼に高菜の良い塩味と明太マヨの辛味とまろやかさがベストマッチしている。冷めてもうまいと感じる位うまい。正直高菜明太マヨだけでもご飯にのせて食べてもいい。売っているなら買って食べたいレベル。

・他の牛丼屋にたぶん似たような商品が無く、差別化出来ている。すき家に行ったらいつも注文する商品です。他の牛丼屋よりもすき家はリーズナブルなのでいつも助かっております。ご飯を作るのがめんどくさい時に良く行きます。

4位:ねぎ玉牛丼

すき家ねぎ玉牛丼
4位はねぎ玉牛丼

ねぎ玉牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・ネギが大量に入っていて、ネギのにおいが際立っていて、おいしい。またネギのお陰で殺菌てきなこともありそう。牛丼だけだと味が同じで飽きるが、ネギの苦さがアクセントになり、病みつきになりました。今度はお店でも頼みます。

・牛丼の濃い味付けを楽しんだ次はネギを絡めてさっぱりと、さらに黄身を崩してまろやかにというように味の変化を感じられるところが素晴らしいです。飽きずに最後まで美味しく食べきることができるのでまた買おうと思います。

・ねぎの風味と肉の濃いタレと卵の甘さがぶつかることなく見事にマッチしている。たっぷりのねぎと卵が混ざった時にねぎの苦みも消えて、食感と甘さだけを感じることができるようになり肉と一緒にどんどん食べてしまうおいしさ。

・薬味などのネギが好きなため、おいしく頂ける。もう少しネギが多いほうがおいしいのではないかとも思う。ネギと紅生姜が絡み合って、それが牛丼にあっていておいしい。持ち帰りだと紅生姜の量も少ないので、いつも「多めにお願いします」と言っている。

3位:とろ〜り3種のチーズ牛丼

すき家とろーりチーズ牛丼
3位はとろ〜り3種のチーズ牛丼

とろ〜り3種のチーズ牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・チーズと牛丼のバランスが良く、持ち帰りで多少冷えてもチーズの風味が台無しになってしまうこともないのがすごいなと思いました。冷えてしまうとどうしてもチーズが固まってしまって、おいしくなるのですがとろ~り三種のチーズ牛丼はおいしく食べられるのでお勧めしたいと思いました。

・3種類のチーズが乗っているせいか、イメージなのか深みがすごくある感じがするこれにさらにキムチをトッピングしてもなおさら美味しい。旨味がアップし牛肉との相性がチーズ牛丼が最高であると思うから。チー牛の相性がつくのも納得

・すき家に行ったらいつも頼むメニュー。持ち帰りでも食べる時にチーズが固まっいたことがなく、とろーり溶けたまま食べられる。(持ち帰り時間30分ほど。)お店で提供される時と同じクオリティのため、安心して頼める。

・チーズ入りは間違いなくどんなメニューでも美味しいと思います、そしてスペシャルなメニューに感じて、お持ち帰りしても普通の牛丼より少し贅沢な感じがするので美味しく感じると思います。ちょっぴり家でゆっくりと味わいたいときにはチーズ牛丼がいいと思いました。

・牛丼の中でもダントツで美味しいと思います。店舗で食べる時はいつもチーズが溶けきってないのですが、持ち帰りにするとチーズが溶けていい感じになった時に食べれるので、店舗で食べるよりむしろ美味しいと思います。

・毎回必ず選んでしまう。チーズのとろけ具合もとろとろで、他の牛丼店では絶対食べられない味。3種類のチーズがまんべんなく入っているので、飽きてこないしずっと食べられる。どんなに限定メニューがおいしそうでも必ず選んでしまうくらいお気に入り。

2位:キムチ牛丼

すき家キムチ牛丼
2位はキムチ牛丼

キムチ牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・牛丼とキムチの相性は抜群で、特にすき家のキムチは牛丼の味を消さない絶妙な味加減なので、絶品です。また、最初の一口はキムチだけ、次は牛丼だけ、最後に混ぜて食べた時の風味が最高です。何度もリピートしています。

・牛丼系は基本的にうちに帰って食べても味はイートインで食べるのと変わらない様な気がします。しかしながら、卵とか、生ものが入ると話は別で、帰宅してから食べようとすると、ちょっと鮮度が気になります。その点キムチなら問題なく、おいしく頂けます。

・できれば温かいうちにその場で食べたいですがお持ち帰りの時はいつもキムチをつけます。単品でも美味しいというのもありますが、多少冷めていても、冷めた牛丼とキムチを一緒に食べるとキムチがアクセントになりとても美味しいからです。

・ピリッと辛いキムチがアクセントになっておりお腹の空いた時間に食べるので牛肉は食べた感じがしてよい 辛いのが苦手だがキムチ程度の辛さなら子供も食べられるし食欲がわく 値段もリーズナブルなので頻繁に食べるし持ち帰りもするぐらい好き

・まず、キムチは温度変化の影響はそれほど受けないためぐちゃぐちゃになることはないので店内で食べた時との味の違いはあまりないように思う。豚キムチが家庭でよく作られるように、キムチは肉との相性はいいので当然牛肉にも合う。両方ともご飯にあう味なのでキムチ牛丼を選んで失敗はないように思える。

・好きなメニューであること。
また、すべてのメニューについて言えることで当然のことではあるが、テイクアウトのたびに分量(牛丼とトッピングの比率など)が異なる。それによる食感等の優劣が避けられないが、キムチ牛の場合は分量のばらつきが許容できる。

・王道感。他の牛丼チェーンでもキムチを使った商品はありますけれど、やはりすき屋のものが一番美味しいと感じます。キムチそのものと、盛り付けの量、牛丼そのものの旨味や甘みとのバランスがキモなのではないか、と思っています。

1位:牛丼

嫌いな外食チェーンランキングすき家
1位は牛丼

牛丼がテイクアウトにおすすめの理由(抜粋)

・シンプルに牛丼がいちばん味わいがあり、テイクアウトでも変わらぬ美味しさ、冷めても美味しく食べられると思います。トッピングを何等乗せる事で、テイクアウトでは時間経過と共に、味や風味を損ねており、定番の味わいがいちばんテイクアウトとしてもむいています。

・王道で間違いなく、美味しく頂く事が出来る。最終的な元祖、シンプルなメニューと言ったら牛丼だと思います。それは、テイクアウトおなると、またシビアに考える必要があり、『持ち帰り時間中にかかる時間や、その間の商品の変化』例えばつゆがごはんにどの程度染み込むか、それがありか、なしか。美味しさ維持できるのは、一番はやはり牛丼。

・定番のメニューが一番おいしいと思います。他のものは冷めるとあまりおいしくないような気がしますが、牛丼は多少時間が経ってもつゆがごはんにしみて、それがまたおいしいと思います。いつも、持ち帰りの時はつゆだくでお願いしています。

・牛丼や牛皿以外を食べたいから寄るため他の商品を持ち帰ることは選択にいれてません。多少冷めてしまっても電子レンジで温めればお店で食べるものと然程変わりはなく、味も昔から安定してるため安心して頼めることが大きな理由です

・やはり、王道のメニューである牛丼がおいしいと思いました。他の牛丼チェーンの牛丼よりも、牛そのものの味がちゃんとするし、出汁の味もおいしいので、すき家の牛丼がいちばんシンプルでおいしいと思います。つゆだくだと少し脂がしつこいので、少しだけつゆだく、くらいが一番おいしいです。