実は弱いワンピースキャラランキング!本当は強くない・雑魚っぽい登場人物は誰!

本当は強くない・実は弱いと言われているワンピースのキャラクターは誰なのか。

みんなの意見をランキング形式でまとめてみました。

是非ご参考ください。

21位:ヴィンスモーク・ジャッジ(ジェルマ66 総帥)

ヴィンスモーク・ジャッジ(ジェルマ66 総帥)
21位はヴィンスモーク・ジャッジ(ジェルマ66 総帥)

ヴィンスモーク・ジャッジ(ジェルマ66 総帥)が実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・科学の力で息子たちや軍事力はとても強大な力だと感じるが、本人のポテンシャル自体はそこまでだと感じます。装備が強力なだけで、ジャッジ自体の強さはよくわからないと思います。強さというより、科学力、頭脳派という印象です。

20位:クロコダイル

20位はクロコダイル

クロコダイルが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・何がともあれだいぶ前のルフィに負けているから。ロギアの能力にすがっている典型例だと思う。同じ七武海のメンバーを見てみると基本的な覇気や戦闘力に差があると思ってしまう。いま現在の強さはわからないがもう少し強くあってほしい。

19位:ゲッコー・モリア

19位はゲッコー・モリア

ゲッコー・モリアが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・強い能力の部類には入るかもしれないが弱点が日光だったり海水だったりして制限が厳しすぎる上、当人はルフィとの戦闘中に自滅してしまう。家庭教師ヒットマンリボーンでもサングラスを外して自滅するキャラがいるのですが、やはり勝負で決着は付けてほしいと思い選びました。

18位:シャーロット・リンリン / ビッグ・マム

シャーロット・リンリン / ビッグ・マム
18位はシャーロット・リンリン / ビッグ・マム

シャーロット・リンリン / ビッグ・マムが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・ビッグ・マムの残忍な性格、見た目や喋り方、それを囲む家族や部下の多さなどの諸々の迫力に押されて、それを除いて本人自身の個の能力をみるとそれほど破壊力など無いように感じ、その場の感情が追加されてやっと発揮できているのではと疑問に思います。

17位:トニートニー・チョッパー

チョッパー
17位はトニートニー・チョッパー

トニートニー・チョッパーが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・チョッパーの生い立ちやドクターとの物語はとても好きですが、強さ的には大きくなって小さくなって速くなって大きくなって…の繰り返しであまりワクワクしないというか、戦いに華がない感じで強い!とは感じなかったです。 

16位:ニコ・ロビン

16位はニコ・ロビン

ニコ・ロビンが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・初期の頃は強キャラ感がすごかったのに今となってはリアクション担当になってしまっている様な気がするからです。あまり戦闘シーンが見えないところもそう感じる原因のの一つですが持っている技のパターンが同じ様に見えるところもあるので弱く見えるのかもしれません。

15位:ネフェルタリ・ビビ

15位はネフェルタリ・ビビ

ネフェルタリ・ビビが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・自力でどうにかしようとしていることが多いが結局麦わら一味に助けてもらうことが多く、孔雀スラッシャーだけではあの頃から今にかけても相手を倒せる武器とは思えない。考えにかけている訳でも、攻撃や守備にかけてるわけでもないので、マスコットキャラというイメージが強いため。

14位:バジル・ホーキンス

14位はバジル・ホーキンス

バジル・ホーキンスが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・最悪の世代の海賊ではあるもののカイドウに敵わないと分かると手の平を反して部下となり、自分の身を守る事しか考えていない。タロットカードの結果によって攻撃するのが運の要素が強い点と基本的に身代わりにダメージを受けさせて逃げているため。

13位:バルトロメオ

バルトロメオ
13位はバルトロメオ

バルトロメオが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・バルトロメオはバリバリの実の能力者で、指をクロスするだけでバリアを張ることが出来、一見最強かと思うのですが、実際は防御面だけで攻撃はバリアを拳に纏い殴りつけるだけだったので、防御面が優れているだけで、強くないと私は感じました。

12位:フランキー

フランキー
12位はフランキー

フランキーが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・ロボで兵器などをつかいつつ肉弾戦とかもやったりしてるけど普通にやられたりしてるのでそこまで強い印象をうけない。キャラの特徴をいまいちいかしきれていない戦い方が多くて読んでいても根性とか気合とかで乗り切ってる気がします

11位:ブルック

ブルック
11位はブルック

ブルックが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・大きな戦いが起こるとき、麦わらの一味は敵幹部を中心に強者同士の1対1の戦いが多いと思います。敵幹部の人数や、ブルックが加わってから長くないこともあるかと思いますが、幹部周辺の多対1という戦闘が中心であるため、個の力としては強くないと思っています。

10位:モンキー・D・ガープ

モンキー・D・ガープ
10位はモンキー・D・ガープ

モンキー・D・ガープが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・シンプルに能力者ではないから。非能力者で中将まで上り詰め大将の座を蹴ったのはすごいと思うが、覇王色の覇気も有していないので火や雷、光などのロギア系や不死鳥や大口真神などのゾオン系幻獣種のような特殊能力者にはゲンコツだけでは太刀打ちできない。

9位:光月おでん

光月おでん
9位は光月おでん

光月おでんが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・ロジャーや白ひげといった伝説が認めてた存在という割にはマネマネの実やバリバリの実の能力者が敵にいたとはいえ黒炭オロチごときにまんまとしてやられたところが個人的にはかなりのマイナスポイントになるバリアを強引に突破したとかは欲しかった

8位:ジャンゴ

ジャンゴ
8位はジャンゴ

ジャンゴが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・まぬけなんで。笑 戦い方自体はちゃんとやれば強いんでしょうけど、彼のキャラも相まってあまり強く感じません。いいやつなんだろうなとさえ思います。よくみんなで「ワン・ツー・ジャンゴ!」って、やっていました!

・はじめて敵キャラとして出てきた時から強そうな感じが全くしなかった。海軍に入ってから多少は強くなったとは思うが、催眠術を主として戦うスタイルのままなら強くはないだろうと思います。チャクラムもそんなに強そうな武器にも思えない。

7位:たしぎ

たしぎ
7位はたしぎ

たしぎが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・海軍の中ではピックアップされていろんな場所で麦わらの一味に関わってくる人物だが毎回雑魚海賊は倒せるものの、メイン系の少し強い敵には手も足も出ていない。海軍の階級制度では順調にランクアップしているが弱いと感じる。

・ロロノア・ゾロの幼馴染のくいなに似ている、とのことだが、ゾロの強さを補強するようなテコ入れ感を感じた。また、近眼であるために、距離感がないのではと思う。一緒にいるスモーカーがたいして強くもなさそうなのが拍車をかけている。

6位:ホーディ・ジョーンズ

ホーディ・ジョーンズ
6位はホーディ・ジョーンズ

ホーディ・ジョーンズが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・ホーディ・ジョーンズってドーピングしただけですよね。顔が怖くていかにも!という感じはありますが、ドーピング薬ESの副反応で顔が変わっただけですし、新魚人海賊団船長なのにドーピングしないとゾロに勝てないのはちょっと…。

・常に薬を服用してあのレベルだったから完全に新世界突入後の麦わらの一味の修行の成果を見せるためだけに用意されたキャラだった。まだ覇王色が表れていないゾロに一撃で重傷を負わされていたからホントに大したことない。

5位:黒炭オロチ

黒炭オロチ
5位は黒炭オロチ

黒炭オロチが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・心が弱い人だと思う。感情の起伏が非常に激しく、本当は小心者である部分が弱いと思う。自分でも分かっているからこそ、周りから馬鹿にされないようにとにかく横柄な態度を取り、傍若無人なところが弱いところだと思う。

・復讐心が強いだけで個人的な能力は全く強くないと思います。カイドウとオロチが手を組んでいたとしてもおでんさんはカイドウを倒さなければ意味がないということをわかっていたので、相手にされてないオロチは弱いと思います。

4位:スモーカー

スモーカー
4位はスモーカー

スモーカーが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・スモーカー中将はもくもくの実の能力者で一見強そうに見える。初めて出てきたロギア系の悪魔の実の能力者なので、強いに違いない、と思ったのだが、2年後に他のキャラクターが覇気が使えるようになったこと、そして七武海のドフラミンゴにすぐやられてしまった。

・悪魔の実の能力だけ見ればシーザークラウンのガスガスの実という上位互換の実が登場しましたし。煙をモクモクさせたところで今更何が強キャラ要素になるのか疑問です。ドレスローザ編で「(昔)自分に地位があれば真実を打ち明けた」「(今)俺には真実を打ち明けるなんてできない」と言ってることが真逆なのが志が変わったようでキャラとして残念です。

・スモーカーがそんなに強くないと思った理由は色んなキャラと戦って勝つより負けている方が多いと思ったからです。例えばパンクハザードでローと戦って心臓を取られたり、シーザーやヴェルゴに負けて、最後にはドフラミンゴにも負けたから弱いと思います。

3位:バギー

バギー
3位はバギー

バギーが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・バギーは、そういうキャラクターなので、強い弱いで言うと強くないでしょう。ただ、やっつけようとしてもバラバラになるだけで、手ごたえがない気がします。爆弾などの武器が無ければ、攻撃力が無い分、弱いでしょう。でも、逃げ足は速そうです。

・基本的に食べている実や能力は低いけど、逃げ足や運で生きているからです。逃げ足や運でもここまで生き残れているという点は、誰よりも優れているのかもしれないですが、基本能力での勝負、1対1で逃げられないというような条件下では流石に生き残れないと思うから。

・毎回謎に周囲のキャラクターが勘違いして物語画進んでいきますが、あまり強くない印象があります。海賊王のクルーなのがいまだに信じられないです。特に覇気も身に着けずに海賊王のクルーでいて、周りに素敵な教師が沢山いるのに強くないのも変だと思います。

2位:ウソップ

ウソップ
2位はウソップ

ウソップが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・麦わらの一味が2年間の修行期間で、それぞれ強くなって再開しているのに対し、ウソップだけは、未だに2年前と強さ的にさほど変わってないのではと思った。シャボンディ諸島まではあの強さでもよかったが、新世界のキャラとしては吐出するものがない。

・元々強いというイメージのあるキャラではないのですが見聞色の覇気は端的に言えば「見える」だけであり回避や攻撃は別のステータスと考えています、そう考えるとウソップのステータスはワンピースのインフレ具合を考えると「見える」だけでは到底補えないレベルだと考えられる。もし十分戦える描写あるとすれば道具を使う、距離をとって狙撃、不意打ちだまし討ちあたりでしょうが大地を裂き、空を飛び、鉄砲を物ともしない連中が闊歩する世界でメインキャラとして活躍するのは到底無理なキャラだと思われる。

・たまたま攻撃がうまくいって相手を倒せていることや偶然が重なることも多く、強いと感じることはないです。どんな状況でも発揮できる明確な特技があればいいが、条件が揃わないと力が発揮できないことがあるので、弱いと感じます。

・新世界編に突入した時点で、マッチョに生まれ変わり強力な技も身につけてきたが、根本的に弱音根性と悪魔の身の能力のない点において、他キャラに比べて劣っているという印象が強い。そもそもパチンコという武器自体にも強さを感じれない。

・武器を持たず、周りの仲間の援護を受けなければ即死亡の様なキャラクターだと思っている。毎回の戦闘シーンでもほとんどが逃げ腰で、今までに強いと印象づく様な場面を見たことがない。見た目からして雑魚キャラ認定します。

1位:モンキー・D・ルフィ

モンキー・D・ルフィ
1位はモンキー・D・ルフィ

モンキー・D・ルフィが実は弱い・本当は強くないと言われる理由(抜粋)

・主人公補正で強い感じになっているけれど「ゴムゴムの実」ってほかの実に比べても弱すぎる。覇王色とか悪魔の実の能力以外で補っている感じが弱いと思う。個性出したいのはわかるけれどももう少し強そうな能力はなかったのかなと思います。

・今時知能0という主人公は通用しないのでは…運と根性だけで勝ってる気がします。ギア4とかも設定がよくわからない、なんかとってつけたような感じ。