ちむどんどん脚本が朝ドラ史上最悪にひどいと不評な理由!沖縄編もレストラン編もあらすじがめちゃくちゃなのは何故!

ちむどんどん朝ドラ
ちむどんどんの脚本が最悪過ぎると不評なのは何故なのか。

原作羽原大介氏の脚本が、時代背景無茶苦茶、登場人物の設定が変とさんざん言われるのはどうしてなのか。

視聴者の意見・感想・評判をまとめてみました。

是非ご参考ください。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:いいことがあるとすぐトラブルが発生する

・主人公の兄がボクシングで成功してお金を送ってくれ、やっと、東京に行って夢をかなえようとしたら借金をしていたのにはショックを受けました。どうしようもない兄がトラブルを引き起こしているので、哀しくなります。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:主人公の設定に魅力がない

・主人公をはじめ、全員ではないが、共感があまり持てない設定の人がいるので、朝からいい気分で無いことが…。。応援したくなるような主人公設定だと毎日見るのが楽しみだと思う。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:方言が微妙

・母親役の仲間由紀恵さんは確か沖縄出身だったはずですが、方言がいまいちのように聴こえてしまう。他の家族の方言もまた同じような印象を受けてしまう。何を言っているのか分かりにくい。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:盛り上がりに欠ける

・全体的に話が前にすすまない。というか、すすまないと思っていると突然数年飛んでしまったりと現実味にかける。なのになかなか話が盛り上がらず、すこし飽きてきた感じがします。

・主人公に重点をおいているのか、家族に重点をおいているのかはっきりしないと感じる。借金で苦労している母親への孝行も家族みんなで協力してするとかないし、個人個人が独立していて、家族内の喜びや悲しみを一緒に共有していない感じがします。主人公はいつの間にか料理の腕が上がっていて、苦労して身に着けた技術や職場内の人間関係も薄いまま時間だけが過ぎていく感じがして寂しさを感じています。ぼやけた感じで、主人公に今一つ共感できない感じがします。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:先が読める展開ばかり

・物語当時の時代は番組を見ていてなんとなく想像でき、少し昔の雰囲気と方言が可愛く毎日のように見ておりました。毎回、
この先はきっとこうなるのだろうと想像はつきますが、それが特にマイナスな印象にはなりませんでした。

・いつも予想通りの展開です。例えば、映画「卒業」のダスティンホフマンのように本当に好きな人が花嫁を奪いに来るところや、レストランのオーナーとペペロンチーノ対決をして負けるけれどクビにはならないところなどです。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:登場人物が非現実的

・連ドラではどうしても人と人とのつながりを無理やりに設定しなくてはならないので個性など致しかねないとは思うのですが
サブキャラなどとてもいい事仰るのが非現実的だとこの物語では音楽の先生と露骨な詐欺師、お金持ちのボンボン(簡単に身を引くのも)ちょっと現実とは違うかも

・主人公の暢子が能天気すぎて感情移入しづらい。賢秀の扱いが酷くてイライラする。良子の結婚の件も何回やるんだって感じで、お金の件も解決したのかが分からず、現実性に欠ける。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:物語当時の時代を上手く描写できていない

・アメリカの占領下から返還される時代背景が全く描かれていない。当時の沖縄の人々の生活や心情が描かれていない。沖縄と東京の距離が近すぎる。電話はあったけど、貧しいのにあれほど頻繁に電話してたら生活費がなくなる。

・沖縄が本土復帰前の様子をもっと知りたいと視聴者は感じていると思うのですが、ドル紙幣が時折出てくる程度で米軍基地に対して沖縄の人はどのように感じていたのかといった描写が欠けていたのが残念だった。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:リアリティがない

竜星涼
・リアリティに欠ける理由は、時代だと思います。見ているうちに、現代だと錯覚してしまいそうになります。もう少し、時代を意識した演出で有れば良いのではと思う。着物、ヘアスタイル、くらいでは錯覚してしまいます。

・子どものころ一人東京の親戚の家に預けなければならなっかったほど貧乏生活していたのに、結局預けることもなく話は高校生になるまで飛んでいる。そして高校卒業して厳しいレストランに就職する割には髪の毛を束ねることもなく料理をするなどリアリティにかける。

・「いや、普通それはないでしょ!」と思わず突っ込んでしまうほど、毎話、有り得ないことばかり起こります。ここで言う、有り得ないことは、意味不明と言う意味で、歌子以外の比嘉家の人の人間性を疑います。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:ご都合主義な話の展開

スキンケア上手な芸能人ランキング仲間由紀恵
・悲しい苦しいで終わってしまいそうな話を、乗り越えさせてしまう設定は喜劇的な発想から来るのだと感じてしまいます。不幸になる人が現れないようにするためでしょうが、リアル感はなくなりますね。サクセスストーリーとして見る作品なんだと思います。

・朝ドラは、偶然の人のつながりが多いが、今回は従来にもまして、都合の良い人のつながりが多く感じる。特に、沖縄から主人公を追いかけてきた若者が都合よく、主人公の店に出入りするなど。

・ご都合主義です。お客として入ったレストランに就職するにあたり、たまたまお邪魔した家の人にすぐ紹介されるなんてあり得ないです。料理に感動して、入りたいとシンプルに頼む方が現実的です。またはっきりしていませんがオーナーが主人公の関係者のようなのでその点もご都合主義的です。他にも細かな点でおかしなところはいっぱいあります。

・貧乏で借金をしているわりに、長女は短大に行ってるし、長男も何度か本土と行き来している。それにいくら沖縄の田舎とはいえ、時代感覚とか、考え方が相当にズレているし、ドラマに都合がいい性格づけがされ過ぎている。

・智が割と簡単に東京に出てきて、暢子の職場に出入りする業者に就職しているところや、急に1年半が過ぎていて、レストランで暢子の料理の腕前も随分認められているようなところ。

ちむどんどん脚本が最悪と不評な理由:登場人物が何かズレてる

黒島結奈
・登場人物の設定が現実離れし過ぎている気がします。特に暢子とにいにの設定がどこか常識がなさすぎて現実味に欠け、またそれに対する家族の想いも少し不思議に映ります。どんな事をしても家族だから許されるというのは、現実離れしすぎており、感情移入できません。

・兄役のニーニーが面白いと言えば面白いが、もう少ししっかりした設定が良かった。父親が亡くなった時に家族を任されていたところ、暢子が東京に行くのを追いかけるシーンに感動したが、大人になってから全然頼りがなくなってしまって残念だから。

・なんだか登場人物の背景が適当なような気がする。沖縄ということもあり明るく作ろうとしているがもっと人間的な部分を描いてほしい。登場人物が明るすぎて見ていて疲れる。

・主人公の暢子が失礼な態度が多くてイライラしてしまいます。せっかく情けでやとってもらったのにオーナーに文句を言う暢子にはあきれてしまいました。さらに良子と石川の結婚騒動もイライラしましたし、にーにの自分勝手な行動にも驚くばかりです。

・主人公たち4きょうだいの子供時代は、仲が良さそうで見ていてほっこりしたのですが、大人になってからの兄・賢秀の行動が、口の上手い詐欺師のようでモヤモヤします。良子にしつこく迫る金吾、良子との交際関係をハッキリさせない博夫の態度もリアリティがなく感じました。

・時代背景の流れや人物像の動きの背景などにズレを感じて違和感を覚えます。リアルタイムで見ている間は楽しんで見ていますが、見終わって自分なりに振り返っていると腑に落ちない点が多くあり頭に「?」が多く浮かびます。

・沖縄の人たちはマイペースというのはよく聞くが、行動一つ一つが他の地域の人とかけ離れているように感じる。沖縄の人が見れば違和感なく見られるのかもしれないが、自分は沖縄出身ではないし、知り合いに沖縄の人がいないため行動理由がわからず感情移入ができない。

・沖縄が舞台だし、キャストも良いので期待していたのですが、全く共感できない何かずれた人物ばかりで面白くありません。何のつてもなく沖縄から上京したり、お金がないのに借金を重ねたり、行動もおかしなものばかりです。

・主人公の性格や行動を見ていると、ハラハラしたりイライラしたりしてしまって、朝から落ち着けないため。また、主人公の兄が自立できない、謝罪もまともにできない様子も苦手です。

・暢子の大袈裟な仕草や、「まさかや」「しんけん」の乱立に辟易する。物を何度も落とすのも普通はあり得ない。ニーニーの非常識さとそれを普通に受け容れる家族がおかしい。